1378305 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

勝手に映画批評

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


クロサウルス

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

きみちゃ7810@ Re:カメラを止めるな(03/12) こんにちは! 私も「カメラを止めるな!…
あああ@ Re:ピーナッツ(03/24) こんな昔の記事に突っ込むのもなんだけど…
辻松裕之 競輪@ Re:許されざる者(01/15) 森結花 黒木茉莉花
羽田奈央@ Re[6]:許されざる者(01/15) 痛快TVスカッとジャパンさんへ
中井精也@ Re:許されざる者(01/15) 許されざる者 辻原登

Category

Recent Posts

2013.01.19
XML
カテゴリ:アニメ
コナン天国1

「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」 2001年 日本映画

監督 こだま兼嗣
出演 高山みなみ他いつもの皆さん

 年末に、「金曜ロードショー」で放映していましたね。
 コナン映画第5弾、例の“黒の組織”が初めて映画の中で事件に絡んでくる作品で、コナン映画史上、もっともよく出来ているという評判の作品です。

 コナンは、阿笠博士や少年探偵団とキャンプの帰り、西多摩市に新しく完成したツインタワービルを訪れました。すると、偶然、蘭や小五郎たちと遭遇します。蘭たちは、小五郎の後輩であるツインタワービルオーナーの常盤美緒に招待されていたのです。
 コナン達はツインタワービルに入り、パーティに出席する市議会議員の大木岩松、日本画の巨匠・如月峰水、ビルの設計者・風間英彦、常葉の秘書である沢口ちなみ、「TOKIWA」専務の原佳明と知り合います。
 その直後、ビルの玄関前にジンの愛車ポルシェ356Aが停まっていたことが判明し、“黒の組織”が何をしに来たのか、コナンは警戒します。
 その夜、タワー内のホテルの一室で大木岩松が何者かに殺害され、遺体の横には割られたお猪口が一つ置いてありました。
 大木岩松殺人事件の調査を始める少年探偵団は、原佳明の遺体を発見してしまいます、彼の横にも割れたお猪口が見つかっているのです。警察はお猪口から連続殺人として捜査を進めます。
 タワー関係者の殺人事件が相次いだために、警察はタワーオープンパーティの延期を要請しますが、パーティは予定通り行われることになり、コナン達も出席することとなります。
 しかし、パーティの最中、オーナーの常盤美緒が遺体で発見され、さらに“黒の組織”によって仕掛けられた爆弾が地下4階と地上40階で爆発します。コナンと蘭は避難経路を絶たれて絶体絶命の危機に陥ったが、辛くも脱出することができましたが、先にエレベーターで降りたはずの少年探偵団の姿がなかったのです。

コナン天国2

 なるほど、なかなかよく出来た作品でした。
 ツインタワービルの完成に纏わる連続殺人事件、そこに”黒の組織”を絡め、爆発するビルからの脱出アクションと、灰原哀のドラマをうまく盛り込み、コンパクトにまとめられています。(上映時間100分です。)

 今回の主役は、灰原哀です。
 コナンファンなら、いまさら説明するまでもありませんが、一応、知らない人のために説明しておきましょう。
 帝丹小学校1年B組の“少年探偵団”の一員である灰原哀は、実は18歳で、本名は宮野志保といいます。
 もとは“黒の組織”の一員で、薬品の開発などを担当していた科学者で、“シェリー”と名乗っていましたが、組織に姉宮野明美が殺されたことで、組織を裏切ろうとしたが、監禁され、コナンが飲まされたクスリを飲み、体が小さくなってしまったため、脱出できたのです。
 コナンの正体を知る阿笠博士に保護され、彼の家に居候しています。常に“黒の組織”の存在におびえているため、その情報を得やすい、コナンの身近にいる方がよいという判断からです。
 そんな、灰原が、自分の居場所を模索するドラマが、サイドストーリーとして、殺人事件や爆破事件と絡んでくるわけです。

コナン天国3

 あいかわらず、“黒の組織”のやること(今回はツインタワービル爆破)が、秘密組織に似つかわしくなく派手だとか、犯人の残していくお猪口のメッセージは誰に向けてのものかとか、ミステリーとしては答えが簡単すぎるとか、少年探偵団と阿笠博士は一体1年に何回キャンプ(「名探偵コナン」のお話は、裏設定として、全編を通して、同じ1年をランダムに描いているというのがあります。だから彼らは学年が変わらないそうです。)すれば気が済むんだとか、少年探偵団死体発見しすぎとか、突っ込みどころもたくさんありますが、他のコナン映画のひどさ(特に「紺碧の棺」、以前の記事参照。)に比べたら、うまくまとまっていると思いました。

 少年探偵団の歩美ちゃんや光彦君の淡い恋心もうまく絡めてあって、上手に伏線も回収できており、変なゲスト声優も起用されておらず、まあ、及第点を挙げてもいいかなと思う作品です。(なにこの上から目線!!??)






Last updated  2013.01.19 07:21:17
コメント(2) | コメントを書く
[アニメ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.