ルーズ&ルーズ 反省しない酔っぱらいの備忘録

Profile


はぐれ雲2007

Category

Archives

Favorite Blog

マイルチャンピオン New! ZALTS2988さん

つるまるJTの日記 つるまるJTさん

全7件 (7件中 1-7件目)

1

自作講座

2008/07/07
XML
カテゴリ:自作講座

 


今やってる作業の息抜きに本屋に行ってきた

本屋でなら一日中時間をつぶすことが出来るし、リラックスできる
きっとリラックスモードの脳波が出てるんだろうと
勝手な解釈してる・・・

同じ作業でも

楽しく感じる「夢中期」と凄く辛い「過酷期」がある!

今まさに↑後者だ (ノ_-。)
本当に辛いです

 

 

んで!?本屋で見つけたのが

作ったテクスチャデザインをパターンとして
保存登録する方法!!

登録さえしとけば後々便利なこともあるだろう・・・


早速、テクスチャを作った



迷彩



豹柄
 
 
ツールバーの編集→パターンを定義

下矢印

パターン名を入力

下矢印



パターン追加
 
 
 
楽しいことはあっ!!と言う間に終わってしまう
 
残りの作業、早く終わらさなければ・・・雫






Last updated  2008/07/07 05:48:05 PM
2008/03/10
カテゴリ:自作講座




AM 11:00 帰宅・・・

あれっ!? 自転車がナイっ!!!

家に入る・・・パソコンのモニターに張り紙が・・・

○○さんとランチしてくる!


別段、用事もない!!
嫁はんの買い物に付き合った後ゲーセンでも
行こうと思ってたw

なーんや!?おらへんのかいやぁ~雫
夕方まで帰ってこーへんやろな!

パソいぢってても文句言われへんwww
鬼の居ぬ間に洗濯を・・・ぺろり

自作師らしいことをチクっとやってみよう ♪

以前にも挑戦してみたが
手間隙かかる!!

 


ツールバー(ファイル)→新規
「1500×1500pixel 350dpi」を開く



ツールバー(レイヤー)→新規塗りつぶしレイヤー→グラデーション



ツールバー(レイヤー)→画像を統合
背景レイヤーをつくる



統合したレイヤー(背景)に対して
ツールバー(フィルタ)→変形→波形を適用





ツールバー(フィルタ)→変形→極座標を適用
 


 


ツールバー(イメージ)→色調補正→階調の反転



















Last updated  2008/03/10 08:00:35 PM
2008/03/04
カテゴリ:自作講座

 



雲さんのレイヤーパレットが見たいと言われた!!
我流でやってるもんで ちとっ!?ハズカシイが
アチキも他人のパレットは気になる

人のは見たいが、自分のは見せないってのは
都合がよすぎる・・・

使用ソフトはフォトショップCS

まぁ笑ってやってくだせぇ~ヒイィィィ!!(>ω<ノ)ノ



善マーク
 
 
私の師匠hachiさんから手ほどきを受けました


レイヤーパレット

 
 
合計5枚のレイヤーから出来てます
 
 
元になってる四角は
ツールボックス(シェイプツール)でShiftを押しながらドラッグして
正方形を描き
レイヤーパレットのパスタグをクリック
下矢印
作業用パスを右クリ
下矢印
パスを塗りつぶす(描写色 例=赤)
下矢印
パスを削除
下矢印
ツールバー(編集)から自由変形(回転)


レイヤー1
 
 
 
レイヤー1をコピー&ペースト レイヤー名をレイヤー2に変更
レイヤー効果もハズします
下矢印
ツールバー(編集)自由変形でShiftキーを押しながらドラッグして
レイヤー1よりも大きくする

 Shiftキーを押しながらドラッグすると
縦横比同じで伸縮できる


レイヤー2

レイヤー2.1
 
 
 
レイヤー2 もコピー(レイヤー効果削除)
レイヤー2よりも大きくする(レイヤー3)
 

レイヤー1・2・3をそれぞれレイヤー効果付きでコピーし
結合  ツールバー(レイヤー)下のレイヤーと結合で・・・
下矢印
ツールバー(編集)自由変形(回転)

 

                   レイヤー1・2・3+(1+2+3)を結合したあと
                 結合したレイヤーをCtrlキーを押しながらクリック
                       (選択範囲ができる)
                             下矢印
          ツールバー(編集)塗りつぶしで適当に色を着ける(レイヤー4とする)





レイヤー4
 
 
 
 
アチキの文章力では説明になってないと思うが
ボチボチ編集・記事修正して
フリーページに載ーせよっとwww









Last updated  2008/03/04 03:17:56 PM
2008/01/18
カテゴリ:自作講座

 


自作カードの背景についてよく質問される

ネタ証しするようなモノではないが・・・!?

