454746 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

自分らしく生きる

file:///C:/Users/yknishi/Desktop/new/new/index.htm

アマゾン国司義彦著者ページ https://www.amazon.co.jp/-/e/B0049J6APC

電子書籍 新刊 公開 「運命好転 の奇跡」 ↓
ブクログ 国司義彦著作集 http://p.booklog.jp/users/ykunishi


  国司義彦HP2017年10月末日close

http://www.yahoo.co.jp/
2015年~2017年最新刊 好評 発売中 ↑上記YAHOOで「国司義彦+書名」と
検索、注文できます。
2017年5月最新刊「品位ある賢者の知恵」(牧歌舎)
「感性という特効薬」(牧歌舎)
「国司浩助の生涯に学ぶ」(知道出版)
「心豊かな明日へ」「天命の法則」
「生きる勇気が湧いてくる本」
「読書と出会いが人生を変える」(牧歌舎)

YOU TUBE 公開中 「読書と出会いが人生を変える」

YOU TUBE 公開中 「ツキを呼ぶこれからの生き方」
YOU TUBE 公開中 「これからどうなる、どう生きる?」

2017.07.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
エピローグ 先人の知恵から学ぶ 温故知新「国司浩助、自己実現の生涯に学ぶ」==理想を高く掲げ機会あるごとに話せば、道は開ける
最近私は、次のようなことを考えています。
明治時代から戦前までは、
・志ある若者は、資産家や功成り名を遂げた方々の世話になって、勉強し、始業したものです。そして
・ 大願成就の暁にはそれを『社会に還元すること』を心がけたように思います。
 これから、私の亡き父、国司浩助の『志』と『出会った人々』について要点を紹介します。それは、決して身内の自慢話をしたいからではなく、国司浩助という人物が、(病に倒れ志半ばで、今の時代にしては51歳という若さで早世したこと以外は)当時は"人生50年と言われていたのでむしろ平均的な年齢で他界したことを除けば、理想的な人生を歩んだ人であり、多くの素晴らしい人との出会いに恵まれて、それを生かし切り、また、多くの人材を育て、多くの人に愛され、事業を通じて、世の中に貢献した人であったからです。彼の生涯は数冊の本「国司浩助氏論叢」「ニッスイの原点」「国司浩助小伝」という形で残っているものの、志半ばで国司浩助早逝したため、『知る人ぞ知る』という状態です。ここに、彼の生涯と関わった人々との出会いについて、紹介することは、意義のあることと考えるからです。






最終更新日  2017.07.26 00:00:44
コメント(0) | コメントを書く

PR


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.