357444 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

sewing log

PR

全10件 (10件中 1-10件目)

1

ボトムス

2011.06.05
XML
カテゴリ:ボトムス

リネンのギャザーパンツが着まわしやすくて重宝するので、
何作ろうか持て余してたウールツイードで、冬用をもう一本作った。


ギャザーパンツ3-1

紐とか通すのは面倒臭いのでウエストはゴムのみ。
それでは前後がわかりにくいので左側のゴム通し口付近にタグを付けた。


薄手で柔らかい生地なので、150cmの生地幅を目一杯つかって
ギャザーたっぷりに仕上げた。

どれくらいたっぷりかと言うと、これくらい。

ギャザーパンツ3-2

上はシルク混ウールのギャザーパンツ。裾幅42cm。
下が今回のウールツイード。裾幅64cm。




ここまでギャザーたっぷりだと、見た目は完全にスカートです。

ギャザーパンツ3-3

地味で暗い冬の装いでごめんなさいね。



この生地、ウールだけあって薄手で軽いのにとっても暖かい。
だけど裾の方、少し透け感があるので見た目に寒々しいかと思い、裏を付けた。

ギャザーパンツ3-4

すると先ほどまでの軽さはどこへやら、さすがに重みを感じる。
ま、しょうがないか。


だけども、たっぷりのギャザーが空気を含んでとても暖かいんですよ。
ま、6月に入ってまで言うことじゃないですがね。







ギャザーパンツ3-3

見た目はスカート。



ギャザーパンツ3-5

でも、パンツなんです。








Last updated  2011.06.05 11:48:45


2011.05.28
カテゴリ:ボトムス
更新ストップ前に作っていたものが何点かあります。

まとめてアップしようか?とも思ったんだけど、
これは、俺様による俺様のためのオレオレ作品録。

着画だってすでに撮ってたし、まとめてアップするとすぐにネタが尽きるので
やっぱり1点ずつアップじゃー!

というわけで、まずはこちら。
起毛ヒッコリーのパンツです。

ヒッコリーパンツ1


パターンはこちらから。



いたって普通のストレートだけど、かなりデカイです。
ずどーーん。って感じ。

写真は水洗い前なので余計にそう感じるけど、一回洗ったら結構落ち着いた。
でもやっぱり太めのパンツです。
今度からちゃんと水洗い後に写真撮ろうっと。


何だか映りが悪いけど、参考までにサイドとバックの写真もどうぞ。

ヒッコリーパンツ2


生地は鎌倉スワニーの起毛ヒッコリー。
しっかりしてるのに柔らかくてお気に入り。
起毛といってもほんの少しなので一年中使えそう。
しかも150cm幅で、たしか500円/mというお財布にもやさしい生地です。

2m買ってあるので、

パンツの他にワークスカート作っても、まだバッグとか作れそうだな。ウヘヘヘ

とか思っていたのに。

最初に使った型紙では腰がパツパツで、履けるかどうか怪しい感じに。



ええ。

写真のパンツはね、2本目なの。

1本目失敗しちゃったの。

ちなみに失敗した型紙はこちらから。



「ニット用なら当たり前~♪」 ってアルシンドに言われそうだけど、
メンズLサイズならいけると思ったのよ!

だけどダメだった。私が甘かったわ。


しかも、一回目の裁断で1m以上使ったもんだから丈が足りないのよ!!

