889556 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぬこまとillust自由帳(´・ω・`)

全117件 (117件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

◆銀魂

2010.03.20
XML
テーマ:銀魂(1183)
カテゴリ:◆銀魂
志村家回、大好き。『銀魂』200話『サンタクロースの赤は血の色』。

志村家を中心に話が進む回は、面白いモノが多い気がします。18話のフンドシ仮面、62話のザキの紅桜後日談、88話の九ちゃんの合コンの前フリ部分、ウイルス回、過去にも色々有りました。多分、言葉遊びや会話で笑わせる部分が強く、そして登場人物が多くてカオスになると云った、自分好みの展開が多いからかもしれません。

OP-song直後の銀さんの語り掛け(と云うか、制作者さんと銀さんとの会話)も、面白かったです。まぁ確かに、こう云った「遊びの名を借りた尺稼ぎ」は邪道ですし、しょっちゅうしていてはいけない事ですが、何だか自分に語りかけられている様な感じと云うか、2次元と3次元の垣根を飛び越え寸前と云うか、銀さんとの距離が一瞬だけ近くなった様な感じがしました。銀魂ならではの「メタな遊び」です。

星海坊主さんと銀さんの「お父さん」っぷりに、もうね、ホントね、如何しようかと思う位の萌えを感じました。おとうさあぁぁぁーーーん(*´q`*)。其れに、夜兎族と白夜叉の血反吐を吐く程のガチバトルも拝見出来たしね。

星海坊主さんの神楽ちゃんへの言葉遣いが、何ともリアルで堪りません。娘の名前を「ちゃん」付けで呼ぶ感じ、手紙での敬語がかった丁寧口調、自分の呼称を「お父さん」と呼ぶ事、少し距離感が有り腫れ物に触るかの様な、けれど愛情溢れる親子関係。

オールスターが登場するこの前後編が、1期の最終回(←あえて1期と言い張る)で良かったと個人的には思いました。まぁ、本誌は大変な事になっているらしいのですが、アニメの1期はこのホンワカ&ガチャガチャな感じで纏めるのが、何とも銀魂らしくて良いなと思いました。

------------------------------
illustの話。神楽ちゃんに子供になってもらいました。銀さんと星海坊主さんにお父さんになってもらいました。親子いいよ親子(*´Д`*)。銀さんだけヒゲ無しの方向で。始めは表情をあまり付けないで下書きを描いたのですが、何だか拉致☆監禁みたいな絵になって仕舞い、これはマズイと思い、3人の表情を描き直し「⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン」みたいな感じに仕上げました。

塗りがまた変な方向になって来たなぁ。もっと感覚的な塗りにしたいのに。

---2010.03.20. 14:30 up ---






Last updated  2010.03.20 17:32:30
コメント(4) | コメントを書く


2010.03.14
テーマ:銀魂(1183)
カテゴリ:◆銀魂
不思議な清涼感かな。『銀魂』199話『ソンナ強ク美シイモノニ私ハナリタイ』。

最後、「明日天気になぁれ!」の掛け声と共に其の場に居る全員で敵を倒したのですが、何ともポジティブな雰囲気がしました。不思議な清涼感。うーん、何て云えば良いのかな、過去、銀さん達は数多の敵と戦ってきましたが、其れは、マイナスの状態に陥ったものをプラマイ・ゼロへと戻す戦いをしてきたものが多かった様な気がします。けれどこの話は、マイナスからプラスへと云う雰囲気が感じられました。紅桜篇でも芙蓉篇でも真選組動乱篇でも、マイナスな状態に陥ったものをプラマイ・ゼロに戻す戦いと云うか、原状回復と云うか、マイナスに陥った時の悲壮感の印象が強くて、戦いが終わった後にも、何だかモヤっとした気持ちが残っていました。あぁ勿論、モヤっと心に残る事が良くないと云う意味では、無くて。

例えば、プラスのベクトルが有る吉原炎上編であっても、ベクトルはプラスへと移動しているのですが(支配からの脱却、選択の自由と云う意味で)、敵が余りにもネガティブで(色々な意味で)むごいので、状況としてはプラスへ転じていても、精神的にはプラマイ・ゼロ、清清しさとは違う感じなのですよ。

