000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ジージの南からの便り

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


クマタツ1847

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

文楽情報です (^^)/ … New! wakko-chanさん

渋谷宮下公園も変わ… New! 木昌1777さん

消毒液 New! エンスト新さん

おやじギャグ・・^^ New! shikohaさん

情報と印象操作 そ… New! マックス爺さん

Comments

flamenco22@ Re:島津家別邸 仙巌園の「菊まつり」に行った(11/22) New! 許可頂けてとても嬉しいです。 この日はお…
クマタツ1847@ Re[1]:島津家別邸 仙巌園の「菊まつり」に行った(11/22) New! flamenco22さんへ  「菊まつり」楽しんで…
flamenco22@ Re:島津家別邸 仙巌園の「菊まつり」に行った(11/22) New! 度々すみません〜m(_ _)m クマタツさんの…
flamenco22@ Re:島津家別邸 仙巌園の「菊まつり」に行った(11/22) New! 仙巌園の菊まつり、見事ですね^^ 今年は…
wakko@ Re:島津家別邸 仙巌園の「菊まつり」に行った(11/22) New! 菊の盆栽素晴らしいですね〜 ハート型が歴…

Freepage List

Headline News

Category

2020.10.30
XML
カテゴリ:旅行・ドライブ

 
 高校同期歴史愛好家4人組の私たちは、天昌寺跡墓地見学を済ませて再びボランティアガイドOSさんの車に乗せていただき「商家資料館・旧阪本家」に向かった。

 「宮崎市佐土原資料館」のパンフレットによると、阪本家は江戸時代から続いた味噌・醤油醸造販売を営む旧商家だったという。
この建物は明治38年(1905)に建築され、平成12年(2000年)5月旧佐土原町の有形文化財に、同20年12月1日には宮崎市景観重要建造物に指定された。

 佐土原の町の旧商家の建物は、切妻屋根造りに妻から入る基本の型と、この型の2・3軒分の土地に切妻屋根造りまたは入母屋根造りに平から入る型に分かれる。
旧阪本家の建物は後者の「重層入母屋根造りの平入り」の型である。
この周辺は江戸時代、佐土原藩の町人町として位置づけられ、城が広瀬に移った後の明治期以降も旧城下町として栄えた。しかし、近年古くからの建物が少なくなっていく中で、阪本典章氏から建物寄贈を受け、旧佐土原町によって保存のための改修工事が施され、商家資料館として活用されている。



 外観も見所の一つ。
なまこ壁や紅柄格子、防火用水など現在では見ることが少なくなった建築様式を見ることができる。



 屋根には屋号や家紋をあしらった瓦やゲン担ぎのための鍾馗瓦などがある。



 旧阪本家をあとに宮崎駅行きのバスに乗車のため再び佐土原城跡まで戻る。
ここでガイドしていただいたOSと別れて「城の駅・佐土原いろは館」でしばらく休憩。
入口には島津豊久公の大型パネルが展示されていた。

 今年は豊久公生誕450年ということで11月20日から11月29日の間、「生誕450年記念島津豊久展」が開催されるという。人気漫画「ドリフターズ」企画展・日向の陣だという。



 バス停の前に佐土原城跡の景色がひらける。







Last updated  2020.10.30 13:40:51
コメント(5) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.