しょうがないので、ウエストはリブに。

ヒッコリーパンツ3


後ろはそれでも足りないので、失敗パンツから生地を少々拝借して、

ヒッコリーパンツ4

ヨークを付けた。



何がパンツにスカートにバッグだ!
結局150cm × 2m使ってパンツ一本しか作れなかった俺。
ああ、久々にラオウの怒号が聞こえる。

甘いわ、ケンシロウ!! って。





そして、落武者のような残骸になり下がった一本目。

ヒッコリーパンツ5

色褪せた畳と差し込む西日が、切なさを増幅させます。。。

すまぬ。成仏してくれい。








Last updated  2011.05.28 11:56:37
2011.03.04
カテゴリ:ボトムス

ギャザーパンツを作りました。

ギャザーパンツ2-1

暗くて何が何やらな画像ですが、以前作ったものとほぼ同形です。

生地はWildberryのシルク混ウールデニム。

色も素敵だし、光沢があって高級感のある生地です。
画像ではそれが全く伝わってないであろうことが残念。

普通のイージーパンツでも作ろうかと思って買っておいた生地だけど
デニムのわりにくったりしてるのでギャザーパンツに。


これを作るまではリネンのを履いて中にいっぱい重ね着してたけど、
やっぱりウールは温かいですねー
もっと早く作ればよかったな~

シルク混で冷えとり的にもマルです。


ギャザーパンツ2-2

つまんない写真でごめんなさいね~










ここ数日、寒の戻りで寒い日が続きますね。

そんな寒い日でも、鬼裏毛のチュニックの上に
鬼裏毛のパーカ着てたらぬくぬくでした。

鬼の二段重ね。相当あったかいです。


そうですね。
例えて言うなら、ライガとフウガの二神風雷拳って感じでしょうか。


え?

ライガとフウガを知らないって?

いやだな~、“鬼の哭く街 カサンドラ”の双子の衛士じゃないですか。


え?

二神風雷拳がわからないって?

二身一体、同じ血、同じ筋肉、同じ感性を持つ者のみが修得可能の拳ですよ。
ライガとフウガはこの拳法の使い手なんです。


ええ?!

そんな注釈いらないって??

それは失礼仕りました。



で、前述の鬼裏毛のチュニック。

この生地、かなり分厚くてそのままでも結構な重さなんだけど、
当たり前だけど水に濡れると すんげえ重くなります。

で、洗濯してさ、
普通に肩にハンガー通して干してたら、、、、、重みで伸びたーーー!!

10cmほど。

こんな感じに。


伸びた。

ギリギリワンピース丈って感じ?

これならジャガードスパッツとも合わせられます。


このスパッツはミニ丈と合わせても、いやらしくならないからお気に入り。
スキニー感覚で履けます。

スパッツも重ね履き。
着画では、中に絹綿二重構造のスパッツを履いてます。

ジャガードスパッツ、洗濯を繰り返して縮んだのか、着脱しずらくなってきた。

もう少しゆとりを持たせてまた作ろうかな~



次はこんなのがいいな~。春だのぉ~。










Last updated  2011.03.04 19:41:35
2011.01.26
カテゴリ:ボトムス
今更ながら、明けましておめでとうございます。


年末を締めることもできず、
年始のご挨拶は1月も終わろうかという本日26日。

こんな私ですが、
今年ものらりくらりと更新していきたいと思っておりますので
どうぞよろしくお願いいたします。




2011年最初の更新ということで、目標なんか言ってみたりして。


今年の目標はズバリ、布山の標高を海抜0mに!!


・・・目標は高いほどいいって、誰かが言ってたような気がするので。




それじゃ~早速いってみよ~~

去年作ってまだアップしていないものをまとめてご紹介!

と言っても、ウエストゴムの簡単パンツ3本ですがね。

そして3本とも、グレーで地味ですがね。



まずはこちら。
ウールスムースのインナーパンツ。

パンツ1

ギャザーパンツの下は、冬はうにくろのニットパンツを履いてたんだが、
うにくろのやつはゴムが太くて頑丈で、
インナーにするにはちょいとごつすぎる。

しかもポケットまで付いてて、

「ルームパンツとしては、このお値段で優秀」

となるんだろうけど、インナーとしては腰回りがもたつくので、
常々、これの代役を作ろうと思っていたわけであります。


それから私はボーダー好きなので、
うにくろパンツはいつもボーダーを買ってしまいます。

なので、「もしかしてボーダーが透けてる?」という疑念も捨てきれず。


かくして代役は出来ました。

ゴム幅2cm、ポケットなし、紐なし、無地。

満足なり。(いや、ゴムはもっと細くてもよかったけど手持ちの問題でむにゃむにゃ)



裾は切り替えではなくて、ちょいと丈が足りなかったので継ぎ足したの。あは

ちなみに、この生地は切りっぱでもほつれないので
縫い代の始末はしていません。


生地はお気に入りのこれね。


すぼらなオイラにぴったりんこです。



ちなみに、ゴムは20mm幅のを1反持ってます。

私が持ってるのとはちょっと違うけど、私が買った時(おととし?)より
ゴムの色も幅も色々選べて充実してます。


1反買いは最初の出費が嵩むけど、中途半端な残りゴムが出ないので使いやすいです。
これでパンツやスカートをもう何本作ったかな?
残メーター減ってきたけど、まだまだ。