けれど陰陽師篇は、ド酷いシモネタ満載の5話でしたが、何故なのかな、「爽やかに吹く一陣の風」の様な後味でした。

其れから、いつも云っていますが、銀さんに改めて惚れました(*´Д`*)。何回惚れているのかな、私は。本当に何て格好良い人なのだろう。外道丸との遣り取りでの、あの、しれっとした云う感じ。はあぁっ(*´Д`*)。これに近いのは、27話の地下闘技場の煉獄関の話で、孤児達の頼みにカードにキスした、あの時の雰囲気かな。

道満さんはちょっと当て馬みたいな役所になって仕舞い、少し可哀想でしたね。けれど、大人になってから蟠りが解けて改めて仲良くなれる…なんて事は、現実世界では可也難しい事(大抵の場合は不可能)なので、其れこそ「雨振って地固まる」的な流れで良かったのかもしれませんね。

最後の方で、神楽ちゃんが本気で銀さんの婿入りを止めていたのが可愛いかったです。そうだよね、銀さんをお婿さんになんてあげないんだからヽ(`Д´#)ノ 銀さんはみんなのものヽ(`Д´#)ノ 銀さんは私のものだからヽ(*´Д`*)ノ

因みにED後のオマケでやっていた、ヅラの「若人あ○ら」さんネタは、判らない人が多かったのでは。この件って本人も口をつぐんでいるし、芸能界って怖いね…。

------------------------------
illustの話。結野家の前にて万屋の3人で。白地にするか色地にするか迷いましたが、まぁ夜なので色地にしました。火の玉みたいな式神だけで力尽きました。いつもの如くほぼパス塗り。彩度、もう少し落としても良かったかな。

---2010.03.14. 22:22 up ---






Last updated  2010.03.14 22:51:30
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.07
テーマ:銀魂(1183)
カテゴリ:◆銀魂
沖神 DE ひな祭り。「色気より食い気」の人と、そうでない人。『銀魂』198話『イカナル時ニモ笑顔ヲ絶ヤサナイ』。

結婚してからの道満さんの描写が、何気に可愛かったですね。祝言の時の様子とか、お布団の上での表情とか、おトイレの中での様子とか。あまりにも可愛いものだから、何だか少し不憫に思って仕舞いました(´・ω・`)。

道満さんを見ていて…まぁ其の「恨み」と云うものは、自分自身が酷い事をしたりされたりした場合以外は、なるべく持たない方が、自分の為にも他人の為にも良いと思うのだけれどな。ましてや先祖云々等と云う理由では、寧ろ、自分自身が損を被ると思うのだけれど。そう云った自分自身が酷い事をしたりされたりした以外の理由で恨みの気持ちを持って(持たされて)仕舞うと、「色眼鏡」を掛けた状態から人間関係が始まってるので、通常の状態なら気にしない様な事でも被害妄想的に過剰反応をして仕舞い、ちょっとした事でも直ぐに不安定な関係に傾き、どんどん新しい恨みを生み出し連鎖させ、泥沼に陥って仕舞うと思うのだけれど。これって自分にとっても相手にとっても、凄く不幸な事だと思うし、自分から不幸を招き寄せていると思うのだけれどな。

それと…まぁアニメだから現実とは違うのだろうけれど、日本では「王」とは言わないと思うのだけれど。「帝」と「御門」の発音(みかど)が同じだから、あえて変えたのだろうけれど、何か、違和感を感じたから-_-...。

銀さんは、ちょっとエロい感じの演出で最後に登場(*´Д`*)。

------------------------------
illustの話。遅れましたが3月3日の桃の節句・雛祭りのコスプレで、総悟&神楽ちゃんです。手に持つのは、3色菱餅とチラシ寿司。気になる彼女は、色気より食い気の様です。総悟よ、もうさぁ、「紫の上」計画を発動したまえ。折角の年の差カップルなのだから、「育てる」楽しみを持つのもいいんじゃないかと思うんだ、私(´・ω・`)。最近、和服ばかり、それも水干系ばかりを描いている様な気がするなぁ。

