000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

sewing log

PR

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

我が息子 ケンシロウ

2013.02.14
XML

生後11カ月でつかまり立ちを始めた息子ケンシロウ。

高さ45cmほどのローボードがつかまり立ちするのに丁度よいらしく、
この時期の彼の定位置は、だいたいここだった。

テレビ周り

(液晶テレビの型がものすごく古いのはスルーで)




だけどね、テレビが近いのよ。ものすごく。


日中は消してるけど、
どうしてもテレビ様のお力を必要とする時間帯があるのだ。
それは16時から。

子どもを持つ前、ゴールデンタイムと言ったら夜の7時~9時?10時くらい?
今では夕方4時~5時半だ。

チャンネルはもちろんEテレ。
これがないと晩御飯の準備ができません。



そんなわけでこの時間帯はテレビ様のお力をお借りしたい。
しかし、テレビに何か映ると触りたいみたいで、どんどん近づいて行く。

立っちが上手になると、ローボードの上に
色んなものを上げて遊び始めるようになり、
いつか液晶割られるんじゃないか?という不安も出てきた。

テレビ周り




この状況を何とかしようと、
カラーボックスを横にしてローボードの後ろに置き、
その上にテレビを置いた。

そうすることで約50cmほどの距離を確保することに成功。


まだまだ近いんだけど、
それ以前は10cmくらいの距離で見てることもあったので
それに比べたらよしとしよう。

ローボードの奥行き全てがフリースペースとなったので
絵本を何冊広げても余裕で、ここはケンシロウの作業台となった。



うん。我ながらいいアイデアだったな。と自画自賛だったのだが。。。












配置換えしてからしばらく経ち、
いつものように台所から息子の様子を伺うと、「あれ?いない。」



テレビの方へ近づいて行くと、こんなことに。





テレビ周り

えーーーーー!!!!

ローボード、登れるようになってたのね。。。

ここは台所からちょうど死角になるので気付かなかったよ。

しかもなぜに正座?!



一度登れるようになると、何回も登るようになって
私は晩御飯の用意どころじゃなくなった。

下ろしても下ろしても、また軽々と登るのだ。(涙)






そして、テレビでつかまり立ちしてみたり、

テレビ周り





さらに周辺を物色したり、、、

テレビ周り





時には寝そべってみたり。

テレビ周り

何なんですか、そのリラックスした感じは。。。





こんなことも。

テレビ周り

わざわざそこで絵本を読む必要がありますか・・・?







息子のためによりよい環境を作ろうとしたが故に
さらに危険な状況に追い込んだという、何とも皮肉な結果に。


これはいかん!! 何とかせねば!!


しかし、今さら元に戻すのも嫌だし。


で、色々考えた結果、こうなった。










テレビ周り

ちょっと可哀想か?笑


これでローボードには登れないし、テレビとの距離も確保できる。

そして私はまた安心して台所に立てるようになった。



使っているのはこれ。



ずり這いするようになってから2セット買ったけど、
うちではサークルとしては使ってません。

夜間の寝返りが激しくなってきてからはベッドの柵代わりに使ったり、
ベランダへ続く窓に近づけないように配置したり、
ちり箱や扇風機等の触ってほしくないものをこれで囲ったり、、、
といった形で使ってます。


上の写真では3枚をL字にしてソファの足と固定してます。

自由に組み合わせて色んな使い方ができるのでイイです!


ドアがあるといいのに!!という声に応えて
新しいのはドア付きらしいですよ。いいな~



個人的には、
幅が半分のサイズがあるとさらに汎用性がアップしていいのにな~
と思いますが、商品化されませんかね~?








Last updated  2013.02.14 08:38:26


2013.02.09

私は昔から子どもが苦手だ。

苦手と言えば聞こえはいいが、好きか嫌いかと問われれば嫌いな方。
だって子供ってうるさいし、汚いし、我がままだし。

そんな私が出産して母親業が務まるのか?と妊娠中に思う時もあった。
けれども実際に子どもを産んでみて、そんな不安は杞憂に終わった。

初めて見る我が子は、小さくてとっても可愛い。
それに、なんだか動きの一つ一つが一生懸命に見えて、
懸命に生きようとしている彼を守ってやらなきゃ!!と強く思った。

そして、我が子を持ってみると、それまで
「うるさくて汚くて我がまま」としか思えなかったよその子どもの
なんとまあ可愛いこと!!

