2011年10月20日

「ソー・ザップ!」

「ソー・ザップ!」稲見一良 角川文庫
93年に初版。2008年に再版。それだけ出て埋もれてしまっている癌で亡くなった稲見さんの第二作である。初期の作品は正統ハードボイルドだったと聞いていたが、まさしくビターな味付けだった。

命を賭けた戦いをしないか。

荒くれ者の集まるパブでそう切り出された四人の男たちが、
「死ぬ気なんだな。撃ち殺されても文句ないんだな。人を撃てる、こんな機会を誰が断るか。」と即決で受ける。

稲見さんの得意な狩猟の智識、サバイバル、ガン、そして「男の理屈」が満杯の作品である。もっとウェットなラストかと思っていたが、最後まで命のやり取りは本物だった。

「遊びはな、真剣にやるもんだ」
たぶん、女には絶対にわからない一作。私も、基本わからないけど、狩猟を趣味として、西部劇ばっかりを見て、ガンの専門誌などを十年読んでいたならば、おそらく「即決」しただろうと思う。

稲見さんの本で読み損なっているのは、後二冊になった。





TWITTER

最終更新日  2011年10月21日 03時59分33秒
コメント(0) | コメントを書く
[読書(09~フィクション)] カテゴリの最新記事