072136 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コミュニティプロデューサー日記

PR

X

全296件 (296件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >

2006.09.10
XML
カテゴリ:自分の経験から
3連休でけっこう遊んだりもして、
いろいろ考えたんですが、
遊びでもやっぱり進歩があるといいに越したことはない。

現状の自分は以下のような感じ。
本格的にやらないと進歩が難しそうなのが
ざらざらと出てきた。

今日はダーツに初挑戦。
コントロールはいまいち定まらなかったが、
そんなに難しいところを感じなかった。
たまたまうまくいったところも多分にあっただろう。

ボーリングは、小学校高学年から始めて、それから年に多くても5回くらい。
最近は進歩しているのかなという感じ。
よいときでだいたい150くらいで落ち着いてる。
まぁ200いくほどのスコアは出せない。

ビーチバレーはまだ10回もやってない状態。
慣れはしたものの、レシーブの基本とかがぜんぜんできてない。
バレー経験者には到底かなわない。

スノボーは年に1、2回。
はじめてやってから6、7年たってるが、
こちらも最近は進歩してなさそう。

高校まで野球やってた経験からすると、
何においても基本ができてないんでしょうね。
どうしても自分のやりたいようなフォームになってしまっている。

遊びまでそんなことを考えてたら疲れちゃうとも思いつつ、
進歩すればもっと楽しくなるわけだし、
上達できればいいよな~と思ってみたのでした。







Last updated  2006.09.11 01:27:37
コメント(66) | コメントを書く


2006.09.07
カテゴリ:自分の経験から
今週の仕事は今日をもって終了。
明日は夏季休暇をとって日曜まで3連休。
そして来週も土・日・月と3連休!

自分個人としては3連休がどうこうよりも、
4日働いて休みを迎えられることの方が
うれしく思っている。

さて、今日は1つの大きな節目でもあった。
今営業しているサービスで8月からたまたま無料キャンペーンというのが始まり、
今日まで1ヶ月間ぐらいの期間でずっと「無料になりますよ」という告知をしてきた。

それに対する反応が様々でおもしろかった。
「無料ですか、じゃあ申し込みます」と言って
無料に飛びつくタイプの人。
「無料と言っても期間限定だからね~。元に戻ったときにどうするか考えておかなきゃね」
とあくまで冷静な人。
「それで何?代理店からも電話がかかってきてとにかくしつこいですよ。」とあくまで冷たい人。
など。

2番目のようなタイプの人にどう話すかというのがポイントでもあったが、
なかなか人の心を動かすのは難しいというのを痛感した。

ただ逆のお客の側にたって思うことは、
自分自身もこれまでの人生でよく注意されてきたことだが、
うまくコストを抑える方法を見つけてくるのはよいが、
意識の高い人は値段に関係なくやるものだということ。

自分もそこまで意識を高くもったことが一度だけあったが、
そういう状態まで共感してもらえるケースは今回あまりにも少なかった。

ビジネスにおいて、安くすればいいというものでもないというのはよく聞く話。

値段に関係なく信頼関係をつくっていけるような究極のところまで
目指していければと思う。












Last updated  2006.09.08 03:12:19
コメント(0) | コメントを書く
2006.09.06
昨日のWBS(ワールドビジネスサテライト)で
シェル石油が家事代行サービスを手がけていて、そこから
本業のガソリンスタンドの顧客獲得にも結びつけてるというのは
非常に新鮮だった。
それだけ、ガソリンスタンド業界では差別化が難しいから、
全く別の事業を取り入れることにより、新規獲得をねらっていこうとしているのであろう。

これに関連させていろんな業界で
顧客をつくっていこうとする動きがあるように思う。

例えば、ヤマハで言えば楽器を買ってもらうために
そもそものところで、ヤマハ音楽教室を開くことで
ユーザーを増やす。

あるいは、顧客と言うか担い手(社員を雇う側)という面で、
技術系の仕事が体験できるようなインターンシップの
そういう系統の会社での導入が増えている。

さらにもっと早い段階で、企業が小中学校の総合学習に出向いて
科学系の中身を実践も交えてわかりやすく伝える動きも活発になってきているように感じる。

総じて教育部門などをつくって、未来(現在でも)の顧客づくりに
取り組んでいる事例が増えてきている。
顧客づくりの発想の1つとして今後参考にしてみたいと思う。








Last updated  2006.09.07 01:56:36
コメント(0) | コメントを書く
2006.09.05
カテゴリ:自分の経験から
最近は、イメージとか感覚とか直感とか右脳の大切さを
痛感しています。
営業でも細かい説明要らずで、感覚で納得してもらえる
お客さんがいたらありがたいものです。
そして何かを選択するとき、案外感覚的にであったり
固定でもってるイメージによって判断することって多いと思います。

