359338 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

sewing log

PR

Profile


ナツ +

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

2011.08.12
XML
カテゴリ:冷えとりの話

こちら、冷えとりを始めて最初に買った靴下。



これに先丸Lを混ぜて、8枚だったか9枚だったか買いました。

7枚以上履くと効果がすごいらしいってことでそうしたかったけど、
それでは洗い替えがなくなるので、最初のうちは、
昼は↑の靴下3枚+手持ちのウールのソックス、
夜は↑の3枚+先丸Lを2枚重ねて5枚履いて寝ていました。

すると夜は足指がジンジンして、
「へー!本当にジンジンするんだ~!冷えとりってすごいな~!」と喜んでました。

ほどなくして左足の薬指の爪の際に、赤くて小さいポチっとしたものができました。
痛いような痒いような、霜焼けみたいな感じです。
「ほ~。これがめんげんか~。」なんて感心してましたが、
それは1週間ほどで消えてなくなりました。



そして半年ほど経って、新たに靴下を買い足してからは
昼は6枚、夜は7枚履けるようになって喜んでたんですが。


初めて7枚履いて寝た晩、ジンジンどころではなく、
足指がもげるんじゃないか?!ってほどの激痛に見舞われました。。。

もう痛くて痛くて寝てられない。
痛いんだけど、これが毒だしか~と思うと嬉しいような気持もあって、
あまりに痛くて夜中に目が覚めたときは脱いで枚数を減らしたけど、
寝るときはやっぱり7枚履く。笑
そしてやっぱり痛くて目が覚める。


そんな「あべし!!」な夜を過ごして数日経ったある朝、
目が覚めると、左足の親指にこれまでに感じたことのないほどの激痛が…
その痛みったら、指先が室内履きに「ちょん。」と触れただけで
あぁぁ~!!」と声を出さずにはいられないほどです。

靴下を脱いで見てみると、親指の第一関節から先が真っ赤で、
こんなの見たことない!ってくらいパンッパンに腫れてました。

痛みと腫れで、触れることも曲げることもできない状態で、


こ、、、これが、本当のめんげんか、、、、、。


と愕然とする私に追い打ちをかけるように、
その2~3日後には右足親指も同じ状態になってました。

そしてしばらくすると、爪と、爪に接している皮膚の間に隙間ができて、
そこからイロイロ出てきました。。。
もう、想像し得る、ありとあらゆるモノが全て出てきました。。。


親指は痛いし、変な分泌物は出てくるし、冷えとりなんてやんなきゃよかった!!
と思った時期もあったけど、こうなった以上ここで止めてしまうと
この状態が長引く気がしてそれも嫌だし、こうなりゃ早く出したもん勝ちだ!!
と思いなおして冷えとりを続けました。


イロイロ出てきたあとは痛みは少し和らいだものの、
触れることも曲げることもできない状態は2か月ほど続いたでしょうか?
触っても大丈夫、完全には無理だけど指を曲げることもできる状態になるまでには4か月くらい?
その頃には腫れはずいぶんマシになってたけど、その間もイロイロな分泌は続いていて、
何も出てこなくなるまでには、結局半年以上かかってしまいました。

簡単に書いてるけどこの間は本当に辛くて、
やっと何も出なくなったときは本当に嬉しかったです!

このめんげんの間、親指の爪は全く伸びなかったんだけど、
分泌が止まった頃に新しい爪に生え変わりはじめました。

爪が伸びるのはすごく遅いので、
実はまだ完全には生え変わっていなくて見た目はすごく悪いんだけど、
年中靴下履いてるので人目は気になりません。



これが私に起きた一番激しいめんげんです。

靴下が薄くなったのも親指だし、痛くて長いめんげんが起きたのも親指。
知らないうちに、肝臓に相当な毒を溜めてたんだな・・・


この後はすねが無性に痒くなって、掻いたら血とかが出たくらい。

普段ちょっと掻いたくらいじゃ血なんて出ないので、あーこれもめんげんか。と冷静でした。
痒い箇所がちょっとずつ変わるので掻いた痕が広がっちゃったけど、
この痒い状態は1~2週間くらいで終わって、今は掻いた痕もきれいになりました。
すねとかに出るめんげんは婦人科系が多いらしいですね。



目に見える派手なめんげんは、私の場合これくらいです。

よく、「高熱がバッと出て翌日には下がってスッキリ!」なんて話も聞きますが、
私はもともと平熱が低いからか、熱が出たことはありません。
まだまだ冷えてるのかな?
高熱のめんげんって、ちょっと憧れてたりします。。。



めんげんを体験してみて思うことは、

健康って素晴らしい!! 痛みのない身体って素晴らしい!!ってこと。


せっかく辛い思いをして毒を出したので、
今後はなるべく毒を溜めないようにしなくちゃ!と思います。








Last updated  2011.08.12 23:09:25
[冷えとりの話] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.