1491314 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

どさんこ営業マン「くりりん」の奮闘営業日記!

PR

カレンダー

プロフィール


くりりん630

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

FIRE New! いたる34さん

「外資系保険会社2年… New! LD菊池さん

▲過去の失敗を思い出… New! 月いちさん

「 一病息災 」 New! 喜文治さん

寝ていたから New! まっつん12ださん

コメント新着

くりりん630@ Re[1]:2018年の目標(01/03) まっつん12ださんへ そうですね? 今年…
まっつん12だ@ Re:2018年の目標(01/03) お互い楽しく目標をもって 進んでいきたい…
くりりん630@ Re[1]:必要以上にメリットを伝えない(12/23) まっつん12ださんへ とても大切なことだ…
くりりん630@ Re[1]:商談でなかなか出来ていないこと(12/21) まっつん12ださんへ そうなんですよね?…
まっつん12だ@ Re:必要以上にメリットを伝えない(12/23) 確かに両方教えて欲しいと思う 教えなけれ…

フリーページ



               WELCOME TO MY BROG!


私のブログに訪問して頂いて有難うございます!
皆様のお陰で、2004年2月21日の開設以来、ついに!1000000件のアクセスを超えました!!

日記を続けることが出来るのも、毎日訪問して下さる皆様のお陰です。
本当に有難うございます!心から『感謝の気持ち』で一杯です!
これからも皆様に『元気』を与えられるようなブログを書き続けていきたいと思います。

                       2016年7月19日  くりりん


               イラスト3

私の日記を見て頂く前に、簡単に自己紹介!
ハンドルネームは「くりりん」。北海道生まれ。地元では「道産子」(どさんこ)って言います。
趣味はテニス。仕事は、「生命保険の営業」をしております。

転職当初の目標であったファイナンシャルプランナー・DCプランナーの資格も無事取得し、
『目の前の人』に喜んで頂くため、日々『一所懸命』活動しています!




私の目標とする人間像

自分はこうありたい

仕事を通して人間力を高めていく
家族は自分の支え、自分は家族を支えていく
子供達に自分の生き方を誇れるような父親になる
人の根幹に触れる人間力を備えた人間になる

人に対してこうありたい

人と人との出会いを大切にし、感謝の気持ちを忘れない
お客様のお役に立てることを日々真剣に考え、行動する
お客様の問題が解決できる「心を込めた最高の保険提案」を行う
仲間のことを尊敬し、思いやり、お互いが成功できるように発信型の行動する

これが達成されると・・・

人の喜び、痛みがわかる人間になり、人間的にも深みを増してくる
自分の生き方に誇りを持ち、人からも愛される人間になる
質の高い保険提案が出来、TOPセールスマンに一歩近づく

自分の目標としている理想の人間像に一歩近づく

そのための日々の行動

「こだわり」を持って毎日を行動する
日々の行動の積み重ねが「成功への近道」。一つ一つの行動を大事にする
逆算思考で物事に取り組み、目標達成のために努力を惜しまない
お客様の不安・問題の解消。夢の実現の支援をする
前向きな言葉だけを吐き続け、消極的な言葉は発しない
生保営業マンの枠を超えた質の高い知識・情報の習得、スキルアップを図る
自己啓発のための時間と労力を惜しまない
体調管理には万全を期し、毎日元気良く、笑顔で行動する
毎日一つだけ予定より多くの行動を起こしてみる

私の「志事」に対する考え方

「人生」って、人それぞれ違いますよね?

将来、「結婚したいとか?」「子供が欲しいとか?」「家を建てたいとか?」・・・

でも、お会いしているお客様の生命保険を拝見すると、何故かほとんど同じパターンなんです。

「人生は人それぞれ違うのに・・・」

その結果、保障内容が極めて不足していたり、あるいは、過剰であったり・・・
本当に多いんですよね?分からないと言うことで、目を背けていること。
何を隠そう、私自身もこの仕事に携わる前まではそうでした・・・

でも、生命保険は「とても高い買い物」です。
仮に、毎月3万円を30年間払い続けたら、1080万円です。

車や家電製品のパンフレットは良く見るのに、
生命保険のパンフレットを好き好んで見る人は少ないでしょうね?

