897070 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぬこまとillust自由帳(´・ω・`)

2007.11.20
XML
テーマ:アニメ!!(3801)
カテゴリ:★電脳コイル
〔電脳コイル〕24話〔メガネを捨てる子供たち〕。あ、OPの一番最初の絵がマンホールだ。今頃、気付いたよ。

ずっと気になっていたヤサコの金沢時代のイジメ疑惑について、話が動き出しそうです。そしてこの件がstoryを解く鍵と成りそうです。

この〔電脳コイル〕が始まって直ぐの4話で、下駄箱前でのイサコとヤサコの会話。〔あなた、前の学校でトラブルを起こしたんじゃない?イジメ?〕。凄く印象的なシーンでした。てっきり、ノスタルジック溢れる子供の世界の〔ホノボノ〕としたstoryが始まるのだと思っていたので。其れがいきなり殺伐として来たなぁと感じた事を、思い出しました。

そしてこの〔ホノボノ〕ムードとはそぐわないこの言葉が暗示していた通り、storyはどんどん新展開・超展開の連続で、ここ数話は心が苦しくて、涙無しには見ることが出来ない程でした。

ヤサコは目を覚ましましたが、現実は過酷な儘です。ずっと静かな流れでstoryは進みます。この静けさは、ヤサコの〔喪失感〕から来るもの。大人なら、こう云う〔喪失感〕を少なからず味わった事が有る人、居るんじゃ無いのかな。余りに大きな出来事に遭遇した時、思考が停止し、現実感が無くなり、浮遊感に包まれる事って、本当に有るのですよ。経験した事の有る人じゃないと判らないかもしれませんね。心が壊れない様に出来た感情のシステムなのでしょうね、これって。其れが進むと〔解離性障害〕とか〔離人症〕とかに成って仕舞うんですよね。

世の中に有る人間の感情についての〔詩的な表現〕や〔小説的な表現〕って、本当に有るんだなと、経験して初めて理解すると云う事が有りますよね。例えば経験の少ない10代の時には軽く見流していた小説の中での感情表現が、小説家がデフォルメで作った創作では無くて、現実に有るんだと云う事に、経験してみて初めて判ると云うか。イサコが意識不明でデンスケが消えたと云う非常事態なのに、ヤサコのこの静かな感じに〔違和感〕を覚えた人も居るんじゃないのかな。けれど、この静けさの感覚、凄く判るなぁ、私。この作者、本当に大人な人だなぁと、少し思ってみたり。

ヤサコの母がきちんと子供の事を見ていた事が、救いだなと思いました。良いお母さん、本当に。抱きしめて経験を話し〔戻ってきなさい〕と。〔触れられるものだけが本物〕だと。子供にとって親の真剣な言葉や心って、直ぐには判らなくても、きちんと通じるのですよ。

猫目がカンナの件を引き起こした犯人だった様です。其の事への後悔の無い姿に、正直、怒りを覚えました。けれど彼にとって〔目的〕を達成する為にはそんな事は〔些細な事〕なのでしょう。〔些細な事〕と思い込みたいのでしょう。けれど、タケルにとっては後ろめたい、心が痛い出来事の様です。だって、タケルにとっては其の〔目的〕を達成する事よりも、兄と一緒に居たい、其れだけなのかもしれません。

イサコが…痛々しい…。

ヤサコは胸の痛さを〔偽物〕だと思おうとしています。だって〔手で触れられないものはまやかし〕なのだもの、と。母の云う〔触れられるものだけが本物〕、これも真実。けれど〔手で触れられないこの痛み〕、これも真実

こうやって子供は少しづつ大人になっていくのかな。ヤサコが自分の痛みに正面から立ち向かう姿に、何て云うのかな、感心して仕舞いました。大人だって自身の心と正面から向き合う事が難しい時が有るのだもの。ヤサコの真摯な姿に、彼女の強さを感じました。流石、主人公。…そして、皆が〔金沢〕に引き寄せられる様に出発しました。物語が収束して来ていますね。

〔いじめていたのは、あなたじゃない〕。最後にまた、爆弾。

------------------------------
絵の話。今週はやっぱりデンスケ&ヤサコだと思って。またタッチを変えてみた。所謂〔美少女ゲー〕の〔パソ塗り風〕にしてみた。アニメ塗り風に塗り分けをした後に、いかにもパソコン絵風のエアブラシでグラデを付ける。これをもっと詳細に塗り分けをしたら、よく有る感じの絵になる訳ですよ。まぁ自分のテイストじゃないからね、これ。でも自分ぽさを入れる為に髪の毛を描いてみる。へへ。

先週は11/16のイサコの絵、これも雰囲気が出ていて良かったと思っている。この塗り方はいつもの塗り方です。

其の前は11/2の猫目とタケルの絵。アニメ塗りです。どちらも好きだけれど、髪の毛を1本1本描くのが好きだから、アニメ塗りはちょっとアレなんですよねぇ。

------------------------------
今週頭のメンテでのシステム改変で、酷い目に遭っています。最低。酷く落ち込んでいます。私は基本がトラックバッカー(←何だ其の言葉)なので、日記&絵を描いた後はTBを沢山送ります。TBを送る為に送信ボタンを押す度に、記事がテーマ内に重複投稿されて仕舞います(今は直ったのかな?)。重複投稿されると云う事は、他の方の記事がどんどん消えて仕舞うと云う事です。進みの速い〔テーマ〕なら良いのですが、進みの遅くてマッタリとしている所の場合は、酷く皆様にご迷惑を掛ける事に成って仕舞います。酷く肩身が狭いです。其れにコメント数が表示されている事も良かったのに、無くなりました。コメントした先でレスを頂いたのを確認してから、再度窺う事が出来たからです。また、このblogもコメントが多い記事が有ると皆様から見て頂けたりしてしたので、殆んど宣伝活動をしていない私としては、とても有り難かったのです。はぁ。如何しようかな。このままだと…。とりあえずタグを入れてみましたが…。
---2007.11.20. 18:16 up ---






Last updated  2007.11.27 19:35:06
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.