375591 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

東京ワンダーランド

2010.03.06
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

DSC01459.JPG 

DSC01462.JPG 

1945年8月30日
コーンパイプを口にくわえた
長身のマッカーサー元帥がさっそうと
厚木の飛行場に
降り立ち、
日本の米軍による占領統治が始まりました。

本部は皇居お濠端の第一生命ビルに置かれました。
早速周辺のおもだった建物が接収され、
米軍以外の立ち入りは禁じられ、
PXと名付けられた店は米軍相手に
商売を始めました。
(銀座あたりの将校や軍の高官相手の
食堂など、その許可があれば日本人でも
出入りできたそうです。)

銀座の四丁目の服部時計店はその
象徴的存在でした。

戦後間もないそのころ
東京は辺り一面焼け野原で
物不足、貧困にあえいでいた
日本人にとって
新橋の闇市などに
出回るようになった
米軍の放出品が
豊かさのシンボルのように
うつってみえました。
(その頃の日本の子供たちが
 覚えた最初の英語が
ギブミーチョコレート
進駐軍の米兵さんにそういって
手を差し出すと夢のような
チョコレートをもらえたというはなしは有名です。)

それら豊かでかっこいい品々を
もたらしてくれるアメリカに対して
いつしか私たち日本人は
憧れのまなざしを送るようになります。

彼らが日本にやってきた主たる目的は
日本の軍国主義の排除と民主化の徹底でした。
特に民主化のさまざまな政策が日本のすみずみまで
浸透するようになると
マッカーサーを日本の救世主として
好意的な目で見る人々が多くなってきます。

しかし、ここ第一生命ビルにGHQの本部が置かれていた
1945年から1951年までの間は
日本はGHQの占領下におかれ、
その指示と命令によって
日本の政治経済は動かされていました。

やっと日本の独立を取りもどすこと
ができたのが1952年の4月28日
サンフランシスコ平和条約が締結して
からです。

このときにはじめて
第一生命ビルに掲げられていた
星条旗が日の丸の国旗に変わりました。

ですから
4月28日は日本にとって真の独立記念日
すなわち終戦を迎えることができた
日ともいわれます。







最終更新日  2010.03.06 20:46:46
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.