100980 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

生中継2006 ベンチャーOLのキャリア日誌

PR

Profile


くみ1978

Category

Recent Posts

Archives

2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03
2018.02
2018.01
2017.12
2017.11
2017.10

Favorite Blog

大阪で打ち合わせ New! はなみち1779さん

思考の交通整理人の… attoGMさん
とても・いいもの … rena315さん
五月晴れ 女優0505さん
虹の階段 むくぱんさん

Comments

海のくまさん@ チン型取られちゃったw <small> <a href="http://onaona.mogmog…
ドライブ好き@ 風呂入るのメンドクサイ! <small> <a href="http://feti.findeath…
開放感@ 最近の大学生は凄いんですね。。 竿も玉もア○ルも全部隅々まで見られてガ…
しおん@ ヤホヤホぉ★ こっちゎ今2人なんだけどぉ アッチの話…
バーサーカー@ ヌォォオオ!!!!!! <small> <a href="http://bite.bnpnstor…
旋風脚@ いそぎ中継す!!!! <small> <a href="http://kuruma.koreik…
すぱいす@ なんぞコレおもしろ!!!! とりあえずは今月の目標50万かなー? …
和尚@ ハゲプレイwwwww いやー坊主にして良かったよwwwwww…
痴女と痴男@ どこでもしゃぶるのな^^ うおっぷ!!!エレベーターでフ ェ ラし…
新台狙い@ 負けても痛くねーしwwww パチ打ちに行っても10回中7回は負けてシ…
2006.09.24
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
あっぱれ太陽!!
と叫びたくなるようないいお天気の日曜日。

中国史好きの母親のチョイスで六本木ヒルズの中国レストラン『レイカサイ』のランチに行ってきました。

PCでは変換できないのですが、漢字で書くとこういうお店。

漢字

清王朝時代、政治の実権を欲しいままに握る一方で
美食家としても名高かった西太后の日常の食事(家常菜料理と呼ぶそうな)が食べられるレストランです。

この西太后の食事の管理責任者をしていた人物の家元が、
当時のままのお料理を一般に提供しだし、
これが相当な賞賛を受け続け、
今でも世界中から沢山の人が食べに訪れているそうです。

んーーーー 楽しみじゃ
スマイル
秘宝を覘くかのような気持ちで向かいました。


入り口はこんなかんじ。

入り口

完全予約制で店内には個室がたったの3室。
1日3組限定・4名より受付、という予約の入れずらさ。
(笑)
今回は「胡同のひまわり」上映記念 特別コースということで2名でも予約が可能でした。

私と母が通された個室はこんなかんじ。
暗い・・・。

店内

ランチでもコースメニューしかないらしく、

季節の前菜10品
主菜2品
スープ
デザート


と、だけみても、何がでてくるのかさっぱりわからない!!

前菜は5品ずつ、こんなかんじで出てきました。

前菜1

前菜2

当時の西太后の食卓では、
彼女の専用コックが合計128名
常時一食でナント150種類ものお料理が用意されたそうです!

そしてそのうち、大体25種類くらいの好みのものを選んで食したそうな。

ア然・・・。

っていうかもったいないですね、と思ったら、
残りのものを、大臣たちが食べていたそうです。

んーーーー なんて贅沢!

しかも、どれも化学調味料を一切使わず、栄養バランスを考えた高級食材ばかり。。。
毎日こういう食事だったら長生きできそうです。

私が1番美味しい!と感じたのはこのスープ。

スープ

ものすごーく薄味で、私好み。
イカの卵巣という珍しいものが具としてたっぷり入っていて、
これが女性ホルモンにとっても良いんだとか。

西太后も毎日にように1杯飲んでいたそうです。


ところでこのレストランの楽しみは食事だけではなくて、
同時に歴史の話をしてくれるところ。
“食事”をネタに話しをきくと、当時のリアルな人の生活がみえておもしろいものですね。

「へえ~~っ!」「ひょえ~っ」
を連発していました。

本店は、北京の胡同(裏路地)にあるそうです。
この胡同がどんなところなのか、写真もみせていただきました。

胡同

こんな民家の佇む一角に、シンプルな看板ひとつで個室は1室。
1日限定1組という生産性のなさでOPENしたそうです。

中国史になじみのない私もとても楽しめました。
やっぱ、美女にはコラーゲンだねっ!

こういうのんびりランチもたまにはいいものです。






Last updated  2006.09.24 18:55:33
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.