本音を言えば

タダのパクリで幻滅されるのがコワイ下向き矢印雫

フォトショップ使いの達人のように思われてるが

実はそうでもナイっ(断じて言う!!

ソフトが高機能すぎて全然使えてねぇ~雫雫雫

無い知恵を絞って出た答えが

究極の手抜き・・・!?




だぁ~っダッシュダッシュダッシュ




背景01背景02


画材具店のアニメ・イラストコーナーにある
スクリーントーン紙・・・

マンガの背景
人物 服の模様とか影付けに使ってるヤツねw

スキャナで取り込んだ状態!

ここからフォトショップのツールバー(レイヤー)から
新規調整レイヤーで

色合いを変えたり
グラデーションで模様を変えたりして

いかにも自分で作ったよーってな感じに思わしてるんですわぁ~( ̄▽+ ̄*)




背景応用

 

フォトショップのガイドブックを見て(正確に言うと立ち読み・・・ゴメンナサイ)
出来たモノでこれも パ・ク・リ(ノ◇≦。)

 

アチキのやったことといえば
いかに手を抜き、誤魔化せるか?
を無駄に時間を使い
考えただけ・・・

まぁ私の生き様そのものですわぁ♪

 










Last updated  2008/01/18 06:41:57 PM
2007/11/17
カテゴリ:自作講座

OHPシートにどぉやってホログラムシート貼ってますか?

よく質問されます

確かにホログラムシートは薄く
気泡が入りやすく扱いに気をつかいます

他の失敗はなんとか誤魔化せそうだが
ホロ貼りの失敗は取り返しが効かない
上手く貼ってる人のカードを見ると さりげに気になる

自分なりに考えてみた!!

雲流 逆貼り(勝手に命名)

キッカケは
ホログラムシートの継目を避けて貼った場合
ホロシート内にOHPシートが入りきるか確かめるため
ホロの上にOHPシートを乗せてみた!

おっ!!!閃いた!!!

OHPシートにホログラムシートを貼るのじゃなく
ホログラムシートにOHPシートを貼るっ!!!

これだとホロの継目に沿って貼れるため
ホロ模様が斜めにならない

 

スプレー糊

 

左が最初に買ったヤツです
大袈裟なようだが運命の出会いでした・・・(後述)

糊比較

 

左がスプレーしたもの(数分放置したもの)
最初は大丈夫かっ???って思うくらい白くなる!
序々に透明に・・・
これでも白いって思うが大丈夫!!!

張り合わせ1

張り合わせ2

 

ポイントは曲げと押し出し
ホロのウラ(剥離シート)がハンコ版の役割をしてて
より 密着性が増しますw

 

張り合わせ後

 

ホロ柄のキラキラ感を損なうことなく
気泡も入ってない!!完璧だっ!!

 

あとがき

 

Z-1との出会いはラッキーでした
一番最初に買ったスプレー糊が
透明になるヤツでよかったwww
なにも考えナシで偶然買っただけなんですがねぇ・・・(汗

最上部 写真右 は透明にならないタイプ・・・1800円
実際使ってみないとわからない(泣
失敗に気付き買い直すにはあまりにもコスト高!!!
きっと買ってなかったし
逆貼りも止めていたでしょう


 


 







Last updated  2007/11/24 09:09:32 PM
2007/11/16
カテゴリ:自作講座

スプレー糊

 

左の青いスプレー糊
やっと見つけました o(^▽^)o

私の自作カード作業になくてはならない必須アイテムです

以前、使ってたヤツなんですが中々見つからず困ってました雫

Z-1の優れてるところは
粒子は細かく、乾くと透明になる

ホログラムシートとOHPシートの貼り合わせには最適です

 

次回は実際の作業をUPします

 

 







Last updated  2007/11/16 11:38:28 AM
2007/08/10
カテゴリ:自作講座
キラ化の下準備・・・細かい作業で一番神経を使うところです。現在6枚疲れたぁ~(>_<)






Last updated  2008/03/29 11:10:26 AM
このブログでよく読まれている記事

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

Freepage List

Headline News


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.