子供ってみんな可愛いんだね。知らなかったよ。

息子は私に様々なことを気付かせてくれる。



初めて私に笑いかけてくれたときのことは忘れない。

いつもみたいにソファで抱っこしてた とある午後。
眠りから目覚めた息子は口角をキュッと上げて、
少し上目遣いに私を見ながら、
「うー。あうー。」っておしゃべりしてた。

キラッキラに輝く笑顔を向けられて、つられて笑ってしまったけど、
気が付いたら涙が溢れてた。

それまであまり反応のなかった息子に 初めて好意を寄せられたようで。
ずっと片想いだった息子と やっと両想いになれたみたいで。
初めて「お母さん」と認められたような気がして。

「嬉しい」よりも「ありがとう」で胸がいっぱいだった。
こんな気持ちも、息子が生まれるまで知らなかった。



笑ってくれるだけで、ただそこにいてくれるだけで幸せ。
確かにそう思える日々があったのに。



後追いらしきものが始まったのは4ヶ月くらいだったかな。
5、6ヶ月は夜泣きもあって
夫に抱っこを代わってもらっても
こちらに手を伸ばして余計に泣く始末。
何をしても泣きやまない息子と一緒に泣いたこともあった。

7ヶ月くらいからは後追いが一層ひどくなって、
その場を立っただけ、背中を向けただけで
「この世の終わり」みたいに激しく泣いていた息子。
私はもう泣き声を聞くのも嫌で、逃げ出したくてしょうがなかった。

赤ちゃんの頃からベビーカーもバウンサーも
嫌がって乗らない息子を、ひたすら抱っこで。
これが、30代も半ばを超えた膝と腰には相当キツクて。

その上、昼寝はおんぶかおっぱいじゃないと寝ないし、
もちろん 私以外の誰かの添い寝で寝る、なんてことはない。
夜は寝たと思っても、側を離れれば起きて泣く。
夜中も1時間半毎に起きて泣いて、体力的には限界だったのだろう。
近くに頼れる人が誰もいない状況で、精神的にも追い詰められていた。


私は出来た人間ではないので、
まだ一歳にも満たない息子に 心ない言葉を浴びせたこともある。
小突いたり、パチンとしたこともある。

それでも息子は、「お母さんお母さん!」って、
いつも一生懸命に這ってくる。

私より優しくしてくれる人もいるし、
私よりたくさん笑わせてくれる人だっているのに、
姿が見えればすぐに「お母さん!」。

それはとても光栄で幸せなことなのに、
鬱陶しく思えるときも 正直に言うとあった。


だけど今ならわかる。

それは、まだ言葉を離せない息子が
「お母さんがいい!!」「お母さんじゃないと嫌だ!!」って、
全身で「お母さん大好き!!」を訴えていたんだよね。


長い道のりがあって、やっと出会えたお母さんだから、
ずっと一緒にいたいんだよね。
片時も離れたくないんだよね。

気付いてあげられなくてごめんね。

こんなにも好きでいてもらえて、
こんなに素直に「好き」を表現してもらえて、
私は幸せ者だね。


息子は、様々なことを教えてくれる。

私という人間の未熟さを。
子が親を想う心の深さを。
私だけの「小さな恋人」がいる幸福を。

日常の小さな幸せ、喜び、そして痛みも・・・





























幸せの代償

息子は教えてくれた。

こんなに小さな歯と小さな顎でも、噛まれるとすんげぇ痛いってことを。



息子には色んな箇所を、幾度となく噛まれたが、
一番痛くて、一番くっきりと残った傷を、証拠写真として残しておこう。

忘れもしない、昼寝の寝たふり中に、
「ガブーーーッ!!」とやられた傷だ。

「ガブッ!」じゃなくて、「ガブーーーッ!!」っとね。

服の上からじゃなくて、生身をね。

写ってないけど、この傷の下にも別の歯型があるのよ。

この前日にやられたやつがね。










私の愛しい息子。
母さんはあなたに会えてとっても嬉しい。
この世の中に、あなたという存在ほど大切なものはないんだよ。


キラキラ輝く笑顔も、成長の喜びも、
一緒に過ごせる時間も、
何をするにも息子優先で行動しなければならない不自由さも、
寝不足も、腰痛も膝痛も、「ガブーーーッ!!」とやられる痛みも、、、

あなたが与えてくれる全てに感謝します。




だから、これくらいは言わせてね。





ケンシロウてめぇ噛むんじゃねぇよこのヤローぶっ飛ばすゾォこのクソガキャーー!!