とすると、営業という仕事に対してどんなイメージを
もってるんだろうとつい考えてしまう。
ノルマが厳しそうだとか体育会系のノリだとか
悪いイメージが先行してるのかな~と思ってしまったり。。。

それに対して広告業界なんて言ったら・・・
月9のサプリを見ててもよくできてること。
月9はドラマの中でも余計に演出が優れてるから、
アイデアを出し合ってる場面、プレゼンしている場面
とかめちゃくちゃかっこよく見える。

思い返してみれば、自分だけかもしれないが
かなりTVによって影響を受けてきた。
踊る大捜査線を見てはやっぱり警察官だ、現場だと思い、
GTOやヤンキー母校に帰るを見てはやっぱり教師だと思い。。。

まぁそんなわけで、TVによって職業イメージはかなり形成される
のではないかということを感じる。
別に今の仕事が不満とかそういうことではなく、
営業の仕事がかっこよく見えるようなTVドラマがあったら
いいもんだと思う今日この頃です。






Last updated  2006.09.06 02:17:39
コメント(2) | コメントを書く
2006.09.03
カテゴリ:自分の経験から
昨日は、汐留の朝食会に参加させていただいて
よりモチベーションを高めることができた。

その中で自分に欠けていたものを1つ見つけた。
普段の仕事に埋もれてしまって、やりたいことがわからなくなるというのは
たくさんの人にも起こることだと思うが、
自分の場合はその原因の1つが、「誰に対してやりたいのか?」というところにあった。

やりたいことは営業・広報・事業開発など。

ただ対象を見失っていた。
人で言えば属性で
高齢者なのか、子供なのか、学生なのか、家族なのか、
あるいは特性で
元気のない人なのか、お金持ちの人なのかなど。

あるいは組織で言えば、
大企業なのか、中小企業なのか、自治体なのか、NPOなのか、学校なのか
あるいはお金に困っているところなのか。

それとも、街に対してか、空間(建築物)に対してか、自然に対してか。

挙げればきりがないと思うが、その部分の思考がかなりせまく
なっていた。
そこのところをより具体的にして、今やってる仕事の意味づけも
きちんとしていこうと思ったのだった。









Last updated  2006.09.04 02:39:13
コメント(0) | コメントを書く
2006.08.31
カテゴリ:自分の経験から
社会人になって、ギャップを感じたことの1つである。
それが先輩方から、調子はどう?と繰り返し聞かれることである。

あまりにも質問が抽象的だと思うが、
会社からはそんな質問にも的確に答えられるレベルを求められている。
順調ですとか、あまりよくないですとか言っても
何がかよくわからないし、かと言って細かい話もちょっとした会話の中では
不要。
こういった質問を開示質問と言ったりするが、
答える自由度が広いとは言え、自分には難しい。

それに対して、営業では開示質問ばかり使っていてはいけない。
答えがYES/NOではっきりする限定質問を中心にしていくべきである。
だけど、質問する側にたつと「どうですか?」とつい開示質問を
したくなるもの。
どっちもどっちな感じですね。

特に日本の場合は言葉の裏側まで読み取らなくては真に理解できないので、
難しいですね。
答えやすい質問を心がけたいと思います。






Last updated  2006.09.01 01:10:59
コメント(0) | コメントを書く
2006.08.29
カテゴリ:自分の経験から
今日はおそらく10年ぶりくらいに
プロ野球の試合を見に行った。
神宮(ヤクルト対横浜)は何気にお初☆

社会人になって財布の紐緩くなって、
とっさの誘いに乗れるようになれてるのは
いいと思っている。

さて、最近の自分の関心事(必須事項?)をまとめると、
・営業の仕事・・・いかに結果を残すか?ただし従来の数字を残すためのものでなく、
プロセスをしっかりと確立できるかに重きをおいている。(質問力、提案力など)

・事業開発・・・世の中の新しい仕掛けに興味をもつ。土日のイベント参加というのも
たいていは、ビジネスプランコンテストなど新しい事業を発表するものなどに着目。
また、個人的には大雑把にマーケティング・ブランディングに興味をもち、
どうやったら学生の営業のイメージを改善できるかを模索中。

・コミュニケーションの向上・・・どうしたら信頼関係を築けるようになれるか、
相手視点に立つ訓練など。

・自分なりの新しい楽しみ方の追求・・・ビーチバレー・街歩きなどしてきたが、
これからも積極的に開拓予定。

そしてこれらに関連したことをトータルにブログで扱う。
最近は仕事に執念持って打ちこまなくてはと思いつつ、
視界がせばまってもいけないとも思い、この両面の調整に困ってる感じ。

