645417 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

自分らしく生きる

file:///C:/Users/yknishi/Desktop/new/new/index.htm

アマゾン国司義彦著者ページ https://www.amazon.co.jp/-/e/B0049J6APC

電子書籍 新刊 公開 「運命好転 の奇跡」 ↓
ブクログ 国司義彦著作集 http://p.booklog.jp/users/ykunishi


  国司義彦HP2017年10月末日close

http://www.yahoo.co.jp/
2015年~2017年最新刊 好評 発売中 ↑上記YAHOOで「国司義彦+書名」と
検索、注文できます。
2017年5月最新刊「品位ある賢者の知恵」(牧歌舎)
「感性という特効薬」(牧歌舎)
「国司浩助の生涯に学ぶ」(知道出版)
「心豊かな明日へ」「天命の法則」
「生きる勇気が湧いてくる本」
「読書と出会いが人生を変える」(牧歌舎)

YOU TUBE 公開中 「読書と出会いが人生を変える」

YOU TUBE 公開中 「ツキを呼ぶこれからの生き方」
YOU TUBE 公開中 「これからどうなる、どう生きる?」

2019.03.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
○イメージ訓練第4段階…目標達成のイメージを描く
まずイメージ訓練の第1―3段階を行う。すなわち、腹式呼吸→頭を空にする→くつろぎのイメージを描く。なお、目標のはっきりしない人は第3段階「自分は何をすべきか」の問いかけを行う。
 一方、既に理想、目標のはっきりした人は、リラックスした状態で、「あなたのしたいこと、達成したい目標を、すでに達成された時のイメージとしてまざまざと心に描く」
 この第4段階を行うことによって「自分が解決しようと思っている問題は必ず解決される」「自分の達成したい目標は必ず達成される」という信念が心の中に植えつけられる。解決策を実行する際「できる」と信じて実行するのと半信半疑でやるのとでは、結果は自ら違ってくる。
 問題解決(目標実現)ができると信じる「楽天性」が不可欠。特にこの信じる要素がないとうまくいかない。周囲の反対にあうかもしれない。一人で何十人、 何百人の人たちを説得しなければならない場面もある。そんな時に弱気、陰気、依頼心は禁物である。自己実現は他人の力を当てにしてはならないのである。少なくともスタートの時点では。いわんや、問題を他人のせいにして、いい逃ればかりしようとする人に問題の解決ができるはずはない…これは肝に銘じていただきたい。
(イメージ訓練の紹介 ここまで)






最終更新日  2019.03.27 00:00:30
コメント(0) | コメントを書く

PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.