4269145 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

Meet In Person New! Hiro Maryamさん

「更級(さらしな)… New! Photo USMさん

『昭和二十年夏、僕… New! Mドングリさん

シリーズ・わたしが… New! マックス爺さん

風をつかまえた少年★… New! 天地 はるなさん

カレンダー

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

洋画(07)

2007年12月24日
XML
カテゴリ:洋画(07)
「どうして私が選ばれたの?」

監督・製作総指揮 : キャサリン・ハードウィック
出演 : ケイシャ・キャッスル=ヒューズ 、 オスカー・アイザック 、 ショーレ・アグダシュール 、 キアラン・ハインズ 、 ヒアム・アッバス

オリーブ畑での受胎告知や、ナザレからベツレヘムに至る険しい旅、ヘロデ王の幼児殺し、馬小屋での出産、三賢人や羊飼いらが集まっての祝福。まるで教会の教科書のような映画ではあるが、楽しめた。イエスキリストの降誕は25日の深夜であった。と、いうわけで、25日の午前0時20分この記事をアップします。

この映画の良い点は、夫婦の絆がだんだんと深まっていくところ。神のお告げは夫のヨセフにもあった。ヨセフの献身。自分の腹は減っても妻とロバには食事を与える。男が見ても納得性のある正しい(正しすぎる)夫婦のあり方ではある。マリアはしだいと夫を信頼する。神はマリアのみを選んだのではない。ヨセフも選んだのだということが分かる。この視点は非常に新鮮だった。

もう一つ良い点は私の趣味ですが、西暦0年のエルサレムの民族描写を見ることができたこと。確かに当時中東は世界の先進地域ローマ帝国のもとにあったので、貨幣経済の発達、土木技術の発達は、日本列島北九州の漢委奴國王(西暦57年)の時代とは比べ物にならない。エルサレムの都のCGのなんと壮大なことよ。あれがまさしく都市国家である。吉野ヶ里が都市国家だという人がいるが、それは違う。中央集権国家の成立する5~6Cまで待たないと日本列島に都市は実現しないのである。(それは決して日本列島が世界と伍して質的に遅れていいたことは意味しない)けれども、一つ村での動物の皮のなめし、酒造りの共同作業など、あるいは旅をすることの危険性は、おそらく日本の古代にも共通していただろうと思う。

キリストの母となったマリアは呟く。
「支配者はその権力の座からふるい落とされるだろう。
貧しきものは尊くされるだろう。」

主の使命をそのように説明して映画は終わる。

神よ、まさに今がその「とき」です。

最後の映像は、冬によく見ることができる雲と光のシンフォニーだった。
またの名を「天使の梯子」あるいは「ヤコブの梯子」ともいう。(写真をほかから借りてきました)
IMG_2447-thumb.jpg






最終更新日  2007年12月25日 00時17分29秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年12月21日
カテゴリ:洋画(07)
ここんところ、あまりいい作品に恵まれなかったせいもあって、一時間四十分できっちりたった一人残ったニュウヨークの景色を存分に見せるこの映画には、退屈しなかった。

監督 : フランシス・ローレンス
出演 : ウィル・スミス 、 アリーシー・ブラガ 、 ダッシュ・ミホック

けれども、しかしである。三年間一人でいて、一番現実的な手段であるラジオ放送もきちんとしていて、誰とも連絡が取れなかったという設定には明らかに無理がある。犬が空気感染していなかったのも疑問。後の設定まあ、OK。家を総電化重装備に作り替えている所なんかは、あり得る話だと思ったし、そうか舗装された道路は何もしなかったら草が生えるんだと感心したり、映像は面白かった。

話はあまりにもありきたり。
題名からほぼ話の構造も見えるし。「私は伝説」。

「一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、死なば多くの実を結ぶべし」(『ヨハネ伝』第12章24節)
ってな言葉は出てこなかったけど、最後は信仰に戻ったのは、いかにもアメリカらしい映画。






最終更新日  2007年12月21日 23時49分50秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年11月25日
カテゴリ:洋画(07)
「やられたら、やり返すの!」

