1193681 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ジージの南からの便り

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


クマタツ1847

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

藤の花が まだ 3分… New! 蕗さん8256さん

ヘアカットしてきま… New! mamatamさん

藤日記 。。。 New! 悠々愛々さん

何処の町も人出が多… New! 木昌1777さん

「にゃんらぶ」さんへ New! 人間辛抱さん

Comments

木昌1777@ Re:我らの ほていさん 鹿児島陶芸展に入選(04/12) New! こんばんは。ほていさんというかたは、コ…
蕗さん8256@ Re:我らの ほていさん 鹿児島陶芸展に入選(04/12) New! 同じ 合唱仲間が 陶芸展入賞でしたか。…
kopanda06@ Re:我らの ほていさん 鹿児島陶芸展に入選(04/12) New! こんばんは。 いつもありがとうございま…
エンスト新@ Re:我らの ほていさん 鹿児島陶芸展に入選(04/12) New! こんばんは 部屋の照明と壁の色がもう少し…
mamatam@ Re:我らの ほていさん 鹿児島陶芸展に入選(04/12) New! 保定さんでほていさん、素敵な愛称ですね…

Freepage List

Headline News

Category

2021.03.03
XML
カテゴリ:鹿児島の歴史

     旧寿国寺跡 島津家墓所(改葬前)(島津久敬氏提供)ということで「武郷土誌」より
 
 鹿児島市武町にある西郷屋敷跡周辺の変貌はこれまでも取り上げてきた。
今回改めて「鹿児島城下絵図散歩」や武小学校PTA郷土誌刊行委員会発行(昭和49年2月20日発行)の「武郷土誌」を見る機会があり、昔の思い出が蘇ってきた。

 一番下の地図等は区画整理のあった昭和48年以前のものであるが、私はこの武町に昭和23年から28年まで住んでいたので、この地図等の通りの環境であった。

 上の写真は、下の「鹿児島城下絵図散歩」地図では「寿国寺」区画図では「島津どんの墓」と書いている通称「島津どんの墓」である。私たちの遊び場でもあったが、ここには島津家のご家族の4基の墓碑があった。この墓碑は区画整理等により、玉龍中高校の上にある島津家の墓地・福昌寺跡墓地に移されている。それを追った詳細記事は2013年6月25日付けの当ブログに書いている。

  下の写真も同じく「武郷土誌」より
 島津家墓所の一段下にあった「二階堂家の墓」
二階堂家は鎌倉時代からの名家であった。
たくさんの墓碑があった記憶がある。この二階堂家の墓も東京に移されたと聞いたことがある。
今は亡き衆議院議員・二階堂進氏はその子孫である。
 




 下の2枚の西郷屋敷の写真も「武郷土誌」から転写したが、先日(2021年2月11日)に「史跡独り歩き」からということで紹介した「西郷屋敷の全景」と同じ時代のものである。
私もこの周辺で遊びまわっていたころの記憶が戻ってきて、門構えなどを思い出すことが出来た。





 現在の「西郷屋敷跡」の表示板



 西郷屋敷跡の公園から九州新幹線の高架を見ることができる。
左側に新幹線最後のトンネルがあり、右側が「鹿児島中央駅」である。




 鹿児島城下絵図散歩から転写した西郷屋敷周辺地図。作成年代はほぼ安政6年(1859)ごろ。
地図の中央辺りに「二階堂邸 六百九十坪」とあるが、ここが「西郷屋敷跡」として公園になっている。



 鹿児島城下絵図散歩から転写。上と同じ地図上に現在の状況が書き入れられており、「西郷屋敷跡」や最近の町名、「九州新幹線」などとある。しかし、昭和42年から48年までの計画で始まった区画整理事業や、九州新幹線乗り入れによる線路敷設などでこの周辺は大きな変化を遂げている。





      
                     〇印が我が家が借りていた借家






Last updated  2021.03.03 21:51:12
コメント(7) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.