ウエストゴムものをたくさん作る人にはオススメですよ。




続きまして、実家用。

嵩張るフリースをめいっぱい使ってパンツ2本作りました。

パンツ2

以前ハーフパンツを作ったら、目印付けたにも関わらず
「どっちが前かわからん」との苦情を頂いた。

チロルテープを挟んだくらいじゃ前も後ろもわからないという父用には
一目で前が分かるように、切り替えポケットを。

パンツ3

スノウジャガードは、ポケット布が取れるほど大きなハギレは残ってないので、
実は見えているところだけです。


母用にはいつものパターンで。
ウエスト布がウールスムースで切り替えてあるのは用尺が足りなかったから。

ポケットいらない派の母用は、前も後ろもポケットなし。
やっぱりそれじゃわかりにくいので、後ろウエスト位置にタグを付けた。


生地・パターンはこちら。






メンズLサイズ、レディースMサイズでフリース2m使い切り。

はぁ~~~スッキリ!!


残る大物は、鬼裏毛(×2)とボアだな。


おっしゃー!!

やつらも春が来る前にやっつけてやるぜー!!








Last updated  2011.01.26 17:22:52
2010.09.11
カテゴリ:ボトムス

夏祭り第一弾は、はらまきキュロットです。

キュロット1

パターンはAntique Rose さん。今は型紙ショップもされてます。

パーツは3つだけなのでリハビリにはもってこい。
あっという間に仕上がります。


今回はタックでもプリーツでもなく、ギャザーにしました。
夏用なので、はらまきではなくリブ仕様に。


キュロット2

ふんわりな形が可愛いです♪

丈は前回と同じくらい。
夏用だしスパッツと合わせて履くならこのくらいの方が合わせやすいかな、と。


生地はスルくたリネン。リブは布の店ブーケのベタリブです。





続きまして・・・

タンクトップ作りました。

デズニー1

ブラなしでも着れるように内側にカップを縫いつけました。
ミッキーとミニーはアクリル絵の具で手描き。
ここに、わたくしナツ + とデズニーの夢のコラボレーションが実現しました。


デズニー2

挟みタグのネズミ影絵も自作の消しハンで。

デズニー3

ネズミ影絵の裏側も、あくまで自作の消しハンで文字をスタンプ。





・・・。

わたくし、ブラトップの愛用者です。
今年は柄物が色々出てて、その中から見つけました。
手持ちのものはタンクやキャミばかりなので
このくらいの長さのが一枚あってもいいか、と思って。


それにしても、三十路女がデズニーランド内にいるわけでもないのに
ミッキー&ミニーのタンクトップ、、、
おまけに悪目立ちはしないもののラインストーンまで付いてる、、、


これはおそらく、二十歳前後のお嬢さんをターゲットにした商品ではないか・・・

と思いつつも、

まあ、これ一枚で出歩くわけじゃないし、
羽織りものの間からチラッと覗く程度なら世間様も許して下さるだろう。

と、いい方に考えて買ってみた。990円だったし。
そしたら、長めのタンクトップって感じで合わせやすくてこの夏は重宝してます。


三十路女はこう着る!

ストライプの爽やかベストと。

デズニー風 

三十路女が精一杯のデズニーちっくなポーズでセルフ撮影。
切なさ、伝わりますか?


相変わらず床と同化して見にくいけど、ブーツと合わせて足元だけでも秋らしく、、、

このお気に入りのブーツ、今年の夏は暑すぎてとうとう出番なし。。。
これからじゃんじゃん履くわよ~~!!
とりあえず日中の気温が30℃を下回るまで待つ!







さて、当ブログでは“自分服夏祭り” 始まったばかりですが、
巷ではさっそく冬物が出回り始めましたね。



これ、可愛え~
この見本のリュックがまた可愛え~



これも。可愛え~・・・
今年のジャガードニットはカラフルですね。


誘惑に打ち勝て、俺!!








Last updated  2010.09.11 22:14:11
2010.08.09
カテゴリ:ボトムス

「いつまでもあると思うな親と金」キャンペーン、好評開催中です!!

キャンペーン第三弾はこちら!!

