ベトナム見聞録

ベトナム見聞録

フリーページ

2005年08月04日
XML
カテゴリ:ベトナム生活雑記
まずぼくの知り合いの失敗談から

ベトナムで事務所をかまえ働いていたIさん(日本人男性)は、信頼できるベトナム人女性と出会い、いろいろとお世話になっていた。男と女といっても、70才のおじいさんと日本語を学ぶ大学生の娘なので色恋沙汰ではない。

Iさんは日頃お世話になっているお礼をしたくて、その娘さんを日本食レストランに招待したり、有名ホテルのラウンジで甘いものをごちそうしたりしていた。

日本語を勉強している学生に日本食を食べさせてあげたい、高級な店で(Iさんにとっては格別高い料金ではないけど)おししいものをごちそうしたい、そういった善意からの招待だった。

でもその善意は相手をよろこばすどころか、かえって相手に重荷を与えただけにすぎないことにやがてIさんは気付く。その大学生がベトナム人にはめずらしくIさんに本音を語ったからだ。

前にも日記でちらと書いたが、ベトナムに割り勘はほとんど存在しない。Iさんが招待しておごったことには何も問題はないのだが、問題はその代金が通常のベトナム人の感覚では高すぎたことだった。ベトナムではおごってもおごられても礼を言ったり恩着せがましいことも言わないが、常々そのお返しをする機会を考えている。返せもしないような高額な食事をごちそうになったりすると、善良な人ならよろこびよりも困惑のほうが大きくなる。このお礼をどのようにして返せばいいのかと。

ベトナムにも金持ちはたくさんいる。そういった人との付き合いなら別に気にすることはないだろうが、一般的な暮らしをしている普通の人々と付き合うなら、彼らがいつか次の機会に無理なくお返しができる程度の店を選ぶべきだ。そしてそのほうが絶対によろこばれる。高級な店では押し黙っているかもしれないが、庶民の店では「なんじゃこのチェーは。あたしゃもっとおいしい店を知ってるぞい。今度つれていっちゃる」とか、「日本人のくせにええ店しっとるやんけ。いけるやんかこのフォーは」などと会話もはずむでしょう。

とある金持ちの外国人に自分の給料1ヶ月分ぐらいの食事をおごってもらって、たのしい時間をすごせるか?ぼくは過ごせない。プライドが傷つけられるだけだ。

Iさんはぼくもよく食事に連れて行ってくれた。もちろん他のベトナム人もいっしょに。けどもう高級店には行かない。どこにでもあって安い、けどおいしい店に連れて行ってくれた。ぼくはそんなIさんが好きでい。






最終更新日  2005年08月04日 22時47分54秒
コメント(1) | コメントを書く
[ベトナム生活雑記] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

くまねご

くまねご

カテゴリ

お気に入りブログ

ベトナムニュース VietnamNewsさん
Cafe Vietnam bich_vietnamさん

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

© Rakuten Group, Inc.