359048 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

sewing log

PR

Profile


ナツ +

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

2011.08.14
XML
カテゴリ:冷えとりの話

靴下の重ね履きやシルクの排毒効果、頭寒足熱にめんげん、など
冷えとりで「面白いな。」と思うことはいくつもあったけど、
もうひとつ、「心の冷え」というのがあります。

心の冷えが体の冷えを作る。
そして心の冷えは体の冷えの何倍も悪い。
だからいくら体の毒を出しても、心が冷えていては元の木阿弥だというのです。

心の冷えとはつまり、自分本位の考え方です。
自分さえよければいい、という考えは心を冷やします。
同じように、くよくよ、メソメソ、イライラするのもよくありません。
何かにつけて後ろ向きだったり、否定的なのも心が冷えている証拠です。

ちょっと思い出してみて下さい。
いつも朗らかで明るく優しく誰にでも好かれるような人、近くにいませんか?

きっと一人や二人、思い当たる人がいると思います。

そういう人はきっと、靴下の重ね履きや長々と半身浴をしなくても
自然と冷えとりできてるんじゃないかなと、私は思います。

いくら体の毒を出しても、心が冷えていては元の木阿弥。
ってことは逆に、心が温かければ体の毒は溜まりにくいってことですもんね。




少しでも、冷えとりをしている人や、冷えとりに興味を持っている人の参考になれば、
と思ってこれまで色んな冷えとり話を綴ってきましたが、
ここで話したことは全て私なりの冷えとりであって、これが正解というわけではありません。

特に「これから冷えとりしてみたい!」と思ってる方に言いたいのは、
「この通りにしなければいけない」というわけではないよ、ということです。

「冷えとり」というと「靴下の重ね履き」と思われがちですけど、基本は半身浴ですし、
専用の靴下を買ったり絹のインナーを揃えたりしないと冷えとりできない!
とは思わないでください。

冷えとりで大切なのは、心や体を冷やさないこと。
まずは心穏やかに、明るく楽しく過ごすことを心掛ける、それでいいと思います。

あとは、夏だからってアイスや冷たい飲み物をがぶ飲みしない、とか、
よく噛んで食べる、腹七分目を心掛けて食べ過ぎない、とか、
化繊のインナーは出来るだけ身に付けない、とか、
時間を見つけて20分だけでも半身浴してみる、とか。

これらも立派な冷えとりです!
絹の靴下を買わなくてもできる冷えとりはたくさんあります。
だからまずは、できることからやってみたらいいと思います。

それで、もっと冷えとりしてみたい!と思えたら、
そのときに靴下なりインナーなり買ったらいいと思います。

冷えとりしてみたい。でも、暑くて重ね履きできるか不安。。。
冷えとりに興味はある。だけど、忙しくて半身浴なんてできないし。。。

てな具合に、できない言い訳ばかりスラスラと出てくる人は要注意!
かなり冷えが進んでる可能性大ですよ。








Last updated  2011.08.14 23:09:58
[冷えとりの話] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.