Last updated  2013.02.09 16:20:13
2013.01.31

寝かしつけは基本寝たふりをしているのだが、
油断してると噛まれるので、本気で寝入ることはできない。


寝室に入ると豆電球にして授乳。
うとうとしだしたところで真っ暗にして、おやすみを言って寝たふり開始。


電気を消すと、だいたいケンシロウはゴロゴロしながら
気に入ったポジションを探して眠りにつくんだが、
ポジション取りがうまく行かないと、俺と一試合交わすことになる。







まずは構えから。

腹側は噛まれるとチョー痛ぇので、基本の構えはうつ伏せ。
更に噛まれたときに備えてタオルケット(夏だったのでね…)などを巻きつけておく。

ま、これも格闘してる間に部分的にはだけたりして、
生身をガブッとやられることもあるんだが。



奴は、ゴロゴロしながら「ココ!」っという位置が決まらないと、
まずはマウントポジションを取ってくる。

足の方から素早く這い上がりすぐに背中に到達。
そして大抵ここで肩やら脇腹やらを一噛みしようとするので
寝たふりをしつつ、巧みにかわしながら奴を布団に誘導。

かわせなくて噛まれた時は
あまりの痛みに奴を振り落とすこともあるがな。ケケッ



顔周辺のガードが甘いとすぐに髪の毛を引き抜かれるので
タオル等で頭を覆っておくと有効。

夜はそんなことないけど、昼寝のときは顔が見えてると
鼻の穴に指を突っ込んでくることもあるので、
顔も覆っておいた方が安心。

しかし完全に覆ってしまっては、不意の頭突きなどに対応できないので
隙間から様子を伺いつつ。



試合とはいうものの、目潰しあり、鼻フックあり、
噛んだり、髪を掴んだり、顔の上にお座りしたり・・・
と、フェアプレーとは言い難い技ばかりで憎たらしいが、
最後は側にぴったり寄り添って眠りに落ちるのだから、やっぱり可愛い。


寝かしつけ

寄り添う姿は可愛いが、私の格好と寝相はどうよ。


この頃の息子は しばしゴロゴロした後、私の体にくっついたり、
一部、上に乗っかったりして寝ることが多かった。


そして、結構な確率で股の間に挟まって眠るようになった。

寝かしつけ

画像は仰向けですが、基本はうつ伏せよ。



てゆーか、こんなのアップしていいんスかね?

写真は全て野郎の抜き打ちなので、演出とか一切なしなんだけど、
アタシ、、、女として完全に終わってるよね?

こんなマヌケな写真を公開して、アタシはアホか?

いや、この姿を見る限りは、
「アホちゃいまんねん。パーでんねん!」とでも言ってそうだな。




ま、俺の寝相も褒められたもんじゃないが
ケンシロウの寝相もとっても悪くて、
「本当に寝てるの?!」と疑いたくなるほどよく動くので、
朝まで股の間にいることはないけどね。





股の間もどうかと思ったが、
そのまま上に動いて尻を枕に眠ることもあった。

それも一度や二度じゃないよ!

寝かしつけ


ゴロゴロしたり背中に乗っかったりして、結局そこに落ち着くのかよ!!





むう。

ケンシロウ、
お前が敢えてそこを寝床に選ぶと言うのなら、許そうではないか。





だがな。


お前が選んだ以上、寝屁をこいても俺は謝らんぞ。








Last updated  2013.01.31 21:55:27
2013.01.26

ベビーサイン、聞いたことはあるけどどんな感じなのかな?
と思って本を借りて読んだ。

ちょっと古いけどこちら。



改訂版はこれみたいです。




この本には実際の赤ちゃんとのサインを使った会話が載ってて、
「へ~!お手てでこんなにお話しできたらすごいな~。」と思って
私もやってみた。

といっても、たくさんのサインを覚えるのは大変そうだし
そこまでしなくてもいいかな、という思いもあり、
とりあえず教えてくれたら便利そう、っつーことで
「おっぱい」「ごはん」「お茶」の3つから始めることに。


