000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぬこまとillust自由帳(´・ω・`)

2007.11.27
XML
テーマ:アニメ!!(3801)
カテゴリ:★電脳コイル
…言葉が出ない。〔電脳コイル〕25話〔金沢市はざま交差点〕。

この期に及んで新事実。次回で最終回なのに。

ヤサコのイジメ疑惑が本当の事だと判りました。結構ショックです、彼女のそう云う面を見るのは。イジメへの関わり方って色々有ると思うのですが、きっかけを作る人、実際に行動する人、傍観する人、無関心…、何にしろされた側にとってはとても辛いことだろうなと思います。多分、人が3人以上集まれば自然とグループが出来、イジメは発生するんだろうなぁ、どんなに人類が発展したとしても

〔優しいふりして、でも困った時には助けてくれなかった〕。何だか自分が云われている様な気がしました。私はいつも誰にでも優しく接する様に心がけているけれど、人へは踏み込んでいかないタイプなので、何だかこの言葉には、正直胸を突かれました。例えば、上のイジメに関して云えば、傍観者や無関心も、加害者の一種なのですよ。私は人には意地悪をしない、其れは絶対だと思っていますが、傍観者や無関心には成っているかもしれない、いや、過去を振り返っても其の立ち居地が殆んど。ああ、何て事を考えさせるんだろう、この作品は。

ハラケンもタマコも、猫目もタケル(猫目弟)も、金沢入り。コマは全て揃ったのでしょうか。いや、多分未だ。最終回で全てが揃うのでしょうね。

〔この旧式がぁぁぁっ!!!〕。ひぃぃ、これ何てロボットアニメ?

猫目が完全に悪役です。復讐の為、世界中のイマーゴの子供を意識不明にしてメガマスに罪を着せ〔意趣返し〕をする事が目的だそうです。凄く憎いよ、猫目の事。その為にカンナがイサコがタマコがハラケンが、どんな目に遭ったと思っているんだ、お前。けれど…猫目を見ていて正直痛々しかったのも事実。この人も周りが全然見えていない。弟が如何して手伝っていたのか、自分の目的の為に多くの人がどんな思いをしたのか、全然判っていないのです。そして目的を果たした後に残る自分の気持ちの事も、多分判っていないのでしょうね。〔意趣返し〕自体を否定する心算はありません。何か酷い事をされズタズタに成った人の心なんて、他人には簡単に推し量れませんよ。〔仇を討っても何も残らないよ〕なんて、ありきたりの言葉を掛けられませんよ。けれど、怨みに突き動かされ行動する事で、新たに傷つけられる人が増えていくなんて、なんて〔負の連鎖〕

〔コントロールを奪った、もみ消しをお願いします〕猫目には他にもまだ協力者が。若しかして。

もの凄い迫力の攻防戦。爆発の凄まじさ。まるで戦争。これが電脳空間での事とは思えません。作画も凄い。初めの頃の〔イサコ vs ダイチ達の黒客戦〕や〔イサコvsタマコ戦〕を思い出しました。ヤサコをそっと傍らに置いて、タマが文字通り〔特攻〕。自爆。タマァァァァッT_T... こんなプロダクトデザインのタマに、気持ちを添わせる事が出来るなんて、凄い存在感。

イサコとヤサコとの間には、昔からの縁が有った様です。矢張りヤサコのオジジが関係しているみたいですね。全ては其の時から始まったのでしょう。オジジが如何して亡くなったのかと云う事、イサコの医者がオジジだった事、ヤサコがオジジのお葬式で迷った場所で起こった事、全て繋がっているのでしょう。

------------------------------
多分、あと1回で全てを納めるなんて出来ない様な気がします。勿論、物語的には一度ピリオドを打つ事が出来るでしょうけれど、〔完結〕と云う気分には成らないかもしれません。〔天元突破グレンラガン〕の時も思いましたが、後半の詰め込み過ぎな感じ、2クール26話では尺が足りないかなと思いました。〔電脳コイル〕も〔天元突破グレンラガン〕も、近年まれに見る面白さなので、何故2クールなんて長さにして仕舞ったのか、本当に勿体無いです。勿論、短い分疾走感が有る展開なのですが、ここ数話の情報量の多さに、1度の視聴では頭が追いつきません。せめてあと1クール有れば、もう少し丁寧な描写が出来たかなと。

------------------------------
悪い大人の話。猫目の口から発せられた〔くそぉ小癪なぁっ〕〔この旧式がぁぁぁっ〕〔ゴミの様に捨てたっ、僕ら家族全員をっ〕〔復讐してやるっ、メガマスをズタズタにしてやるっ〕〔あのアバズレ〕、其れら数々の発言(*´Д`*)。猫目、恨みと失意に塗れた貴方の姿に、如何してこんなに気持ちを掻き乱されるのだろう。凄いなぁ@遊佐さん。今週は明後日の〔銀魂〕で遊佐さんが凄い事になる予定なので、其方も楽しみ。多分、今回の〔電脳コイル〕の猫目とは真逆のベクトルな筈だし。

------------------------------
絵の話。なんとなく気分。イサコとヤサコ。そんな絵。

先週は11/20のヤサコとデンスケの絵。其の前が11/16のイサコの絵。其の前は11/2猫目と猫目弟のタケルの絵。どれも全然テイストが違う。結局、電脳コイルに関しては、ずっとテイストを変え、悩んで悩んで描いている様です。何か自分の所に取り込めない感じがするのですよ、この作品。だからいつも迷い箸。

---2007.11.27. 19:32 up---






Last updated  2007.12.08 13:55:40
コメント(10) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.