ペチコート1

ダブルガーゼのペチコート、長めのや~つ(ハライチ風に)。

リネンのスカートは一枚で履くと透けが気になる、というお年頃な母用です。


よく、薄手のスカートの裏についてるナイロンの裏地は、
この季節は汗で張り付いて不快ですよね。
その点、ダブルガーゼは通気性も肌触りも抜群なので
一枚もっておくと重宝すると思います。
簡単にできるし。


今回は後ろスリットにしました。
両脇にスリットを入れたほうが何かと便利かな、と思いつつも
余計な裁断、縫製を回避すべく、生地幅そのままを筒状に縫って
下を縫い残してスリットに。

やっぱりちょっとギャザーが多い気がするけど、今回はこれで。


使用した生地はこちら。


このダブルガーゼは薄手でふんわりさらさら。
肌触りがとってもよくてお気に入りです。
薄手なのでボトムスには向きませんが、ふんわりしたブラウスや
ペチコート・ペチパンツにはもってこいの生地だと思います。


って、アフィリ張るために久々に見に行ったらほとんど売り切れになってますね、、、
しかも新色がこんなに・・・!!

なんてこと!!

無地のダブルガーゼが欲しくなったらここのを買おうって思ってたのになぁ~
もう再入荷しないのかなぁ、、、

何回洗濯機で回しても、
くっしゃくしゃの皺ができないところも気に入ってたのになぁ、、、残念。



残念といえば、これも。

ペチコート2

アタシってもしかして・・・・不器用???(いまさら)








Last updated  2010.08.09 18:01:14
2010.08.03
カテゴリ:ボトムス

最近すっかり出展のないパープル消費キャンペーン、絶賛開催中です!!



・・・ですが、今月また帰省の予定があるので、
頼まれていたものや、「この生地は私には地味すぎるでしょ…」とか、
届いてガッカリだった生地、買ってはみたものの使い道がない生地などなどを
まとめて作って持って行こうと思います。


名付けて、

「いつまでもあると思うな親と金」キャンペーン、同時開催です!!




第一弾はこちら。

イージーパンツ1

リネンのイージーパンツ ~オランダ風~ です。

実際の色は写真よりもう少し暗くていいお色でしたよ。



以前、同じパターンでネルチェックの七分丈パンツを作ってあげて、
そのパンツより「+8cmで」とのご要望だったので、
型紙を指定の箇所で折って、バッサリと裁断。






え?! 縫い代は???





・・・・。

あーやだやだ。

しょうがないので縫い代分を新たに裁断して継ぎ足す。



あと何回、こんな事を繰り返せば 上手に裁断できるようになりますか?





そして股上を縫い合わせるときに、片方のパンツを外表に縫い合わせていることに気が付く。



・・・実は、よくやるんですよね。

表裏の区別があまりないような生地でパンツを縫うとき、
覚えているだけでもこれまでに3回はやったことあります。



成長してないじゃん。


てゆーか、前科があるので縫う前にちゃんと確認したのにな。。。

確認したのになぜまた同じ過ちを犯す?

そもそも、何をどう確認したからGOサイン出したのか?

もう自分で自分が信用なりません。




そして縫い目をほどく。



ひたすらほどく。



根気よく、ほどく。







あと何回、こんな事を繰り返せば 最初から最後までミスなく仕上げることができますか?





間違い箇所をほどく作業ほど切ないものはないので、
これからは声出し点検でもするかな。


合い印よし!!



表裏よし!!



俺、ツヨシ!!





…ってね。ケケッ


地デジの準備、済んでますか?







長々と失敗談ばかり綴っておりますが、このパンツ、

なんてことはない、至ってシンプルな、極フツーのイージーパンツです。



では、表題の ~オランダ風~ とは一体どういうことなのか?



それは、ポケットを見れば一目瞭然。

イージーパンツ2

トリコロールのチロルを挟み、
持ってることを最近思い出した、フランス文字のスタンプをポンッ。




それって・・・・



~おフランス風~ なんじゃないの?!



と、思いましたか?



ノンノン。



よ~くご覧下さいまし。



わかる人にはわかります。



わからない人は、フランスとオランダの国旗の違いをぜひ調べてみてくださいね。





母ちゃん、詰めの甘いアタシでごめん!