私がサインを使いだしたのは8カ月のとき。

赤ちゃんに話しかけるときにサインを見せながら話すと
2か月くらいで赤ちゃんからサインを返すようになるとあったが、
2か月ほどたっても一向にサインを返す気配はなく、
私もうっかり忘れたり…と、おざなりになっていった。

「おっぱい」のサインだけは時々やってたかな。

すると、おっぱい飲んでるときに
お手てをグーパー(←おっぱいのサイン)するように!



でも、おっぱい欲しいときにサインを出して欲しいんだけど、
そういうときはしないんだよね。

私が「おっぱいいるのかな?」と言ってサインを見せると嬉しそうにするので
意味はわかってると思うんだけど。

そのうちおっぱいが欲しいときは、襟ぐりをグイグイ引っ張って覗きこんだり
服を捲ろうとしたりするようになったので、
ま、こんなもんか。と思って私がサインを使うこともなくなっていった。



そしてある日、ケンシロウは1歳をすぎてすぐだったと思うが、
椅子に座ってる私のところへハイハイでやってきて
膝につかまり立ちするので「抱っこかな?」と思ったら
私をまっすぐに見て、手をグーパーしたんだよー!!


チョー可愛い!!!!


もう~そんなんやられたら出さないわけにはいかんやろ~!!
みたいな。



一時期、一日4~5回まで減った授乳回数が、執着がでてきたのか
一歳前から新生児並み、いや、それ以上か?!っていうくらいに増えて

いい加減にしてくれー!!もう嫌じゃーー!!

なんて、正直思ってたのでした。

だって、1時間に3~4回要求されることもあって、
さっき飲んだじゃ~ん!!て、お断りするとギャン泣きするわ・・・
で、ちょっぴりうんざり。


そんな時にサインを出されたもんだから「はいどうぞ~♪」って
ポロリしちゃったね。

グーパーするケンシロウはめちゃくちゃ可愛かったね。

少なくとも襟ぐりをグイグイ引っ張られるよりかは
「はいどうぞ♪」って言いたくなるね。









Last updated  2013.01.26 11:09:19
2013.01.25

8月末に無事、満一歳の誕生日を迎えた息子ケンシロウ(仮名)。

一歳



11か月につかまり立ちを始めてから噛み癖が落ち着いてホッとしたのも束の間、
1歳を過ぎると噛み癖復活!!

てゆーか、さらにひどくなった?! なんでだよっ!!


ここで、「個人的に噛まれて痛い体の部位 ベスト3」発表~。


第3位! 二の腕の内側

第2位! 内腿

そして堂々の第1位は~・・・ 下腹!!


ヒィ~!!想像しただけで痛いけど、噛まれるともっと痛いよ!!
噛まれてみたい人はケンシロウ貸し出します。(嘘)


しかしこれが不思議なもんで、誰でも噛まれるわけじゃあないんだな。
一番被害にあってるのは当然私ら夫婦で。
初対面の人とか、あまり親しくない人とか、
久しぶりに会ったじいちゃんばあちゃんとか、噛まないのよ。

じいちゃんばあちゃんに限っては2~3日経って慣れてくると
噛まれることもあったので、これも一種の愛情表現か?
マーキング?!

どうせなら痛くない表現の仕方の方が嬉しいんだがな。。。






そして高這いが上手になって、積極的に高這いするようになった。
1歳になったばかりの頃は、普段は高這いだけど急ぐときはずり這い。

不格好にずり這いする姿は、それはそれは愛らしかったけど、
高這いも可愛いねぇ~。

膝を使って弾むように進む姿は、まるでポニーだな。笑

ええ、ええ。親ばかですとも。



1歳1か月くらいになるとずり這いはしなくなって、高速高這いも可能に。





この頃よく出た言葉は、
「あっば。」「はっぱ。」「あった。」「あっでゅ~?」

1歳前くらいから、あっば。はっぱ。を連呼するようになり、
1歳を過ぎてからは色んなものを指さしては「あったあった!」と喜ぶ。

おそらく、「あった」という意味ではないと思うんだが・・・どうなんだろ?

