752305 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

何でもあり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


pokkun6787

Calendar

Comments

ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
http://buycialisky.com/@ Re:スアデラが6馬身差で圧勝/習志野きらっとスプリント(07/25) free sample of herbal cialisfind inform…
http://buycialisky.com/@ Re:フェブラリーSアラカルト(02/24) best price on cialisviagra levitra cial…
http://buycialisky.com/@ Re:7番人気レッドデイヴィスが鬱憤晴らす初重賞V/シンザン記念(01/09) cialis waar kopenviagra cialis reviewci…

Archives

Headline News

2020.06.01
XML
カテゴリ:競馬
ラヴズオンリーユーに注目したい。休み明け2戦目で巻き返しなるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/6(土) 鳴尾記念(3歳上・GIII・阪神芝2000m)

 ラヴズオンリーユー(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)は昨年のオークス馬。前走のヴィクトリアマイルは7着に敗れたが、約半年ぶりの休み明けで高速決着のマイル戦と難しい条件だった。久々を叩いた2戦目、そして斤量が54kgになるここで巻き返しは必至だろう。鞍上は引き続きM.デムーロ騎手。

 サトノルークス(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は昨年の菊花賞で2着。今回はそれ以来、7か月半ぶりの休み明けとなる。いきなりどうかという面はあるが、調教の動きは上々で仕上がりは良さそう。武豊騎手との新コンビで、重賞初制覇なるか。

 その他、1年1か月ぶりの休み明けとなる重賞2勝馬パフォーマプロミス(牡8、栗東・藤原英昭厩舎)、昨年の京都新聞杯勝ち馬レッドジェニアル(牡4、栗東・高橋義忠厩舎)、一昨年のチャレンジCを制したエアウィンザー(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)、2走前にリステッドの大阪城Sを勝ったレッドガラン(牡5、栗東・安田隆行厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。



超豪華メンバー集結のマイル王決定戦/安田記念の見どころ

 非常に豪華なメンバーが揃ったが、中心はアーモンドアイだろう。GI・8勝の金字塔を打ちたてることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/7(日) 安田記念(3歳上・GI・東京芝1600m)

 アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)は今年初戦となった前走のヴィクトリアマイルを持ったままで4馬身差圧勝。改めて現役最強の力を見せ付け、史上最多タイの芝GI・7勝目を飾った。昨年はスタート後の不利もあって3着に敗れたが、今年はその雪辱といきたいところだ。

 インディチャンプ(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)は昨年の春秋マイル王。今年は、初戦の中山記念こそ4着に敗れたが、続くマイラーズCできっちり良化を示して勝利を飾り、順調にここまで駒を進めてきた。昨年同様に強敵を破って、グレード制導入以降では3頭目の連覇達成なるか。

 ダノンキングリー(牡4、美浦・萩原清厩舎)はこれまで重賞3勝。GIでも昨年の日本ダービーで2着、前走の大阪杯で3着など惜しい競馬を続けている。今回は[3-1-0-0]と好相性を誇る東京コース。怪我から復帰した戸崎圭太騎手とのコンビで、悲願のGI初制覇なるか注目したい。

 その他、昨年の桜花賞馬で前走の高松宮記念では2着のグランアレグリア(牝4、美浦・藤沢和雄厩舎)、これまで重賞5勝のダノンプレミアム(牡5、栗東・中内田充正厩舎)、昨年の香港マイルなどマイルGI・3勝のアドマイヤマーズ(牡4、栗東・友道康夫厩舎)、昨年のヴィクトリアマイル覇者ノームコア(牝5、美浦・萩原清厩舎)、前哨戦の京王杯スプリングCを快勝したダノンスマッシュ(牡5、栗東・安田隆行厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。






Last updated  2020.06.01 20:09:47
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.