サスペンスタッチの怖い話だということは事前に聞いていた。それだけで済まさないところが、さすがにジュゼッペ・トルナトーレ。

北イタリアのトリエステにやって来た異国の女イレーナが、金細工の工房を営むアダケル家のメイドに雇われる。それは周到に策を講じて手に入れた念願の職場だった。完璧な仕事ぶりですぐに主人夫妻の信頼を得ると、最初こそ手を焼いていた彼らの4歳になる一人娘テアの心も確実に掴むのだった。しかし、テアを慈しむイレーナの本当の目的を知るものは誰もいない。さらに、忌まわしい過去の黒い影が忍び寄る。(goo映画より)
1006184_01.jpg
監督 : ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽 : エンニオ・モリコーネ
出演 : クセニア・ラパポルト 、 ミケーレ・プラチド 、 アンへラ・モリーナ 、 マルゲリータ・ブイ 、 クラウディア・ジェリーニ

モリコーネの心臓に錐を入れたり叩きつけるような音楽。過去のフラッシュバックと次第と明らかになるイレーナの目的。目が離せない展開は、説明不足の部分はあるにせよ、満足の出来。

これは女性にはきつい話だろう。と思う。私は「長い散歩」を思い出した。結局イレーナの行動はイレーナ自身にも理解できていなかったに違いないが、ひとつは自分の過去を罰していたのだろうと思う。子供に「やられたら、やりかえすの!」と言って生き抜く知恵を身に付けさそうというのは、その一つの表れだろう。緒方拳演じた元校長は賢明な男だったので、きちんと落とし所を持っていたが、ウクライナから流れてきた外国人労働者の彼女には十分な教養を身につける時間はなかった。だから物語は悲劇になっていく。けれども「長い散歩」では描かれなかった「ラスト」がここにはあり、さすがに少しやられた。うん、ああでなくちゃいけない。

映画の背景に西欧の外国人労働者の出稼ぎ事情がある。この映画がサスペンスだけに落ちなかったのは、そのことに対する批判的な目があるからに他ならない。







最終更新日  2007年11月25日 20時50分06秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年11月17日
カテゴリ:洋画(07)
「あのときどうして俺を殺さなかったんだ?」

昨日は仕事を休んで親知らずを抜いた。四本の親知らずのうち、二本を抜いたのは既に35年も前のこと。今回の親知らずとて、虫歯になったというわけではなくて、隣の歯に穴が開いて今回そこを治したとしてしても隣の親知らずがじゃまをして将来必ず虫歯になるといわれたため。

親知らずを抜くのに1時間以上かかった。麻酔はしているが、どのように抜いているのかはだいたい分る。(描写は省略)どうやら末広がりの歯だったので抜き難かったらしい。私は未だ手術と言うものは経験したことはないけれども、このときの感覚と、麻酔が切れたときの痛みは、そのときのことを少しは想像する材料になるだろうと思う。取り出した歯を見せてもらった。赤ん坊のように、血にまみれた、かわいく綺麗な歯。携帯写真を撮った。(もちろん公開するような無神経なことはしない)

痛み止めが効いている間の夜、「ボーン・アルティメイタム」を観た。

監督 : ポール・グリーングラス
原作 : ロバート・ラドラム
出演 : マット・デイモン 、 ジュリア・スタイルズ 、 ジョアン・アレン 、 デヴィッド・ストラザーン 、 パディ・コンシダイン 、 スコット・グレン

親知らず(記憶喪失)の元CIA工作員のボーン(マット・デイモン)が、親殺し(CIAの秘密ミッションを暴く)をするという話。

なんとも痛いシーンの連続、連続。DVDの小さな画面で見たらたぶん追いつけないのではないかな、と思うくらい荒っぽい映像の中に、キチンと超CIAともいえるボーンの天才的な知恵や技が映し込まれる。なかなかの娯楽作。痛みを完全に忘れた。

