559218 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

何でもあり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Comments

マイコ3703@ 思わず初コメしちゃいました(*^^*) 私もブログを書いているんですが内容が偏…
謎の太郎左衛門@ Re:少頭数も粒揃いの好メンバーが集う/ラジオNIKKEI杯京都2歳Sの見どころ(11/25) 本日、コメ入れたのですが・・・20日のと…
謎の太郎左衛門@ Re:後藤騎手、3日間で19鞍に騎乗予定「勝つジョッキーでいたい」(11/20) 匿名なのでもしかしたらわからないと思い…
謎の太郎左衛門@ Re:後藤騎手、3日間で19鞍に騎乗予定「勝つジョッキーでいたい」(11/20) 久しぶりに覗いたよ・・・ 元気そうで何よ…
もも@ Re:藤あや子 お願いします。 藤あや子さんに山口百恵さ…

Rakuten Ranking

Archives

Headline News

2017.11.20
XML
カテゴリ:競馬
 注目は萩Sを圧勝したタイムフライヤー。3連勝で重賞タイトルを手にすることができるか。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

■11/25(土) ラジオNIKKEI杯京都2歳S(2歳・GIII・京都芝2000m)

 タイムフライヤー(牡2、栗東・松田国英厩舎)は新馬戦こそロックディスタウンの2着に敗れたが、続く未勝利戦、萩Sを連勝。特に前走の萩Sは、重馬場をものともせずに4馬身突き抜けるという強い内容だった。ここも突破して、GI戦線に名乗りを上げることができるか。

 マイハートビート(牡2、栗東・高橋義忠厩舎)は未勝利戦、紫菊賞と連勝中。新馬戦は4着だったものの、ルーカスやゴーフォザサミットがいたハイレベルの一戦だっただけに評価を下げる必要はない。ここも上位争いは必至だろう。

 その他、京都でGI・3勝と絶好調のハービンジャー産駒ケイティクレバー(牡2、栗東・目野哲也厩舎)、新馬戦を快勝したスラッシュメタル(牡2、栗東・西村真幸厩舎)、不良馬場の新馬戦を勝ったグレイル(牡2、栗東・野中賢二厩舎)なども重賞制覇を狙う。発走は15時40分。



キタサンブラック連覇&G1・7勝目に挑む/ジャパンCの見どころ

 やはり注目はキタサンブラック。引退まで残り2戦となった現役最強馬、ここで連覇とGI・7勝目を達成することができるか。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

■11/26(日) ジャパンC(3歳上・GI・東京芝2400m)

 キタサンブラック(牡5、栗東・清水久詞厩舎)は秋初戦の天皇賞(秋)をV。春の宝塚記念では9着と惨敗してしまったが、見事に巻き返して見せた。昨年のジャパンCは完璧な逃げで完勝。ここで連覇を達成すれば、シンボリルドルフやディープインパクトといった歴史的名馬たちに並ぶJRAGI・7勝目となる。

 レイデオロ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)は今年のダービー馬で、秋初戦の神戸新聞杯も圧勝。菊花賞をパスして、万全の態勢でここに臨む。現在3歳馬はエリザベス女王杯、マイルCSなど4週続けて重賞を制覇。その頂点に立つ本馬は現役最強馬相手にどんな競馬を見せてくれるか。

 サトノクラウン(牡5、美浦・堀宣行厩舎)は春の宝塚記念を制し、天皇賞(秋)でもキタサンブラックをクビ差まで追い詰めた。東京芝2400mは3歳時の日本ダービー以来だが、その時は最速の上がりを使って3着に入っている。本格化した今なら、より高いパフォーマンスを見せてくれるはず。

 その他、昨年の3着馬シュヴァルグラン(牡5、栗東・友道康夫厩舎)、オークス馬ソウルスターリング(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)、ダービーと同じ舞台で復活を狙うマカヒキ(牡4、栗東・友道康夫厩舎)、天皇賞(秋)で3着のレインボーライン(牡4、栗東・浅見秀一厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。



ソルヴェイグの重賞3勝目なるか/京阪杯の見どころ

 ソルヴェイグが重賞3勝目を狙う。スプリンターズSでは除外の憂き目にあっただけに、勝って賞金を積み上げたいところだ。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

■11/26(日) 京阪杯(3歳上・GIII・京都芝1200m)

 ソルヴェイグ(牝4、栗東・鮫島一歩厩舎)はオパールS(OP)を逃げ切りV。スプリンターズSに登録するも、賞金順で除外されてしまった鬱憤を晴らした。舞台は前走と同じで、1キロとはいえ前走からの斤量減もプラス。連勝を決めて、3つ目の重賞タイトルを手にしたいところだ。

 アットザシーサイド(牝4、栗東・浅見秀一厩舎)は札幌スポニチ賞(1000万下)、道頓堀S(1600万下)と連勝。1200mへの距離短縮が功を奏し、オープンクラスに戻ってきた。元々は桜花賞で3着に入ったこともある素質馬、一気の3連勝で重賞初制覇なるか。

 その他、得意の京都で巻き返しを期すセイウンコウセイ(牡4、美浦・上原博之厩舎)、距離短縮がプラスに向きそうなジューヌエコール(牝3、栗東・安田隆行厩舎)、スワンSで2着のヒルノデイバロー(牡6、栗東・昆貢厩舎)、近走不振も地力は上位のメラグラーナ(牝5、栗東・池添学厩舎)なども上位争いの圏内。発走は16時15分(最終Rに行われる)。






Last updated  2017.11.20 18:18:27
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.