090336 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

往還句集・黒姫三四郎のブログ

全261件 (261件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 27 >

カテゴリ未分類

2015.07.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
遠藤は勝ったが照ノ富士は負け、あとは関係ないので今日も荒川河川敷散歩。

土手にハトが群れて、切り払われた稗の実を啄ばんでいる。

ハト80.JPG
数える、3回、85羽。
数える必要が無かった、8(八)10(トオ)で80。
ハト80羽。

何かいる、何かに?

蟹.JPG
蟹、一匹。

川岸にクルミの幼木が育って林の様。

クルミ.JPG
歩きながら数えると90幾つか?
何だ、これも数える必要が無かった、クルミすなわち9(ク)る3(ミ)、93本。

橋がある。

橋.JPG
数えやすい!2脚。

おお、カヌーだ!

カヌー.JPG
1、2、3、4、、、10、10艇。

急に雨が降って来て急ぎ足、走る、無駄、びしょ濡れ。

濡れて戻れば雨は止んで、西日に虹!

虹.JPG
綺麗、久しぶり、しかも2本。

シャワーを浴びて体重を測ると

体重.JPG


着替え、万歩計を見ると、

万歩計.JPG

必殺数え人、測り男でした、以上。







最終更新日  2015.07.19 02:38:31
コメント(20) | コメントを書く


2015.07.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
<昔々、栃木県(下野国)と茨城県(常陸国)の県境の峠に盗賊が住んでいました。金品を狙っては盗むばかりか、命までも奪いました。一人娘はうすうす感ずいて、止めるために旅人を装いました。知らぬ盗賊の父親はこれ幸いと、娘とは知らずに、旅人を殺してしまいました。父親は、反省して娘の冥福を祈り、お堂を建立して、朝な夕なに祈りました。朝日が当たるお堂を「朝日堂」夕日が当たるお堂を「夕日堂」といます。小さな6畳から8畳くらいのお堂です。県境の峠は「仏の山峠」といい、今も盗賊に会った被害者の遺骨はどこかに、埋められているそうです。峠にはいわれの説明が無い、大きな大きな地蔵尊が祠に入って鎮座していました。>(朝日堂 夕日堂の資料より)

或いは
<仏の山峠に1軒の茶店があり、お仙という娘がいた。お仙は峠に出る追剥が父親であることに気づき、止めさせようと、旅人を装って峠に向かい、父親の手にかかって死んでしまった。
父親は、犯した罪を悔い、娘の冥福を祈るため、朝日堂と夕日堂を建立した。>(同上)

故郷の隣町(茂木町)の伝説・民話だが、朝日堂も夕日堂も毎日朝日夕日を浴びて今に伝わっている。読売。

imgae387f43zik4zj.jpg
茂木町小貫の沢の西側にけなげに立つは朝日堂。(同上)

戸田市の今朝の朝日。

朝焼け.JPG

そして荒川河川敷の夕日堂・ビニールハウス。

夕日堂.JPG

荒川河川敷の美しい夕日。

夕焼け.JPG














最終更新日  2015.07.16 00:09:48
コメント(8) | コメントを書く
2015.07.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
近所のショッピングモールに大根とリンゴを買いに出たついでに、休憩スペースの椅子で隠れキリシタンビールを敢行した。
キリシタンは冗談だが冗談じゃない、苦い、苦かった、苦いだけ。

ビール.JPG

それまで日本酒とウイスキーしか飲んだことが無かった19歳の冬、ビール1本無理して飲んで吐いた時と同じくらい苦くて美味しくない、嘘の様。
どうしちゃったんだろう、1日500を5~6缶飲んで、実に美味しかった先月までが、あれは幻?

帰り道、アベリアが満開、甘い香りを振りまいていた。

アベリア.JPG

あんなに甘く美味しかったビールに裏切られた衝撃。
19日ぶりで、死ぬほど美味しいと思って抱いたビールに、痛い!とか言われてしまった、どうしよう?

吸い寄せられるように例の柿の木の下へ言ってみた。
予想以上、全然実が付いていない。
昨年一昨年と3000個の実を付けた柿の木が、今年は多分200個以下、100個もあるかどうか。

柿.JPG

葉が落ちればはっきりするが一昨々年は確か200個弱だった、オレのビールは何処へ行ってしまったのか。
27日に検査の結果が出る。
そうすれば今後の方針もビールの味も決まる。

そうか!分かった!
休憩所の紙コップで飲んだから苦くて不味かったんだ、よし、ちょっとこれから下に降りて1本試しに買って来て、得意の「磨き屋シンジケート」のマグカップで再度挑戦、隠れキリシタンビール、いざ!






最終更新日  2015.07.14 04:01:28
コメント(14) | コメントを書く
2015.07.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
夕方の散歩はめったにしない。
昨日は遠藤と照ノ富士の相撲を見たら、残りの汚い相撲を見るのが嫌になって、荒川河川敷へ。

散歩の顔ぶれも歩き方も違う、朝と夕方って面白い。

草もきちんと棲み分けが出来ていて、シロツメクサとアカツメクサは混じり合うことはない。

シロツメクサ.JPG

境界の花、とても綺麗。

夕方なのでヒルガオは全て閉じていて、明日咲く準備のつぼみが実に初々しい。

ヒルガオ.JPG

オオバコとヘラオオバコも棲み分け。

オオバコ.JPG
ヘラオオバコ.JPG

一人草原に立つ孤独男が、夕焼けの空にドローンの緑の電飾と気味の悪い音を目立たせて喜んでいた。
真ん中の小さな黒点がドローン。(見えにくい!)

