1167406 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ジージの南からの便り

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


クマタツ1847

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

地域猫シロタマちゃ… New! flamenco22さん

大変、転覆病!メダ… New! ローズコーンさん

アイヌの話(8) New! マックス爺さん

とりあえず大丈夫そ… New! ばーど白鳥さん

昨年の 地植えのガ… New! 蕗さん8256さん

Comments

蕗さん8256@ Re:長崎から架かったきた一本の電話(03/07) New! F子ちゃんは 今 長崎に居られるのですね…
kopanda06@ Re:長崎から架かったきた一本の電話(03/07) New! こんばんは。 かつての行いが今につなが…
木昌1777@ Re:長崎から架かったきた一本の電話(03/07) New! こんばんは。素敵なことですね。何十年も…
wakko-chan@ Re:長崎から架かったきた一本の電話(03/07) New! いいお話を聞かせていただきました。 歳…
クマタツ1847@ Re[1]:長崎から架かったきた一本の電話(03/07) New! エンスト新さんへ  ありがとうございます…

Freepage List

Headline News

Category

2011.12.06
XML
カテゴリ:我が家の行事
 あと3日すると21世紀を迎えることの出来た1999年12月29日早朝母が亡くなって今年で12年になり、年末の慌しさの前にということで、4日母の13回忌の法要をすることが出来た。
12年前のあの日、当時59歳でまだ現役だった私は28日夜も妻と病院に行き、いつもの通り母に食事をとらせ、「これでお正月は無事迎えることが出来るだろう」と思い翌日からの正月休みを楽しみに家に帰った。

 ところが29日の朝、枕もとの電話が鳴り響き一瞬何が起こったのかと思ったが、すぐ「母に異変が・・・」と思い電話をとった。予感の通り母の異変を知らせる電話だった。
当時奄美大島に転勤でいた娘一家も正月を我が家で過ごすべく帰ってきていたが、それも起こさず妻と二人慌しく病院に車を走らせた。病室に駆け込むとそこには悲しい現実が待っていた。私たちの到着も待たず母は一人で旅立っていたのだ。

 あれから12年、今回は12月3日には姪の結婚式もあり、遠く関東・関西から一族が6人帰ってくるので、遠方組に迷惑のかからないようにと思い、お寺さんに「結婚式の翌日に法事をしてもかまいませんか」とお聞きし「我が宗派ではそういうことには一切こだわりません」ということで結婚式と法事を連日で行うことになった。

 遠方組を迎えて2日夜は花嫁になる姪の私の妹一家の招待による夕食会が城山観光ホテルの中華料理店 翡翠庁であり、私たち夫婦もこれにも招待された。
3日、12時写真撮影、1時チャペルでの挙式、2時30分から披露宴と目出度い楽しい宴はあっというまに過ぎていった。

 4日、天気晴朗。もう13回忌ということもあり、今回は19人の近い身内だけにした。西本願寺別院で法要。そのあと同じお寺内にある叔父と従兄弟の納骨堂に全員で参る。
そこから3台の車に分乗し、昼食のため“いちにいさん”へ移動。遠方組が帰省したらここにはよく案内しているのだが、この日のメニューは初めてだったこともあり、好評で主催者の私と妻はホッとする。19人といっても93歳の叔母から下は小学4年生の我が家の孫まで4代にわたっているので、若い連中も満足するように追加料理なども頼んで皆喜んでくれた。
食事が終わって、再び車に分乗し、我が家の墓地のある“武岡墓地”に参る。こんな大勢が一緒にお参りするのは母の初盆以来のことである。母をはじめご先祖さまが、この賑やかさは何だろうとびっくりしたことだろう。いいお参りが出来て皆嬉しそうでなによりだった。