そして「あっでゅ~?あっでゅ~?」言ってる時期もあったな。
これも指さしながら言うことが多い。

そのうち「あっでゅ~?」が「あってゃ~?」とか「あってぃ~?」とかになったので
「あっち」って言ってるのかな?

えーー??そんな言葉知ってるの?子どもにわかるのかな~?
ていうかやっぱり天才かな??





天才かどうかはさておき、ケンシロウ1歳の誕生日プレゼント、
記念すべき最初のプレゼントはこちらに。



実物を見てとっても可愛かったので。
しかも、手作りってとこが素敵じゃない!
私は革を扱うのは初めてだったけど、レシピ付きで初心者でも簡単にできましたよ。

サイズが12cmしかないのがたまにキズですが・・・


まー大丈夫でしょう~と思ってたけど、
うちの子、初めの一歩が出たのは1歳2カ月のとき。

歩くのが遅くなればなるほど、足もでかくなるわけで。

楽観虚しく、サイズアウト。

何回か履かせたことはあるけれど、実際にこれを履いて歩く姿が見たかったな~
でもいいの。飾っとくだけでも可愛いから♪


小柄なベビちゃんや歩き始めの早い子には特にオススメ。
おしゃれで可愛いです。
あ、でも歩くための機能的な靴ではないので、ちゃんとした靴は他に用意してくださいね。

本当は結婚式に出席するのにこの靴を履かせたかったんだけど、
踵が入りませんでした。ううぅ。


ちなみに~、結婚式にはこちらを着て行きました。



品の良いチビッ子紳士の出来上がり!!

品質もとっても良くて、特にベストは高級感があります。
これでこのお値段とは驚き!!
大きいサイズもあるので、発表会なんかにもぴったりかと。

ま、こういう服は子どもにとっては動きにくいけれどね。



着画です!
ケンシロウ英国紳士風~(写真は1歳2カ月)

一歳

カッコイイぜ、ケンシロウ!!








Last updated  2013.01.25 14:35:19
2013.01.24

余裕のあるときにまとめてアーーップ!!

というわけで、本日2回目、今月に入ってからは4回目の更新。

これで今年の目標「月1更新」は難なくクリア。
ふははははーー。いい一年になりそうだわい。






さてさて、今回も振り返り日記。



息子ケンシロウは絵本が大好き。

ねんねの時期は読んであげると興味津々に絵を眺めたりにっこり笑ったり。

体が動かせるようになると背表紙を噛んだり、ページをちぎったり、投げたり・・・




そんな感じだったけど生後10カ月くらいから上手にめくるようになった。

絵本

お座りしてめくったり、



絵本

寝そべってめくったり。


いつの間にこんなことができるようになったのか、とっても上手にめくります。


↑で息子が見ているのがこちら。




写真のように見開きの片方に絵が、
片方に名前が書いてあってわかりやすいのか、
息子、かなり気に入りました。

図書館でたまたま借りた本だけど、あまりに食い付きがいいので
3冊セットを1歳の誕生日にじーばーに買ってもらいました。




3冊セットの「2」にピーマンのページがあるんだけど、
ケンシロウ、なぜかピーマンを見て大興奮。

いつも絵本をめくってピーマンを見つけては、



バッバーーバッババッバーー!!(←声のデカさは健在)


と、雄叫び。


不思議なことに、いつも同じ声の調子で言うのよね。

「ピーマンあったどー!」って教えてるのかしら?








Last updated  2013.01.24 12:18:34

11か月になってから(やっと!)つかまり立ちするようになった!

