2008年05月11日

長澤まさみの映画「隠し砦の三悪人」

(4)
カテゴリ:邦画(08)
たけ蔵、民は君主を必要としているのか?

監督 : 樋口真嗣
脚色 : 中嶋かずき
出演 : 松本潤 、 長澤まさみ 、 宮川大輔 、 阿部寛 、 椎名桔平 、 甲本雅裕 、 生瀬勝久 、 古田新太 、 上川隆也 、 高嶋政宏 、 國村隼

今日はいままでの鬱憤を晴らすかのような怒涛の映評四作品同時アップです。

長澤まさみは、東宝子飼いのアイドルスタートして、純粋培養されてきた。さすがに磨かれたスターだけあって”華”がある。特に今回のような男装のお姫様、とかの少し変り種の役柄では彼女の「冒険心」が出て、いい結果が出るようだ。(例えば「世界の中心で愛を叫ぶ」)「椿三十郎」と言う黒澤リメイクでは、全く同じ脚本と言うことにチャレンジして見事に失敗したけれども、今回のリメイクは中心にうまいこと長澤まさみが座り、冒険活劇をその周りに配置して、黒沢の男っぽい映画とはまた違った娯楽映画が出来たように思う。

長澤まさみはがんばっていると思う。本来は恋をしたい年頃なのに、国の再興が使命のお姫様という立場を必死に演じていた。最初の第一声が素晴らしかった。あれでお姫様だなと言うことを見事にわからせた。

どのような政治をしても結局民を苦しめるだけでないのか‥‥‥。
民を信頼しないで、どうして政治が出来ようか。


等々と悩み、決断するところ。こういうテーマをさらりと出すところも娯楽映画として必要な要素だろう。実は演技的には後もう一皮向けて欲しかったところなのだが、まあ一応、ここまでやったんだからいいということにしよう。

松本潤はどうでもよかった。阿部寛 、 椎名桔平はさすがの貫禄である。宮川大輔が自分の役割をわきまえてきっちりと仕事をしていた。リメイクでも、ここまで大幅に変えてくれると、もう前作と比較しようと言う気にはならない。単純に楽しめてよかったと思う。





TWITTER

最終更新日  2008年05月11日 20時05分00秒
コメント(4) | コメントを書く