こんな現象が起こる原因は、明らかに販売する「我々」に問題があります。

我々が「お客様の立場」に立って、「お客様目線」でお話出来れば、
きっと状況は変わります。

「生命保険」そのものには良し悪しはないので・・・


大事なことは、「自分に合っているか?」 それだけです・・・

そのためには「担当者選び」はとても大切です。

あなたにとって必要な保障を根拠を用いて、分かり易く説明し、
あなたが困った時に、「心」から力を貸してくれる「担当者」に、あなたの大切な保障を預けて下さい。


それがこの仕事に携わる私の「願い」です。



福  ついてる


2019年08月06日
XML
カテゴリ:心の修行
「世の中とのズレ


営業活動の最終形は、「完全紹介営業」だと、私は思っています。

特に、私が所属する生命保険業界は、その最たるものだと思います。


では、「紹介」って、世間一般では、どんなイメージでしょうか?


誰か困っている人がいて、知り合いに役に立てそうな人がいるから、

その人を紹介する・・・


それが本来の意味での「紹介」ですよね?


言わば、お客様からその営業マンへの信頼の下で、

「紹介される」ことを意味しますよね?


しかし、生命保険業界の「紹介」は、

世間一般で言う「紹介」とは、全く異質のものです。


この業界の教えでは、紹介は、「人からされるもの」ではなくて、

「人からもらうもの」を「紹介」と呼んでいます。


これって、世間と比べると大きなズレがありませんか?


だから、紹介が頂けないんですよね?

そもそもの紹介の「根源」が違うから・・・


でも、多くのマネージャーは、

「紹介をもらってこい」「時間があったらテルアポをしろ」

って言うんですよね?


これって、正しいことでしょうか?


確かに保険営業は、「晴れた日に傘を売る仕事」です。


お客様に気付いて頂き、保険の大切さを伝え歩くのが、

我々の仕事であり、使命です。


でも、お客様から求められていないアポイントを一生取り続けて、

その度に断りを受け続けるなんて、私には、無理です。


だって、何一つ悪いことはしていませんから・・・


お客様の大切な時間に敬意を払わずに、

自己都合で訪問を繰り返し、

求められていないのに、プランを提示し、

クロージングを掛け、契約を迫る訳ですから、

その先に、「紹介」なんて言葉は絶対にないですよね?


好きな人がいて、付き合いたいと思ったら、

緻密に戦略を立ててアプローチしませんか?


それが、「売上」が絡むから、おかしくなるんですよね?


しかも、完全紹介営業を実現したことのないマネージャーが、

指導する訳ですから、そこに答えなんてありませんよね?


だから、最終的に「根性論」に行きつくんです。


本当に「完全紹介営業」を実現したいのなら、

「頑張るところ」を変える必要があります。


そもそも、あなたには、「紹介されるだけの魅力」がありますか?

「お客様の問題を解決出来るスキルや知識」がありますか?


自分が紹介に値するような人間にもなっていないのに、

ご契約をお預かりした上に、紹介を迫るなんて、

そもそも、おこがましくないですか?恥ずかしくないですか?


「紹介」は、「お客様の担当者自慢」であることを忘れてはいけません。


だからこそ、「紹介に値する人」になるために、

我々は、日々努力する必要があるんです。


「頑張るところ」が定まれば、必ずお客様には伝わります。

そして、紹介の「無限連鎖」が訪れます。


10人会って、一人が契約になるか?

3人会って、3人全員が契約になるか?


あなたは、どちらの道を歩みたいですか?


一生お客様を追い求める(嫌がらせの)営業活動を続けますか?


営業活動は、年々効率が良くなっていき、楽になっていくべきです。


その余った時間で、新たな挑戦を繰り返し、

時として、ボランティアなど社会貢献を通じ、

人として、さらに深みを増していくんです。


偉そうに書きましたが、私も転職当初は、

お客様を追い求め、「もらう紹介」を繰り返してきました。


お客様の時間にも敬意を払わず、自分勝手な商談を繰り返していました。


だから、全く売れなかった・・・


でも、こんな営業活動は、、自分が望んでいる形ではないと真剣に考え、

「考え方」と「頑張るところ」を変えました。


結果として、営業人生が180度変わり、

今となっては、テルアポすらしていません。


お客様のご縁だけで、完全紹介営業が実現しています。


保険業界の常識と世間一般の常識とには、

かなりのズレがあります。


そのことに気付くことが、

もしかしたら、一番の近道かも知れませんね?


一生、楽しく出来る営業活動は、必ず存在します。


私の周りには、そんな尊敬出来る営業マンがたくさんいます。



世の中とのズレ・・・

皆様は、どう思われますか?



こちらは毎日更新しています↓

どさんこ営業マンくりりんの奮闘営業日記<第2章>



 今日の問いかけ

「保険業界の常識を一度疑ってみませんか?」







最終更新日  2019年08月06日 11時37分53秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.