000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぬこまとillust自由帳(´・ω・`)

ぬこまとillust自由帳(´・ω・`)

2008.08.29
XML
カテゴリ:◆NARUTO
忍たま風デイダラ&サソリ。存外、可愛い(*´Д`*)。

『NARUTO疾風伝』293話(73話)『“暁”侵攻』。

アバンのナルト修行シーンの作画が、凄く丁寧。細かい表情と動きで、台詞を喋らせています。普段であればこの手のシーンは『棒立ち』だったりするのに、絵に『味』が有るので、凄く生き生きしています。誰が描いたのかな。知りたい。。。

其の後も、1枚1枚の絵のカット&アングルが、良いなぁ。多分退屈になりがちな、特別なエピソードも無い『修行』のシーンなのだろうに、絵で『魅せて』くれました。顔のアップも、全然平坦なシーンに収まっていなくて、視線が動く時のタイミングとカメラの動きとの連動が良くて、素敵。

サイの喋らないアップのシーンも、視線で、ナルトとそしてサクラを交互に見ている感じが出ていて、良かったし。

其れにしても、ナルトの表情変化の作画が、珍しくもホント良いです。ナルトを可愛く、なお且つ格好良く見せるのは、結構、難しいと思うのだけれど…(ゴメン、ナルト)。絵の力って、凄いなぁ。

そして、ここで火の寺。あぁ、良いなぁ繋げ方が。ソラのオリジナル編が有ったからこそ、あの火の寺が、あの地陸様が…と思えるのです。地陸って誰?封印鉄壁って何?と云う感じになりません。説明がいりません。腰布のシーンも、利いていますね。

ただ、暁の飛段と角図と地陸様との戦闘シーンは、想像していたモノよりも地味でした。絵的には格好良い構図も有ったのですが、全体としては、呆気無い感じがしました。

ヤマト隊長がいつもカカシ先生に振り回されているんだろうなぁと云うのが、行間から感じられる絵と演出で、笑えました。

今回は、何だか普通に視聴していても、時間が短く感じられました。面白かったです。演出・作監・絵コンテの人が良かったのかな、其れとも誰か個人の力量? 作監で堀越久美子さんの名が挙がっていたなぁ、覚えておこう。其れ以外で個人的には、時間経過の感じられる『色彩設定』の変化が好きだなぁと思いました。良い作画の時って、そう云う部分も気を使っているのでしょうね。

飛段が@てらそままさきさんです。少し思っていたイメージとは違いますが、けれど力の有る方なので、素敵に演じてくださると思います。

------------------------------
今更ですが、オリジナルの総括とかしたいのですが、…うーん、出来るかな。後でかな。本当は、オリジナル最後の回にでもと思っていましたが、終わり方が呆気なかったので、ちょっと感想を書けなくて。

------------------------------
絵の話。

はい。ショタショタしぃ感じのサソリとデイダラです。実は最近、『忍たま乱太郎』に嵌りそうな今日この頃です。其れで、NARUTOの子達もショタ絵にしてみようと思いました。いえ、個人的嗜好としてはショタよりロリですが(シツコイようですが、絵の話ですよ、絵の話)。…や、やばいなぁ。描いていて楽しい。また来週にでも、他の子もこの感じで描いてみたいなぁ。我愛羅とかネジ兄さんとか(*´Д`*)。

未だ、頭身が長いし、向きとか、デフォルメもちゃんと出来ていないなぁ。もう半頭身か1頭身、減らしたい所なのに。

---2008.08.29. 15:15 up ---






Last updated  2008.08.30 16:46:36
コメント(8) | コメントを書く
[◆NARUTO] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.