塗りはパス塗り、線画を無視して塗りで誤魔化している部分も。けれど髪の毛だけは描き足し、雰囲気を出してみました。ここ最近、また細かく塗り込み・塗り分けようとしだしているのが、何だか悪い方向に進んでいるなぁと云う感じです。もう少しざくざくと粗く塗りたいのに、気が付くとちまちまと塗ろうとしているのだよなぁ…。感覚的には、刀語のillust辺りのザクザク塗っている感じの方が、今のfeelingに合っていて好きです。

---2010.03.07. 18:55 up ---






Last updated  2010.03.10 07:10:07
コメント(0) | コメントを書く
2010.02.27
テーマ:銀魂(1183)
カテゴリ:◆銀魂
鼻血が素敵だったので。『銀魂』197話『嵐ニモ負ケズ』。

感想と云うか…心の叫び。私は、銀さんがどんなにシモネタを喋っても「ドンと来い!」的な気持ちで、常にキャッチャーミットを構えているのですが、今回の様に「特定の憧れの女性」についてのシモネタを彼の口から聞くのは、もうね、心が折れそうでした(´;ω;`)。

パンデモニウムさんについて。何と云うか、「ドーテイの妄想力」って素敵ですね。心の目、開眼! 是非、マ法使いになるまで頑張ってね新八君。ビバ☆やわらかい頭。

------------------------------
illustの話。銀さんを少し真面目に描いてみようと思いました。もう何ヶ月も真面目な銀さんの絵を描いていないので。何だか銀さんを上手く描けないのだよなぁ。ホント駄目です。もういっそのこと諦めてデフォルメ&美化をして、完全に自分絵にして仕舞った方が良いのかなT_T... きっちりカッチリと塗りをするのは時間的にも気分的にもアレなので、今回もパス塗り。今週の鼻血シーンにドッキュンとハートを打ち抜かれたので、鼻血プラスの方向で。

---2010.02.27. 12:22 up ---






Last updated  2010.02.27 16:18:50
コメント(2) | コメントを書く
2010.02.20
テーマ:銀魂(1183)
カテゴリ:◆銀魂
ブラザープリンセスに釣られマスタ(´・ω・`)。ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、最低な大人です。『銀魂』196話『風ニモ負ケズ』。

空知さんはブラコン・シスコンが本当に好きみたいですね。私はリアルではそう云う感情を持った事が無いので、羨ましく思います。妹萌えや姉萌えって(傍目に見る分には)HENTAI的で楽しそうなのだよなぁ(←勿論褒め言葉です)。

何と云ったら良いのか上手い言葉が見つからないのですが、銀魂は、わたわたアタフタと銀さん達が「会話」をメインにコントをしている時が一番楽しい気がします。ネタ其のものの面白さよりも、言葉のキャッチボールで膨らまし転がしている時が、好き。其れはシリアスであろうともギャグであろうとも同じで、今回で云えば(真面目発言も含めての)銀さんと清明さんの会話、先週なら万屋での結野アナとの会話が、物語の中でピリリと決まっていると思いました。

其れにしても、結野アナの為に必死になっている銀さんを見るのは…少し辛いです(´・ω・`)。銀さぁん、こっちを向いてよおぉっ(←本当に頭が可哀想な人です)。けれど、@杉田さん声での「にーに」発言はプライスレスでした(*´q`*)。@緑川光さんは、アニメでは2度目の登場ですね。全身男性器だけの登場では勿体無いなと思っていたので、嬉しい再登場です。@成田剣さんも破牙検事に続いての2度目の登場。上手い人が声をアテていると、視聴していて本当に安心しますし、言葉の面白さも増すと思います。だからこそ、アニメの世界にだけは実写世界の悪癖(素人さんを圧力で主要キャストに捻じ込む)を持ち込んで欲しく無いと思います(←私が大人になってから実写ドラマが苦手になった理由がこれなのです)。

銀魂が終わって仕舞ったら、私は…生きていけるのかな。ウサギはね、寂しいと生きていけないんだよおぉっ(´;ω;`)。確かにアニメとしてのクオリティは高い方では無いのだけれど(ゴメンナサイっ)、アニメ銀魂には色々と思い入れと云うか少し個人的な理由に由る依存とか倒錯とか、まぁ其のアレがアレなので、終わって仕舞ったら私の中で何か燃え尽きて仕舞いそうな…予感。