そしてとにかく精神面が弱くなってるのは事実。
何事にも本気になりきれてない自分がいる。
そしてこの時間が一番頭が活性化してる気がしないでもない。

あとこれからは、ブログは1日おきの更新にして、そうするからには
中身はより充実させたブログにしていきます。










Last updated  2006.08.30 01:40:39
コメント(0) | コメントを書く
2006.08.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
大学にしても、企業にしても人材獲得は根幹であり、非常に重要である。
そのための宣伝をどうやってするのかというのは、かなり重要である。

逆に選ぶ側からすれば、さまざまな基準がある。
例えば、大学であれば一番多いのは知名度。
その裏には、卒業後の進路の有利さ、OB組織の強さというのがある。
あるいは、伝統であったり資格の獲得が可能かどうかということ。
なので、こうした要素を前面に出してPRし、ニーズに合わせて
資格獲得の導入をしているところも多いようである。

ただ、それってどうもずれているような気がする。
(資格はよいのかもしれないし、ニーズに合わせるのは大切だとは思うが。)
やっぱり、そこに行ってどんな勉強ができるのかが本質であるべき気がする。
また、大学選びで口コミが与える影響はあまりないのかもしれないが、
口コミで広がるとすれば、進路の有利さどうこうではなく、教育の質に
尽きるのではないかと思う。
だから、そこでの勉強の中身にいかに興味をもってもらうかというのが全てのような気がする。

企業も同様で、認知度・給料・福利厚生・休日の有無などが基準としてあり、
大学選びとは違ってバランスも問われ、重要な要因にはなり得るが、
こちらもやはり仕事のやりがい・おもしろさが基準の一番になり得るはずである。
(企業の場合は、仕事内容より一緒に働く人で選ぶ人も多いが。。。)
なので、その仕事内容でいかに魅力を出せるかが一番大切なのではないかと思う。

よって企業の場合は、説明会の前からインターンシップをすることで
仕事のおもしろさを知ってもらおうとするところも最近非常に多いが
知ってもらうには非常に効果的なツールなのだと思う。

それに対して宗教の勧誘なんかは、とにかく信頼をつかむところから。
これは営業の基礎でもあるが、始めてからの継続性ということを
考えると、それだけだとどこかでボロがでるんじゃないかなと
いう気がしないでもない。
ということで一見、遠回りな気もするが、最終的には教育の質・仕事のやりがいなど
そこに入って何をするかという部分のブランディングができたもの勝ちなのではないだろうか??












Last updated  2006.08.27 02:40:27
コメント(0) | コメントを書く
2006.08.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は告知になります!
うちの会社では今でも
4年生、院2年生の方向けの07の新卒を募集しています。
(専門や第二新卒の方もOK)

http://www.confidence.co.jp/

サイトは上のアドレスになりますが、
・営業という仕事に興味がある。
・営業スキルを身につけたい。
・比較的小さめの会社で働いてみたい。(約30名)
・社長との距離が近い会社がよい。
・年にいくつか違う会社で働ける。(出向のため)
・一緒に働く人は、20代後半~40代前半(30代が多め)
・誰でも意見をぶつけられる雰囲気がある会社がよい。
・適度に同期もいた方がよい。(15名を予定)
・研修は実践重視の方がよい。
・土日はきちんと休めた方がよい。(土日はほぼ確実に休み)
・終電までやってるようなところでは働きたくない。
・とばされることはなく、確実に都心部で働ける。
・入社試験が何段階もあるところは嫌だ。
・これまでの学歴はいっさい関係なく、人物重視の選考

以上の項目に
もし知り合いで該当しそうな人がいたら、
声をかけていただけると幸いです。

よろしくお願いします!!







Last updated  2006.08.26 01:03:01
コメント(0) | コメントを書く
2006.08.24
今日の一番の驚き。(日経ビジネスにて)

オフィス通販のアスクルという社名は、「明日来る」から
来ていたそうで。
これまで全く知らず。(泣)
ネーミングは自分のかなり苦手な分野。
簡潔でわかりやすくできてるから、ベストだなと思った。

アスクルとの関わりとしては、
昨年の今ごろインターンで総務の仕事をしていたときに、
ファイルとかA4の用紙の補充のために利用していたのと、
4月の飛び込み研修で新宿で名刺をもらってきたくらい。

この間は、うちの本社の1つ階の下の名前だけでは謎だった
会社が新聞に載っててびっくり。
こういうところから、つながりまくってる世界を築くことが
自分の1つの目指していることでもあります。












Last updated  2006.08.25 01:09:20
コメント(0) | コメントを書く

全296件 (296件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >


© Rakuten Group, Inc.