三部作とも図らずも映画館で観た。アメリカのCIA本部で決定したことが、末端の、しかし超人的な知恵と技を持つ工作員に伝達され、ボーンを殺ろうとするのが、三部作に共通したパターン。結局、人間を人殺しのマシーンに変えることの意味を問うシリーズであった。そのことにボーンは一定の決着をつけたのだから、この娯楽作はこれで打ち止めと言うことなのだろう。

三部作を通じて出演したニッキー(ジュリア・スタイルズ)が今回唯一のヒロインの座についた。本部からの情報の繋ぎ役だった。常にいわれたままに繋ぐ無表情とときおりみせる「戸惑う顔」が印象的だった。この作品において彼女は見事な変貌を遂げる。最後のシーンは彼女の顔のアップで終わる。忘れられない顔だった。
イーココロ!クリック募金
イーココロクリック募金






最終更新日  2007年11月17日 20時21分07秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年11月03日
カテゴリ:洋画(07)
監督、主演、編集 マイケル・ムーア
1004681_01.jpg
なんともうまい編集である。インタビューで相手がさりげなく「そういえば、医療費だけじゃなく(フランスでは)妊娠中の子守も保障されているわ」といえば、その直後にはその取材場面に切り替わる。そうやって次々と皆保険のない米国と手当ての厚いカナダや、欧州やキューバとの違いを浮き立たせる。ムーアにとって都合のいい事実だけを並べている。「だからこの映画は偏向している」と言う感想ならばその人は正しい。けれども、「だからこの映画は間違いだ」と言うのなら、それは大間違いだ。やはりこれは見事なドキュメンタリーである。偏向した(主張のある)事実をこれでもか、というほど見せる。ドキュメンタリーの王道だろう。しかもエンタメで楽しい。内容は深刻だけど、なぜか楽しい。おそらく、落語と同じである。演じている人間は絶対に笑わないが、内容はえらく皮肉が効いていて,くすくす笑が絶えない。

ラストタイトルで、(フランス人の言葉だけれどもと言う但し書きが一呼吸遅れてついてやはり笑うのだけれども)「アメリカ人は偉大だ。なぜなら自らの間違いを正すことが出来る」と付く。あるいは、ムーアは言う。「アメリカ人は今迄だってほかの国のいいところを取り入れてやってきた。ワインだってそうだろう?」その通りだ。近年、カリフォルニアワインの充実振りは目を見張るものがある。

日本には健康保険がある。けれども、この映画を見て気がつくのは、どんどんアメリカに近づいていっているという現実である。日本もほかの国のいいところをどんどん取り入れてここまでやってきたのだ。タダ、医療に関していえば、アメリカのいいところだけを取り入れてきたのだろう。ホント人事じゃあ、ない。「なぜアメリカ政府はフランスの悪口ばかりを言ってきたのか。フランスのこの現実を知らせたくなかったからだ。」それは日本にもいえている。フランスのこの福祉の充実振りを、あなたは知っていた?私はこれほどまでとは知らなかった。






最終更新日  2007年11月03日 07時49分33秒
コメント(12) | コメントを書く
2007年11月02日
カテゴリ:洋画(07)
「誰でも人を殺すことは出来る。けれども、心の空洞は埋められない。」
1006029_01.jpg
監督 : ニール・ジョーダン
製作 : ジョエル・シルバー
出演 : ジョディ・フォスター 、 テレンス・ハワード 、 ナビーン・アンドリュース 、 ニッキー・カット 、 メアリー・スティーン・バージェン

ある日、恋人を殺され自らも暴行を受け、自分の身を守ることから拳銃を手にしたことにより拳銃で法で裁かれない悪を撃ち殺していくことになった一人のか弱い女性。彼女はどうなっていくのか。

銃社会の中いつ正当防衛であれ人を殺す可能性を誰もが持っている社会、アメリカ人にとっては切実な問題なのだろう。また、悪人だったらその場で殺してもいいのか、「正義」だったら殺してもいいのか、と言う問いはイラク戦争を経たアメリカにとっては、やはり切実な問題でもある。

