2010.03.06

日比谷公園から日比谷濠

カテゴリ:カテゴリ未分類

DSC01455.JPG 

日比谷公園大噴水

DSC01460.JPG 

DSC01464.JPG 

DSC01465.JPG 

日比谷濠 

 

有楽町や東京駅から歩いても十数分以内で
 たどり着いてしまうという
  
  都心のど真ん中といってもよい位置に
   こんなに素晴らしい自然があるなんて!
      あらためて感動の余韻が残ります。

  このエリアは 
 鹿鳴館、帝国ホテルは日比谷公園に面しているし

 帝国劇場やこれから紹介するかつてGHQ(アメリカ進駐軍)
 の本部が置かれていた第一生命ビルはこの日比谷濠に面しています。
 
 こうした
 日本の近現代史を動かし、新しい文化をつくりあげてきた
 エキサイテングな舞台がすぐ目の前にあるので
 
 ここで演じられてきた歴史ドラマの
 いくつもの重要なシーンをぜひ頭に思い浮かべながら
 このあたりを散策してみましょう

まずは日比谷公園のなかをしばらく
そぞろ歩いて、晴海通りを渡ると
目の前に日比谷濠の水辺の風景が
ゆったりと広がっているのが
視界に飛び込んできます。

このお濠端の自然の中に
浸っているうちに
いつのまにかドラマはクライマックスから大団円
を迎え
静かな幕引きとなります。

大団円とは丸く収まる終局のことですが、たとえ悲劇的な結末であって

もこの美しい風景の中にすべてが溶け込んでしまいます。
そしてしみじみとした余韻にひたっている
自分だけがそこにいるなんて
 
ほかではとてもじゃないけど
できない貴重な体験がここでは
できるんです。 

ぜひためしてみてください。


 
 
    






TWITTER

最終更新日  2010.03.13 09:31:21
コメント(0) | コメントを書く