------------------------------
illustの話。ここ最近、パス塗りでblogに復帰しているので(ちゃんとヌリヌリする気力が起きない…のです)、折角なので其の手のテイストで描いてみました。絵が出来上がった後に「あれれー如何してこんなポーズになっちゃったんだろう?」的な後悔をして仕舞ったのですが、うん、其の、困ったなぁ。。。そう云えば前にもゲーム画面って描いた事がありましたね。乙女ゲー的な銀さんの絵

---2010.02.20. 15:55 up ---






Last updated  2010.02.20 16:01:59
コメント(0) | コメントを書く
2010.02.16
テーマ:銀魂(1183)
カテゴリ:◆銀魂
コートの中に誰も居ませんよ?いいえケフィ(ry...

沖神絵も久しぶり。今週の銀魂の感想(195話)と万屋3人illustはこちらです。そう云えば、銀さんが次週予告で「お兄様♪」と呟いていたけれど、多分、「月詠」の予告パロディでアドリブだったのかな。ええと…一応書いておきますが、月詠姉さんの事では無くて、シャフトのアニメ「月詠-Moon Phase-」の事です。両方とも陰陽師繋がりですしね。この前のニャンコ編の時から「月詠-Moon Phase-」の事が少し気になっていて(2525MADを作りたい的な衝動から)、丁度最近、視聴したばかりだったのだよなぁ。

illsutはバレンタイン記念な何か。チョコレートは直接描いてはいないけれど、恋やら愛やら甘ったるい匂いのする感じ。今日もパスで仮塗り。何か…良い塩梅。ここ最近は、2/12万屋絵、2/11ヘタリア祖国絵、2/10刀語絵と良い感じ。この儘、blogに復帰できそうな、予感。

---2010.02.16. 17:55 up ---






Last updated  2010.02.16 18:06:13
コメント(4) | コメントを書く
2010.02.12
テーマ:銀魂(1183)
カテゴリ:◆銀魂
久々に「銀魂」らしいなぁと思いました。『銀魂』195話『雨ニモ負ケズ』感想。

万屋に場面を移動してからの、エア・ブラインドとか、「銀ちゃん?誰それ?」とか、ヒルズ族とか、ミロとか、B-2パターンなアレな感じとか、神楽ちゃんの拗ね具合とか、新ちゃんの総てを拾い上げる突っ込みとか、式神のお家をピンポンとか、おとん&おかんとか、空気を読む鬼さん達とか、視聴していて本当に楽しかったです。掛け合い漫才の様な、息の合った台詞回しと遣り取り。

それから、@杉田さんが何だかノリノリで演技していたのも、視聴していて楽しかったです(*´Д`*)。

個人的には、銀さんに近づく女子は総て「敵」なので、結野アナの存在は心穏やかに視聴は出来ないのですけれどね(´・ω・`)。以前、たまちゃんの話(69話「ゴミの分別回収にご協力下さい」)で、復帰した結野アナにわふわふしている銀さんをみて「ケッ」と云った神楽ちゃんや、ワンコの話(72話 犬の肉球はこうばしい匂いがする)で、神楽ちゃんが結野アナに感じの悪い態度を取ったのと、だいたい同じ感情です。

あぁ、40話ぶりの感想(と、illust)ですね。自分でも吃驚。

------------------------------
illustの話。今日も下書きで力尽きて、パスで仮塗り。けれど3日連続で絵を書いているので…ふっ復活出来そうかな、私。塗りが無いので(個人的にパス塗りは塗りと云う感じがしないので)、時間が掛からず描けるので気持ちが楽です。

3人の格好は「陰陽」繋がりと云う事で、20話「ベルトコンベアには気を付けろ」で銀さん達の拝み屋さん的・陰陽師的な格好をさせてみました。

---2010.02.12. 18:20 up ---






Last updated  2010.02.12 18:28:38
コメント(1) | コメントを書く
2009.06.04
カテゴリ:◆銀魂
今日も落書き。落書きなのでイラスト・カテへ。