ドローン.JPG

撮影直後に、多分燃料切れで、落下、ガシャ~ンと衝撃音。

孤独男は落下物の脇まで歩いていって、散歩中に倒れた子犬を見るように、ずっとじっと見つめている。
あたりはどんどん暗くなるのに、男は男をじっと見ている。
動かないドローンの青白い電飾だけが、真っ暗な草原に点滅している。






最終更新日  2015.07.13 09:08:50
コメント(12) | コメントを書く
2015.07.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
早朝久しぶりに土手に出動、何日ぶりだろう、晴れ。
早速ですが、これは何ですか?

西蕃モロコシ.JPG

奥は埼京線下り列車と戸田橋。
水は当然荒川、河口から25キロ付近。
花の咲き始めのイネ科の植物は何でしょう?
図鑑無しでは同定率、多分1%、100人に一人。
オギとかススキじゃないですからね。

次。
河川敷を歩くこと30分、これだな。

あかばな.JPG

クローバーの花ではないですからね。
これも多分同定率1%。

そして。

ガラス片.JPG

これは残念、ガラス花。
土手の石段に散乱、拾ってお持ち帰り。






最終更新日  2015.07.11 00:26:12
コメント(15) | コメントを書く
2015.07.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
冷たい雨の降る中、都内に出かけた。
乗り換えが鬱陶しいので埼京線とか早いルートは避けて、上野でメトロ銀座線、揺られ揺られて青山一丁目。
通り道、旧乃木邸、ビルの谷間に時が止まった様なたたずまい。
乃木邸の小さな家庭菜園では、今でも大根を栽培している。

乃木邸.JPG

馬鈴薯のうす紫の花に降る
雨を思へり
都の雨に  (啄木)

用事を済ませて再度銀座線、上野で降りて少し歩く。
アメ横入口に続く横断歩道にも、シトシトと雨降りしきる。

アメ横.JPG

それまで持って上げていた重い荷物を渡すと、この横断歩道をほろ酔いで渡って夜の人ごみに消えて行った遠い日のあの人を思う。

明治も昭和も、雨に打たれて泣いていた。

平成って軽いよな、へ~そお~、みたいな。
もう25年も経っている。

今さっき「堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ」が、国民への指示ではなくご自分へのお言葉だと「戦後70年にして初めて知った」と深い感慨を漏らされているブログを読んだ。

色んな読み間違いがあるよな。
「ほぼ日」で一時「読みまつがい」と言うのが面白かったけど、まだやってるんだろうか、糸井重里も雑貨屋のおやじみたいになっちまって。

もう15日も、要するに半月もお酒を飲んでいない、すごく変な感覚。
今日、近所の一通を逆走した、ほんの数mだけど。
びっくりしてバックで出たが、焼き鳥屋のおやじがビックリ目玉で私の運転を見てたっけ。

あさぼらけ 波間に低く ウミウ行く ウッ!






最終更新日  2015.07.09 01:33:26
コメント(6) | コメントを書く
2015.07.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
入院している間に、ゴボウ茶が無くなってしまった。
病院でも一日あて一包ずつ使って節約したのだが、切れた。
で、製造します。

ゴボウ茶.JPG

ゴボウ5本、頑張るぞっと。

ピーラーで、削ってけずって削って、いやくたびれました、笊に大盛り2杯。

ごぼちゃ.JPG

梅雨入り、大雨、従って天日乾燥は全然むり。
で、フライパンで温めて少しずつ水分を飛ばして、焦がさないように気を付けて2~3時間。

次いで小分けして熱して炒って1~2時間、出来上がり。

フライパン.JPG

これで半分、多分約20包分。
今日はこれでおしまい、残りは天日干しして夜露に当てて熟成、もう一日天日干ししてフライパンでじっくり炒って、絶品ゴボウ茶の完成。

楽しい。






最終更新日  2015.07.04 23:10:32
コメント(13) | コメントを書く
2015.07.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
退院に当たって 御礼とお願い


rblog-20150701063915-00.jpg
大変お世話になりました。
年内にもまたお世話になるかと思います。
よろしくお願い致します。






最終更新日  2015.07.01 06:39:16
コメント(19) | コメントを書く
2015.06.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
病棟の端まで4人部屋14室。
5F4F左右2棟
個室8 計232床 フル回転50~60人待ち

rblog-20150630211216-00.jpg
殆どが4日〜一週間で退院 自宅静養
一ヶ月後再入院 追加治療システム。

私の場合、明日退院 一週間後CT検査
半月後 経過観察か追加治療かの選択

これで7年間で4回目の手術入院が一応終わった。
見通しとしては、半年に一度の手術入院で行ける所まで、と言う感じです。

ご心配掛けた皆さん 申し訳ありませんでした。また ありがとうございました。
早速体調を整えて、前にも増してボランティア活動 特にアロマハンドマッサージに精進致します。






最終更新日  2015.06.30 21:12:17
コメント(14) | コメントを書く
2015.06.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
入院5日目 やっと腕の針が抜けた。
食事はまだ三分粥で、おかずは豆腐とかムースとかヨーグルトだけど、一応自分の内臓で生き始めた実感がある。
食べ物を、噛むことも無いのだが、良く噛んで飲み込んだ瞬間に、休んでいた胃腸がキュルキュルと音を立てて活動し始める。
4人部屋なのでお三方のいびきが凄い。
9時消灯と同時にガーゴークシャクシャ それは大変。
眠くなるまで「ラジルー」を聴きながらロビーの雑誌など眺めて過ごそう。
酒の無い夜は長い。
むかーし昔、与作がポカンと口を開けて空を眺めていると、神様のながーい長いながーい長いながーい長いながーい長いながーい長いながーい長い 褌が下りて来たそうな。
rblog-20150628222905-00.jpg






最終更新日  2015.06.28 22:29:06
コメント(11) | コメントを書く

全261件 (261件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 27 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.