たっち1

写真は前に作ったサルエルパンツ
このパンツはずりばいでも可愛いな~と思ってたけど
立ち姿も可愛いくて満足。



で、つかまり立ちを始めたケンシロウは
すぐに立ちたがるし登りたがるので、ますます目が離せない。
行動範囲も上へ広がったので、部屋の中の色んなものも上へと避難。

つかまり立ちを始めてしばらくすると、伝い歩きもするようになった。

つかまり立ちの時期はしょっちゅう尻もちついたり頭打ったりするんだろうな…
と心配してたけど、これがなかなか倒れない。


立ちあがったものの降りれない時は、私が近くにいれば指をさして
「助けろ。」と指図する。

たっち2



近くにいなければ、「エヘエヘッ。」っと軽く泣いて呼び寄せる術を
身に付けおった。

たっち3



賢いのぅ~。


賢いけど、やっぱりケンシロウは慎重派だな。
ビビりかな。笑



2~3週間たつと、立っちから尻もちをついて降りれるようになった。

たっち4


まもなく、スクワットできるほどの脚力を身につけ、
自分で立ったり座ったりできるようになったよ。

子どもって逞しいなぁ~。






そしてこの頃から、やたらと指をさしまくるようになった。

「お前こっち来い。」だの、「あっちに連れてけ。」だの、
「あれを取ってこい。」、「そいつをよこせ。」と、ありとあらゆる事を



ゆぅびさき ひぃとぉつぅでえぇ~ 指図さぁ~~♪♪



あ、今の部分はクリスタルキングの「愛を取り戻せ」に嵌め込んで歌ってネ!
(ようするに北斗の拳の主題歌ネ!)





そして自分の要求が通らないと「ん~~~!!!」と唸る。
自己主張もはっきりするようになってますます扱いが難しくなってきた。






さらに色んなことを覚えて、なかなかの芸達者ぶりを披露する。

この時期できるようになったのは、「バイバイ」、「パチパチ」、
「いただきます・ごちそうさま」、
「ぽんぽこぽん」と言うと両手で胸のあたりをポンポンと叩く。




そして、じいちゃん、ばあちゃん、お父さん、お母さんがわかる!
「お父さんは?」と聞くとお父さんの方を向いてニタ~ッと笑うんだよー







チクショー!! ケンシロウコンチクショー!!




お前、、、可愛すぎるだろーーー!!!!









Last updated  2013.01.24 11:49:09
2013.01.21

振り返り日記第一弾!



息子ケンシロウが9~10ヶ月のとき、ふりふりするのが流行った。



ふりふり1

ヨーグルトに付いてる砂糖をふりふり。





ふりふり2

ガラガラをふりふり。




ふりふり3

何も持たなくてもふりふり。







10ヶ月のある日、私が他の子たちに「バイバ~イ。」と言って手を振ると
ケンシロウも「バイバイ」したーーー!!


今まで車や飛行機に向かって腕をぶんぶん振ることはあったけど、
人に向かってバイバイしたのは初めてで感動~!!

う~ん、やっぱりお前は天才じゃ~!!ワシの子じゃ~!!






前は何か物を持つときは両手でしっかり握ったまま
手首をくねくねして観察してたんだけど。

9ヶ月くらいから器用に片方の手ずつ放して持って放して持って・・・
と繰り返し、手の中で上手に回転させるようになった。

小さいものも大きなものも、持てるものは何でも回す。
顔は真剣そのもの。

きっとシナプスがいっぱい繋がってるんだろうなぁ~。






そしてそして、オムツを替えるときに 「オムツ替えるよ~。コロンして!」
と言うと、自ら仰向けにコロン!としてくれるのだ!!



萌え~~~!!



やっぱりお前は天才じゃー!!ワシの子じゃー!!




寝返り上級者期は全然寝ころんでくれなくて
お尻にうんちをつけたまま寝返りして脱出!なんてこともあったけど、
この時期はそんな苦労が嘘みたいに、進んでコロン!してくれて感動!!

ま、つかまり立ちが始まって立ってる時間が長くなると
なかなかコロンしてくれなくなったけどね。。


うん。よかよか。

だってコロン!してくれなくても最高に可愛いもん。


ワシの子じゃーーー!!








Last updated  2013.01.21 11:09:12
2012.07.17

ソーイング記事を予告しておきながら、また親バカ日記。笑



生後10ヶ月(よーやく実月齢に追いついた)にして、奇声復活。

というか、パワーアップ。

8ヶ月の頃は耳を突きさすようなキーキー声だったけど、
10ヶ月になると奇声のバリエーションも増えて、
カン高い雄叫びのようなものや唸るような声も出すように。

だけど、メインは「絶叫スクリーム系」。

顔を真っ赤にして、身震いしながら声を絞り出すんですが・・・




もしかして、欲求不満なんでしょうか・・・?