暑い日にだらっとしてるお嬢さん。アニメの感想や、最近色々と考えている事を、もそもそと書いたのですが、読み返して見ると可也気持ち悪い文章でしたので、upするのを止めました。調子が悪いなぁ、本当に。後でリライトしたいかも。

今、NARUTOの再放送を視聴しています。白とか再不斬とか、初期のサスケとか、いぃわぁ。胸がきゅぅんと成りました(*´Д`*)。

もう6時になる所。さぁ、銀魂を視聴です。

---2009.06.04. 17:55 up ---






Last updated  2009.06.04 21:18:43
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.30
カテゴリ:◆銀魂
銀さんっぽい人。また某所にて落書きしたものです。顔だけの簡単絵。今回は1枚だけなので縮小しないで配置。落書きなのでイラスト・カテへ。

パレットをデフォルトにして自分で色数制限を付けて塗るのが、何だか楽しいです。塗り絵みたいな感覚で。

(只今視聴しているアニメについて)感想やら何やら、云いたい事や書きたい事が沢山有るのですが、上手く文章に出来ない感じです。

アニメの銀さんの方が、漫画の銀さんより年上に見える様な気がするのは、私だけかな。

---2009.05.30. 07:55 up ---






Last updated  2009.05.30 07:59:22
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.26
カテゴリ:◆銀魂
090525-teblog-kagura-2090525-teblog-kagura-1
某所にて落書きしたものを、またまた縮小配置。落書きなのでイラスト・カテへ。本調子になりませんね最近。アニメの感想はメモで書いているのですが、何だか色々な事を考えて仕舞い、文章が脱線し収集がつかないので、結局、お蔵入りさせています。illustも描いてはいるのですが、ピキンとこない感じです(´・ω・`)。

------------------------------
某・東のエデンの感想なんて、咲の丼ぶっかけられる事件から… 日本の雇用問題→バブル崩壊から規制緩和→欧米型雇用形態への転換→護送船団と終身雇用の終焉→国際化の罠→富の配分の二極化→無意識下での社会主義的保護型資本主義だった頃への懐古→団塊の世代の逃げ切り→ワークシェアリングと派遣制度→若年層の雇用崩壊→戦後60年でフリダシに戻る社会制度→等々…と感想があちらへこちらへと飛び滅茶苦茶なのでup出来ません。政治経済には疎いのに、ホント何を書いているのかなと、自分自身にドン引き。animationの感想じゃ無いですよね、これでは。

------------------------------
siteの引越で候補に挙がっていた某所も、いつも何処かでタグが荒れていて居心地が悪そうなので、止めています。そもそも絵の世界に規制の概念を持ち込む事に、少し違和感を感じます。ただ、こう云う考え方は其処では少数派の様ですから、私は他者に自分の考えを押し付けないし、其処のローカル・ルールを守っています。まぁ自主規制と云いつつ自治さん達が強制させている事を、冷ややかに観察はしていますが。気になるのが、自主規制のライン引きが曖昧で主観的な事です。規制の根拠を、公共の場でしてはいけない等と並べていますが、其のsiteの絵の9割方がグレーゾーンで、注意をしている方も同じくグレーな件は、さらりと黙殺。こう云うのを、『50歩100歩』と云うのでは無いのかな。

其の『規制』派ですが、考え方の全く違う2派が同居しています。荒らされたり、今以上の規制を受けない為に、ひっそりと活動したい、自重しましょうと云う『保護』派と、そもそも其のタグや絵のジャンルや嗜好自体が嫌いなので、消えろと思っている『否定』派が、同じ主張をしているのが興味深いです。世事の他の事例でも主張が同じでも、考えや目指しているものが全く違うと云う事例に出会う事がありますが、何だか少し考えさせられます。最近、ニュース等を気に掛けチェックをしているので、そう云う事に敏感になっているのかな。

如何して寛容な心と、建設的な話し合いが出来ないのかな。

---2009.05.26. 20:40 up ---






Last updated  2009.05.26 23:13:28
コメント(0) | コメントを書く

全117件 (117件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.