 三度、車に分乗し、桜島フェリー乗り場に向かう。大人組13人が今晩の宿舎、レインボー桜島に行くためだ。私の車だけが桜島に行くことになるので、荷物を全部積み込む。
桟橋で息子や婿殿の車と分かれていざ桜島へ。
ホテルの前から予定していた“サクラジマ アイランドビュー”に乗る。時に15時32分。
これは、鹿児島市交通局が走らせているバスで、今年の10月1日から運行している。
「桜島港~湯之平展望所循環バス」となっており、1日乗車券(500円)を買えば、途中のバス停で自由に乗り降りできて大変便利な代物だ。バスが小型なので、我々13人とあと4,5人で座席は満杯となる。ともあれバスは途中名所に停まりまがら、湯之平展望所へ。
私はここは初めてだったが、いつも行く有村溶岩展望所とは違い、目の前に切り立った山容は迫力満点である。土石流の恐れがあるためか、そのための流れる川も目にすることが出来る。
一日乗車券は買っていたものの、時間もないので1周60分でホテルに入る。

 温泉のあと、夕食会となったが、母の法事ということで、先日書いていたエッセイ「大叔父の涙」を挨拶代わりに読んだ。するとあちらこちらからすすり泣きの声が聞こえ読んでいた私も途中つまってしまった。あとでメールやコピーで送ってくれと言われ、その約束をした。
カラオケなどでも盛り上がり、10時まで大騒ぎだった。賑やかなことが好きだった母も喜んでくれて許してくれるだろう。

 5日、朝6時からの朝風呂に入るべく6時10分に浴場に向かう。今日もいい天気だ。
8時からレストランでバイキングの朝食を済ませ、再びフェリーで錦江湾を渡り、鹿児島市街地へ。私の車と、タクシー2台に分乗し、空港行きリムジンバスの通る市役所前まで遠方組を送る。昨年の兄弟11人の京都・奈良旅行以来の再会だったが、今度はまた何時会えるのか。3泊4日の楽しい日々はあっと言う間に終わってしまった。
遠方組はまた17回忌に来ると口々にいいながら喜んで帰って行った。

 写真はレインボー桜島前に建てられている“大正噴火 九十周年記念碑”である。
ちなみに再来年は百周年にあたる。


 






Last updated  2011.12.06 14:41:31
コメント(10) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:母の十三回忌(12/06)   つき指 さん
 想い出にはいろいろ心の襞が絡みついてくるんですね。名文、ありがとうございます。 (2011.12.06 14:58:46)

Re:母の十三回忌(12/06)   flamenco22 さん
こんばんは~
ご無沙汰しております。
お母様の13回忌だったのですね。
色んな思い出が尽きないでしょうね・・・

そして、12月3日の姪御さんの結婚式は、城山で、挙式だったそうで。素敵な式になった事でしょう。
3泊4日の日々、盛りだくさんでしたね! (2011.12.06 18:59:25)

Re:母の十三回忌(12/06)   ガーべラ9475 さん
姪ごさんのご結婚式おめでとうございました。
又、お母様の13回忌法要と、続いて行われ良い供養になったと思います。

特にクマタツさんがエッセイを読まれ、皆様の想いも伝わってきました。
お母さまも喜んでいらっしゃいますね!
(2011.12.07 08:54:24)

こんばんわ!   春の陽だまり さん
姪御さんのご結婚おめでとうございます!
お母様もきっと見ていて喜んでいらっしゃる事と思います^^
私も母の臨終には間に合いませんでした・・・
亡くなる日のお昼に病院に行って、3時頃「じゃあ又ね!」と言って帰宅して、その日の夕方急変して亡くなってしまいました。
来年の5月が3回忌です。
桜島、一度行ってみたいです。
九州新幹線も開通したことですし、暇を見つけて遊びに行ってみようと思っています♪ (2011.12.07 23:57:47)

Re[1]:母の十三回忌(12/06)   クマタツ1847 さん
つき指さん
> 想い出にはいろいろ心の襞が絡みついてくるんですね。名文、ありがとうございます。
☆名文なんて飛んでもありません。
とりあえずは大きな2つの行事が終わってホッとしています。
(2011.12.08 10:48:07)