ひとつの答は、同じアパートに住むアフリカ系の女性が言う冒頭の言葉に集約される。彼女のふるさとでは、子供に銃を渡し、親を殺させる、という。(「ブラッド・ダイヤモンド」でもありました。)そうやって、人を殺すことに麻痺させる、と言う。人を殺すことは慣れることは出来る。けれどもいったん出来た心の空洞は決して埋まることはない。エリカ・ベインもそのことをひしひしとと感じる。けれども、殺しに完全にブレーキをかけることは出来なかった。「私は別人になった。もう戻れない。」

この映画はだから人殺しはいけない、と単純にはいってはいない。法による裁き以外に、正義による裁きはありえるのだ、とも言っている。正義を神と変えてもいいかもしれない。これはたぶん日本人には分りにくい感覚だろう、と思う。これを突き詰めると、結局イラク戦争も正当化される。つまり、最後の最後で世界を変えるのは、神=人間だ(「作為」)、と言う価値観でもあるだろう。一方、日本の場合は違う。最後の最後で世界を変えるのは、「自然」である。だから人の力の及ばざるところ、偶然によって、突然世界は変わるのである。作為と自然、この二つの概念は国によって強弱はあるけれども、どこの国でも時代でも存在する。個人から国の方針まで。どのように考えたらいいのか、悩ましい部分でもある。

映画では、ジョディ・フォスターがさすがに鬼気迫る演技をしている。全てが彼女のようにはならないだろうけれども。すこしづつ顔つきが変わっていく、すこしづつ悩みながら人が変わっていく様を見せる。映像とは恐ろしいものだと思う。






最終更新日  2007年11月02日 08時20分50秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年10月29日
カテゴリ:洋画(07)
ミュージカルは苦手な私です。「シカゴ」は全くダメで、「プロデューサーズ」もダメだったので、「最高傑作だ!」と興奮している方に感想を言うのが心苦しくなって「ドリームガールズ」は最初から見るのをやめました。けれども、観る前からダメだと思うのは私の主義に反するので、今回は見に行ったわけです。

あまり寝ていなくて、しっかりと食べた後に見たのに、全く眠たくならなかった。
0710ヘアスプレー.jpg
監督・振付・製作総指揮 : アダム・シャンクマン
出演 : ジョン・トラボルタ 、 ミシェル・ファイファー 、 クリストファー・ウォーケン 、 クイーン・ラティファ 、 ザック・エフロン 、 ニッキー・ブロンスキー

トレーシーが朝目覚めて自信たっぷりに学校へ行く。それだけのオープニングなのに、今までの主人公なら、もっと悩んでいるはずなのに、彼女には悩みはない。もちろん何も考えていないわけでもないし、感受性もある。街にあふれる失業者たちにも明るく挨拶をするし、踊りすぎてバスを乗り過ごしても全然へこたれない。

トレーシーの魅力がこの映画の魅力を支えている。ちびデブでもへこたれないように、その後の黒人差別問題も彼女にとっては、悩みもなく「差別撤廃」で突き進む。全ての評価基準はダンスがうまいかどうかだけ。50年代から変わった社会を見ようとしないジョン・トラボルタの母親を街に引っ張っていく歌や、「僕たちはここまでやってきた。」と高らかに歌うラスト。覚えたい歌が幾つかあった。こんなことは珍しい。






最終更新日  2007年10月29日 23時29分20秒
コメント(13) | コメントを書く
2007年10月21日
カテゴリ:洋画(07)
1961年、キューバのカストロ政権転覆を目論んだピッグス湾侵攻作戦がCIA内部の情報漏れで失敗し、指揮をとったベテラン諜報員エドワード・ウィルソンは窮地に立たされる。第二次世界大戦前夜、イェール大学在学中に秘密結社スカル&ボーンズに勧誘されされたのを機に、この道に足を踏み入れて以来、戦中、戦後と優秀な諜報員として暗躍してきたが、その陰で妻と息子は孤独な生活を強いられていた…。(goo映画より)

監督・出演 : ロバート・デ・ニーロ
製作総指揮 : フランシス・フォード・コッポラ
脚本 : エリック・ロス
出演 : マット・デイモン 、 アンジェリーナ・ジョリー 、 アレック・ボールドウィン 、 ウイリアム・ハート

