1166208 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ジージの南からの便り

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


クマタツ1847

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

整体の予約を取りま… New! mamatamさん

アイヌの話(6) New! マックス爺さん

二番手の 杏子の花… New! 蕗さん8256さん

虫の知らせというや… New! ばーど白鳥さん

★**京都北野天満宮… New! まほろば407さん

Comments

蕗さん8256@ Re:鹿児島城(鶴丸城)の「唐御門」礎石が出土(03/05) New! 歴史を刻む 遺跡が 少しづつでも 見つ…
まほろば407@ Re:鹿児島城(鶴丸城)の「唐御門」礎石が出土(03/05) New! 今晩は 長らくご無沙汰致しまして申し訳…
木昌1777@ Re:鹿児島城(鶴丸城)の「唐御門」礎石が出土(03/05) New! こんばんは。歴史的なことは分かりません…
kopanda06@ Re:鹿児島城(鶴丸城)の「唐御門」礎石が出土(03/05) New! こんばんは。 火災の炭が残る。 石垣に…
人間辛抱@ Re:おじさん合唱団、月2回の練習だけど楽しくなってきた(02/15) New! ヤマハは最近、 「おかえり、おんがく」プ…

Freepage List

Headline News

Category

2012.03.26
XML
カテゴリ:我が家の雑草園
 
 IMG_4202.JPG

寒がりの私の気持ちを裏切るようにこの2,3日寒が戻ってきた。
それでも、季節は確実に春に近づいていて、朝6時頃目覚めたら、ひところと違ってだいぶ明るくなってきていた。
それもそのはず、春のお彼岸の中日も過ぎて、夏至の6月21日までは後3ヶ月をきった今日この頃である。

 久しく手入れもしていない狭い我が家の雑草園を見ると、そこには、春が訪れていた。
上の写真はユリ科ムスカリ属の「ムスカリ」である。これは球根なので放ったらかしでも、このように春を告げてくれる嬉しい花だ。
花言葉は「寛大な愛」「明るい未来」「通じあう心」と「失望」「失意」という相反する言葉だそうだ。(ウィキペディアによる)まるで私の日ごろの心境を写しているようだ。
 
 次の花はユリ科スズラン属のスズランである。ただ北海道を代表する自生のスズランとは違い園芸用のドイツスズランのようだ。これは数年前、北九州からもらってきたが、これも毎年春を教えてくれる貴重な花である。
花言葉は「君影草」「谷間の姫百合」となんともロマンチックである。「意識しない美しさ」「純粋」ともいうそうだ。(ウィキペディアによる)寿命の長い「万両」も一緒に写って文字通り花を添えてくれた。

IMG_4204.JPG

 最後はここに自宅を建てた30年前に、甲突川沿いの春の木市で買った「玄海つつじ」である。気持ちとしては“いわつつじ”を植えたつもりであるが、その両方の違いは未だに分からない。

IMG_4205.JPG

 このように忘れかけていた“花”が咲くのだけが楽しみな現状だが、次々に咲いたらいいなと思う今日この頃である。








Last updated  2012.03.27 10:10:05
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.