Re[1]:母の十三回忌(12/06)   クマタツ1847 さん
flamenco22さん
>こんばんは~
>ご無沙汰しております。
>お母様の13回忌だったのですね。
>色んな思い出が尽きないでしょうね・・・
☆兄弟夫婦6組なので、思いでも様々だと思います。
>そして、12月3日の姪御さんの結婚式は、城山で、挙式だったそうで。素敵な式になった事でしょう。
>3泊4日の日々、盛りだくさんでしたね!
☆ありがとうございます。
わたしにとっても久しぶりの結婚式出席でした。若い人の門出はいいですね。 (2011.12.08 10:51:27)

Re[1]:母の十三回忌(12/06)   クマタツ1847 さん
ガーべラ9475さん
>姪ごさんのご結婚式おめでとうございました。
>又、お母様の13回忌法要と、続いて行われ良い供養になったと思います。

>特にクマタツさんがエッセイを読まれ、皆様の想いも伝わってきました。
>お母さまも喜んでいらっしゃいますね!
☆皆それぞれの想いで聞いてくれたようです。涙涙でした。 (2011.12.08 10:52:54)

Re:こんばんわ!(12/06)   クマタツ1847 さん
春の陽だまりさん
>姪御さんのご結婚おめでとうございます!
>お母様もきっと見ていて喜んでいらっしゃる事と思います^^
>私も母の臨終には間に合いませんでした・・・
>亡くなる日のお昼に病院に行って、3時頃「じゃあ又ね!」と言って帰宅して、その日の夕方急変して亡くなってしまいました。
>来年の5月が3回忌です。
>桜島、一度行ってみたいです。
>九州新幹線も開通したことですし、暇を見つけて遊びに行ってみようと思っています♪
☆桜島を初め鹿児島はいいところですよ。
食べ物もおいしいものがいっぱいありますよ(笑) (2011.12.08 10:54:46)

思いで深いさんお母様の13回忌の法要となりましたね   やまもも2968 さん
クマタツさん、こんばんは、やまももです。

クマタツさんのお母様の13回忌の法要を西本願寺別院で今月の4日に営まれたのですね。前日には姪御さんの結婚式もあり、お寺さんは「我が宗派ではそういうことには

一切こだわりません」ということで結婚式と法事を連日で行うことにされたとのことですが、目出度いことですから、お母様もきっと喜んでおられたことだと思います。また

、お墓には93歳の叔母様からから下は小学4年生のクマタツさんのお孫さんまで4代にわたる19人が賑やかにお参りされとのこと、お母様だけでなくお墓で眠っておられ

るご先祖さまたちも子孫繁栄の様子をご覧になって大喜びされたことと思います。

また、法事終了後に桜島に渡られてホテルで会食されたとき、クマタツさんがエッセイ「大叔父の涙」を挨拶代わりに読まれ、「あちらこちらからすすり泣きの声が聞こえ

読んでいた私も途中つまってしまった」とのことですが、参加された皆様の心にとても素晴らしい記念となったことでしょうね。 (2011.12.12 21:09:17)

心温まるお言葉いただき感謝です   クマタツ1847 さん
 やまももさん  クマタツです

 こんばんは。 今年我が家の最大の行事が終わり今ホッとしています。私が県外にいた20年間、母は一番上の姉の家族と一緒に暮らしていましたが、そこの娘(私の姪)も今回の結婚式と法事に東京から帰ってきました。おばあちゃん子だったその姪が私のエッセイを涙ながらに聞いて、コピーを頼まれまれましたので「花瀬望比公園」など数編をメールで送ってやりました。
すると現在、転勤で韓国で勤務中の兄(私の甥)にまでメールで送ったようで、私自身母のいい供養になったのかなと思っています。 (2011.12.12 21:27:06)


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.