いやそれ以上に、教養のないアタシでごめん、、、





   








Last updated  2010.08.03 15:58:39
2010.04.22
カテゴリ:ボトムス

はらまきキュロット作りました。

型紙はAntique Roseさん。

Antique Roseさんは、自分が着たい服を作れるように、と
忙しいなか洋裁学校に通われ、製図を勉強されたすごい方です。

年齢を理由にしちゃいけないけど、
大人になってから何か新しいことを始めるのってすごく大変ですよね?

Antique Roseさんは新しいことにチャレンジされたり、
目標を持ってそれに向かって努力されてて、本当に尊敬します。

いつもやっつけな私が友達面してご紹介させていただくのも気が引けますが、
ブログも素敵なのでぜひぜひ見てみてください。
素敵ハンドメイド満載です!


そんなAntique Rose さんのパターン、はらまきキュロットがこちら。

はらまきキュロット1

タックとプリーツが作れる仕様になっていて、私はタックで作りました。
プリーツのように見えますが、タックです。


タックで作りたかったのでそうしたんですが、出来上がってみると
生地のせいか少し広がりすぎるような、、、


しっかりした生地なので、こういう生地の場合はたぶん、プリーツの方がよかったんだろうな。


またひとつ、大人になりました。



かといって、全行程を終えたばかりのものを、
またほどいて一からやり直せるほどの立派な大人ではないので
アイロンで折ってプリーツ風に。



ええ、アイロン当てただけのなんちゃってプリーツです。



でも、これがあった方が やっぱり着たときにすっきり見えるような。

ステッチを入れてるわけじゃないので、時間がたつとタックに戻っちゃいますが。

まあ、そのうち生地もこなれて落ち着いてくれるんじゃないか、と期待してます。




型紙はミニ丈で、好みに応じて裾を伸ばして作るんですが、
「+15cmで膝丈」 ということだったので、とりあえず+15cmで作ってみました。

すると、

はらまきキュロット2

やっぱりミニ丈でした。
この年でいいんだろうか、、、?

私には15cmでは足りなかったみたい、、、
相変わらず計算のできない大人です。

あ、ヘンな靴下履いてるのは見逃してください。



今思いついたんですが、裾は三つ折りじゃなくて
2つ折りで仕上げるとすっきりしたのかなーとか思います。
デニムの場合、三つ折りだとちょっとごろつくのかもしれません。

例えて言うなら、制服のスカートを短くしたいんだけど、
裾をほどくのが面倒で そのまま折って上げたらスカートがシャキーン!となった。みたいな。


わかりにくいですか。

学生時代、そんな感じの残念なスカート履いた女子がいませんでしたか?

それは置いといて。

リネンやダブルガーゼで作るとふんわりして可愛いんじゃないかな~?と思います。
そういえば、Antique Rose さんの着画も起毛リネンだったな。
次は柔らかい生地で作ってみたいです。


ニットを扱うようになってまだ日が浅いので、
初めてのウエストリブだったのだけど、これいいですねー!!

お腹まわりにぴたっとフィットして暖かいし楽ちん。
クセになりそうです。


リブに使用したのは、Antique Roseさん推薦のこちら。




生地はWildberryのシルク混ウールデニム。
高級感のある生地で、シルクも入ってるので冷えとり的にもマル。
ウールといってもケバケバしたウールではないので、オールシーズンいけそうな生地です。

まだ残ってるので今度は長いパンツを作る予定だけど、それはもう秋の仕事にします、、、。


簡単、可愛いパターンの販売についてはAntique Rose さんにお問い合わせくださいね。
着画もAntique Rose さんの方が数百倍素敵なのでぜひチェックを!




















メインの記事はこれで終わりです。

ここからは辛い話になるので、「そんな話聞きたくないわ」って方はご遠慮ください。

すごく長くなってしまったので、「そんな時間ないわ」 って方もご遠慮ください。












実は、裏話がありまして。

このキュロット、本当はワークシャツの残りで作りたかったんです。


fabric bird のシャギー起毛という名前だったと思います。
すっごく欲しかったけど我慢してたら、シーズン終わりにセールになったんで

私が買うのを待ってたのね?! これは運命?!