体調が万全でなくて、最初だけならまだしも、半分以上、時々意識が飛んでしまった。この映画にかぎっていえば、それは致命的です。だからほとんど批評できない。息子はお父さんに反発するか、色濃く影響してしまうか、どっちかなんでしょうね。この映画の場合は、お父さんのようになりたいと思った息子の挫折があとになって生きてい来る。まあ、製作者と監督がこうだからいうのではないですが、やっぱり「ゴッド・ファーザー」的映画だったのかも。






最終更新日  2007年10月22日 00時09分37秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年10月19日
カテゴリ:洋画(07)
監督 : クリス・ヌーナン
製作総指揮 : レニー・ゼルウィガー
出演 : レニー・ゼルウィガー 、 ユアン・マクレガー 、 エミリー・ワトソン 、 ビル・パターソン 、 バーバラ・フリ

ゼルウィガー が製作総指揮までしていたとは、知りませんでした。思い入れたっぷり演技でしたね。

一度イギリスに行ったことがあります。同室の男性は北海道に住んでいる人で、同じような風景だといっていました。けれども違うのは荒れた土地がほとんどないということ。マンチェスターの街中を歩いていると、家が売りに出されている。なんと円で200万円。建ててから100年以上たった家なんてざららしい。そうやって直しなおししながら、イギリスの人たちは生活費を安く押さえているのだな、と思う。けっして、「国民総生産世界第二位」と言うことが、その国民の裕福度の指標にはならないのだ、実感した瞬間でした。

土地開発に抗して、自然を守ろうとする態度、それを支えるポターの読者たち、イギリス人たちの誇っている顔が見えるような映画でした。







最終更新日  2007年10月19日 23時42分06秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:洋画(07)
監督 : ジェームズ・フォーリー
出演 : ハル・ベリー 、 ブルース・ウィリス 、 ジョヴァンニ・リビシ 、 ゲーリー・ドゥーダン

知り合いの映画ファンが、「たいへんおもしろかった」といわれるので、一応チェックしました。いわれるとおり、どんでん返しが身上のサスペンスであり、それを楽しむ映画です。それともうひとつ、ハル・ベリーの美しさ。

しばらく彼女は、目が光る超能力者をしていたので、普通の人間の役をしたらとても新鮮。まあなんとセクシー、美しい。ずっと身体にフィットする服を着ているので、それだけでも楽しめます。

犯人当ては外れました。だって根拠が見つからなかったので。最後は無理やり‥‥‥と言うかんじは否めない。「ボルベール<帰郷>」はスペインだったからあのような物語になった。それがアメリカに舞台を移すと、このような物語になるのかもしれません。(もちろんこれは犯人を当てるためのヒントです。ダメ?)






最終更新日  2007年10月19日 23時53分22秒
コメント(0) | コメントを書く

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:映画評「日本のいちばん長い日」(08/15) 令和皇太子さんへ コメントの内容ではなく…
令和皇太子@ Re:映画評「日本のいちばん長い日」(08/15) 肝っ玉が小さいお方のようですね。 左翼小…
令和皇太子@ Re:映画評「日本のいちばん長い日」(08/15) 肝っ玉が小さいお方のようですね。 左翼小…
KUMA0504@ Re[5]:奨学金の話(07/17) はんらさんへ コメントありがとうございま…
KUMA0504@ Re[3]:宗教オウムとは何か「悔悟 広瀬健一の手記」(07/20) ももたろうサブライさんへ 正確に言えば「…
はんら@ Re:奨学金の話(07/17) ブログにコメントをありがとうございまし…
KUMA0504@ Re[1]:宗教オウムとは何か「悔悟 広瀬健一の手記」(07/20) 七詩さんへ ともかくビックリしたのは、広…
七詩@ Re:宗教オウムとは何か「悔悟 広瀬健一の手記」(07/20) 広瀬健一の「悔悟」は何か月か前に読みま…
KUMA0504@ Re:映画評「1987、ある闘いの真実」(07/19) 内容と全く関係ないコメントが入っていた…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.