1167394 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ジージの南からの便り

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


クマタツ1847

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

大変、転覆病!メダ… New! ローズコーンさん

アイヌの話(8) New! マックス爺さん

とりあえず大丈夫そ… New! ばーど白鳥さん

昨年の 地植えのガ… New! 蕗さん8256さん

城南宮の椿としだれ… New! wakko-chanさん

Comments

蕗さん8256@ Re:長崎から架かったきた一本の電話(03/07) New! F子ちゃんは 今 長崎に居られるのですね…
kopanda06@ Re:長崎から架かったきた一本の電話(03/07) New! こんばんは。 かつての行いが今につなが…
木昌1777@ Re:長崎から架かったきた一本の電話(03/07) New! こんばんは。素敵なことですね。何十年も…
wakko-chan@ Re:長崎から架かったきた一本の電話(03/07) New! いいお話を聞かせていただきました。 歳…
クマタツ1847@ Re[1]:長崎から架かったきた一本の電話(03/07) New! エンスト新さんへ  ありがとうございます…

Freepage List

Headline News

Category

2021.01.03
XML
カテゴリ:我が家の行事

 
 次男が2日、鹿児島県の大隅半島の最南端・佐多岬に指宿からの釣り船に乗って初釣りに出かけた。
釣果が上の写真の通りである。
一番大きいのが内径長さ70cmのクーラーと同じ長さの「カンパチ」。
赤い魚が「ウッカリカサゴ」。正にウッカリしたのかカサゴには珍しく大きく育ったものだ。
遠慮がちに首を曲げているのが「鯖」。

 年末26日にも同じような釣果があったので、今年の正月は雑煮用、刺身用ともブリを買うこともなくて大助かりだった。

 ただ、これらを裁く妻は包丁を何本も使って大変である。
しかし、捨てる部分のないこれらの魚をうまく裁いてくれていつも食卓が賑わう。

 元旦は例年、娘家族、長男家族、我が家3人の11人が照国神社(島津斉彬公を祀る)に集合して初詣をした後、我が家で新年の集まりをしていたが、今年は初詣はそれぞれの家族が都合のいい時にやることにして、4時ごろ我が家に集まった。



 孫たち4人、21歳を頭に4人集まると、4人とも私より背も高くなっていて、話題も違い、もう年寄りの時代ではないとつくづく実感した元旦であった。
一番上の孫は3月末には就職のため上京するし、長男のところの孫も大学受験である。
彼らにエールを送るのが精いっぱいである。

 今年も自家製の「おせち料理」が並んだにぎやかな正月の夜は更けていった。







Last updated  2021.01.03 09:19:36
コメント(16) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.