そして、これは10ヶ月以前からだったけど、とにかく噛みたがる。


鎖骨かじり虫と化したケンシロウにより、ケガ人続出。

小さな歯型をあちこちに残すことを使命とでも思っているのだろうか。

私は、噛まれそうになったら服だけを噛ませて体はかわしたり、
指とか腕とかを口に持って行かれる前に、
さりげなくかわせるようになったが、
思い切りガブリとやられて出血までした夫。ぷっ。ニブイな。



生後10ヶ月になってもずりばいのケンシロウ。
高這いも、つかまり立ちもしない。

10ヶ月検診で、「軽度の運動発達遅滞」と指摘されたが、
全く気にしてない。

首すわりも4ヶ月頃だったし、
寝返りだって毎日のように転がるようになったのは7ヶ月だったし、
全体的に発達は遅い方だと思うが、それでいい。
今までどおりマイペースでゆっくり成長したらいい。

早く成長することで得られるものもあるだろうけど、
そうじゃないことが良くない事だとは全く思わない。

あんまり早く成長されても切ないしな。笑


ただし、ずりばいでやって来た息子を抱き上げたときに
服とか腕とかゴミだらけになっているのを目の当たりにすると、
早く歩かないかな…、とか思ったりする。

掃除したらいいじゃん!と思った方、ごもっとも。





最近好きな遊びは、おもちゃを自分で投げて
それをずりばいで取りに行ってまた投げる、を繰り返すこと。

一人で遊べるなんて賢いじゃないかー!!天才!!

ちなみに、我が家のおもちゃと言ったら、軟膏の空容器とか、
ペットボトルとか、タッパーのフタとか、しゃもじとかです。


まあ、同じような事して遊ぶワンちゃんもいるけどね。



ワンちゃんと言えば、前回遠吠えすると言ったけど、

遠吠えは最近しなくなったけど、

息子、ベロを出して犬みたいに「ハァハァ」言うんですけど。。。



本当に、犬みたいな「ハァハァ」なんです。。。



もしかして、憑いてる・・・?








Last updated  2012.07.17 14:51:53
2012.07.16

腹の中の9ヶ月、腹の外の9ヶ月とはよく言ったもので、
生後9ヶ月になるくらいから、あまり手がかからなくなってきた。

手がかからないわけじゃないけど、
それまでがかかりすぎだったので、そう感じた。


理由はズバリ、ずりばいが始まったから。

行きたい所に行けるようになり、世界が広がったからだろう。
あちこち這い回り、色んなものを見て、触って、舐めて、かじって・・・
と大忙しだ。

行動範囲が広がり、何でも触りたがるので目が離せないが、
抱っこ・おんぶが少し減り、一人遊びをするようになったので

家事がはかどるようになって、楽になったわ~♪

と思ったのも束の間、2週間ほど経つとまた抱っこ抱っこになった。。。



なんでだーー?!と考えてみたけど、

家の中、飽きた・・・?

狭いから、探検しつくした・・・?




耳鳴りするほど発していた奇声は8ヶ月がピークだったらしく
9ヶ月になるとあまりキーキー言わなくなった。

代わりに始まったのが、「遠吠え」。

「犬か?!」と突っ込まずにはいられないほど、
犬そっくりの遠吠えをするんですけど。。。



最初は不器用に始まったずりばいも、日を追うごとに上手になってきた。
笑顔で私のもとに這って来ては、足元に絡みついて足をバタバタさせる。

私は犬は飼ったことがないけど、
きっと愛犬ってこんな感じなんだろうな、と思った。

足をバタバタさせるのが、犬がしっぽ振ってるように見えるよ。。。





マグマグのストローも上手に使って麦茶だって飲める。

ストローでお茶をぐびぐび飲む 口元や頬っぺたは超カワイイのだ♪♪

9か月-1

ストローをくわえるときに 鼻じわ寄せるのも可愛い♪♪♪




9か月-2

笑ったときにチラリと見える前歯すら可愛い。

チクショー!!とにかく可愛いぜケンシロウこんちくしょー!!



あーー、嫁に出したくないなー。

あ、もらう方か。

どっちにしても、他の女にくれてやりたくないなー





最近、ただの親バカ丸出しブログになってますけど、
実はいくつか縫いましてよ。

近々アップ予定です。期待しないで待ってて。








Last updated  2012.07.16 12:03:49

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.