と、速効で4m買いました。
これで旦那さんにシャツを、残りで自分にも何か作ろうと思って。



新着で登場したときから一目惚れだった布。

何を作ろうか決めきれずに1年半ほど温めておいた布。

何度か使おうか迷ったけれど、お気に入りすぎてハサミを入れられなかった布。


それが・・・



まさかの裁断ミス。



この生地は上下で折っても柄が対称にならないので1枚ずつ裁断してたんだけど
同じ面で2枚取ってしまったために、
右パンツと左パンツが表裏逆になるように裁断してしまったのです。



えーーーーーーーーー!!!!!



ガクッ・・・

だが、気を落とすのはまだ早い。
あとパンツ1枚取れるくらいは余ってる。今度は慎重に・・・慎重に・・・


と、柄あわせの目印にしていたラインを合わせて再び慎重に裁断。


で、裁断済みのパンツと合わせてみると、今度は柄の流れが逆~!!



おーまいがっ!!!








なんでだ、、、



なんでだ、、、、、、、、










なんでーーーーー?!?!?!













つまり、こういうことです。


一回目はこう。(キュロット風に形作って撮ってみた)
残骸1

わかります?
向かって左が表。起毛しています。
右が裏。起毛してないので色柄がくっきり。


そして二回目はこう。
残骸2

白いラインは合ってるけど、青と黄色が逆。


そして残りの布。
残骸3


レイの仕業じゃないですよ?
私がやったんです。
シャオゥ なんて言ってません!

もうね、凹みました。
大事に温めておいた布を バランバランに切り裂いただけだなんて。



2m弱あった布を、わざわざ50cm×4にするアホがいますか?

私ですけども。

パジャマでも何でもいいから、何か作っとけばよかった。。。



また大きさが中途半端で、どうしたらいいんでしょう?

わたくし、小物は苦手です。
コースターかスタイくらいしか思いつかないんですが・・・
どっちにしても 起毛生地なのでこれから出番はなさそうです。



1年半かけて 布山から下りてきたお気に入りは、変わり果てた姿になって 山へ帰っていきました。





さようなら、シャギー起毛。


形にできなくて、ごめんね。


さようなら。そして、ありがとう!!(何が?)




悔しいので、シャツと合わせてみた。

はらまきキュロット3

うん。まあ、これはこれで。



黄色のチェックよりもデニムの方が長く着れそうだし、
結果的には こっちで作ってよかったのかな、、、


だからって、やっぱり4つに分けることないと思いますがね。


はぁ~・・・








Last updated  2010.04.22 17:09:05
2010.04.02
カテゴリ:ボトムス
一昨年、初めて見たときから

か、かわいい、、、欲しい、、、

と思っていたこれ。



ニットは難しそうだし、母から譲り受けた年代物のミシンはなんか調子悪いし、
私にニットは無理。
そう思って購入には至りませんでした。

が、昨年、ミシンも新調したことだし、今年はニットも縫うで~!!!
と勢いあまって3色も買ってしまっていたのでした。

本当は、化繊の混紡率の高いものはあまり着たくないんだけど
これは柄の可愛さに負けてしまった、、、。


で、まずはミラニーズブルーでスパッツを。

スノウジャガードスパッツ1

腰回りはウールスムースで切り替えたのであったかです。

  ジャガードニットをケチっただけじゃないか!

という指摘も甘んじて受けましょう。


これを作る前に、まず、こちらの生地(切り替え部に使ったもの)で

スパッツを作ってみました。
型紙は前回と同じ、ソーイングpoche´e(vol.6)のアラン模様のやつ。
とりあえず型紙通りに作ったら生地のせいかちょっと小さめ。
横はともかく、長さはひざ下10cmってところ。

スパッツはゆる~く履きたいし、このジャガードニットは
ウールスムースよりもさらに伸びない感じだったので
幅を広げて、裾もうんと長くして、ついでに股上も深くしました。
ウールのスパッツは、履くときちょっと前後がわかりにくかったので
今度は前印にタグも付けました。

スノウジャガードスパッツ2

Pres-deさんのリアル動物タグです。


出来上がったものは、

、、、いくらなんでも長すぎやしないか?!

と、不安になるくらい長くなったけど、
履いてみるといい感じにくしゅくしゅっとなって
これまた満足です。

桜も満開ですが、、、冬の装いです。

ジャガードスパッツ着画



これって既製品もあるんですね。  
かなりいいお値段ついてますけど、、、


ウールのスパッツも、インナーのつもりで作ったので
寸足らずのまま履いてますけどウールだけあってとっても暖かいです!
ちょっとチクチクするけど、
私はシルクのスパッツの上に履くので問題ないです。

なかなか市販のものでウールのスパッツって売ってないし
あってもけっこうなお値段するので、1,5m819円というお値段は
ニット初心者にはとってもありがたいです。
失敗したときの懐の痛み具合が大きく違いますしね、、、。

生地もとっても縫いやすくて、初めてニットを縫う人でも
家庭用ミシンで問題なく縫えると思いますよ。




着画で履いているのはマンモス。(チョコ×オートミール)
オフシーズンに入るからか、かなりお安くなっていますね。
 



シルクのスパッツはこれ履いてます。









Last updated  2010.04.02 13:23:15
2010.03.30
カテゴリ:ボトムス

ギャザーキュロット

今回も過去の作品より。
作ったのはたしか昨年の初夏だったと思います。


  ←こういうリネンのパンツが欲しくて作ったのですけど、
これは今年のモデルなのかな?
私が参考にした昨年のものとは少しデザインが違いますけど
形やサイズ感など、ほぼ同じだと思います。

ソーイングpoche´e(vol.6)のギャザーパンツを原型として丈を長く、
裾幅もpritのみたいに43cmになるように前後パンツの幅を出しました。
ベルト布は省略して、ヨークにゴム通し部分を作ってゴム仕様に。
(これで原型よりもヨーク幅が狭くなっています)
ウエスト紐も共布で作りました。

、、、と、こんな感じだったかと。



本当はこれ →  で作りたかったんだけど
ボリュームたっぷりにしたかったんで110cm巾だと用尺がハンパないので、、、
Pres-deさんのヨーロッパリネン・ソフト加工で。

広幅なので2m使って少し余りました。
広幅ラブです。
こちらのリネンはタンブラーワッシャーより少し薄手で
くったりと柔らかい感じで肌触りもよく、洋服作りにオススメです。

ベルト裏布に使った生地はストロベリーコットンで買いました。
パープルの小花がツボで特に用途も決めずに2mくらい買ったと思うんだけど
今のところ、使ったのはこのベルト裏部分だけです。

購入してそろそろ2年になるかと思いますが、何か?


ストロベリーコットンさんでは今は取り扱っていないようですね。
これ↓です。




で、出来栄えとしては、自分ではなかなかなんじゃないかと、、、。
ほぼ思い描いていたとおりにできたので満足です。

色も形もけっこう合わせやすくて年中活躍してます。


着画です。 春バージョンと秋冬バージョンでどうぞ。

resized0002.jpg  resized0001.jpg



右と左で、何か違いがわかりますでしょうか?


「上に合わせているものが違う。」

もちろんそれもそうなんですが。

「露光が微妙に違う。」

それは、、、すいません。

「ギャザーキュロットが、何か違う、、、?」


そう思った方、ビンカンです。
実は、キュロットの中に着ている枚数が違います。


冬にリネンなんて! 寒々しい!
そう思われる方もいるかもしれません。
しかしながらこのキュロット、
かなりワイドなんで中にスパッツやら何やら履き放題なんです。
というわけで、この冬も本当に大活躍でした。

ちなみに写真左は、中にスパッツ3枚(薄くてゆる~いやつですよ)。
右はスパッツ3枚の上に、ユニクロのルームパンツ(七分丈)履いています。


こんな風に書くと、ぎょっとされるかもしれませんね。
私は、ゆる~いですが冷えとりしてるのでこの枚数はけっこう普通です。

比べると、右の方が少しふっくらしてますかね。腰回りが。
でもシルエットとか、意外と違和感ないんじゃないかと思います。

きっと、上の写真を見ただけで

「あーこの人はキュロットの下にスパッツ3枚と綿パンツ履いてるね。」

と、見破った方はいないと思います。


文字だけ見るとかなり違和感あるかもしれないけど、
これだけ下に履いてると、真冬の空の下でも
心配ないさ~~~
って、小躍りしてしまいそうなほど寒さを感じませんよ。

冷えとりさんも、そうでない方も、
ギャザーキュロット下の重ね着、ぜひ試してみてください。
あたたかいですよ。



ストライプも可愛いですね。 → 








Last updated  2010.04.07 11:13:26

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.