325554 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Wordbook of Kurumimochi               くるみもちの単語帳

August 11, 2004
XML
テーマ:趣味の英語(395)
カテゴリ:西国札所
個人的には「園城寺」の名前の方がなじみ深いけど、札所としては「三井寺」の方が一般的。琵琶湖を望む、広い境内、点在する堂宇。札所は特に眺望の良い一角にありました。

三井晩鐘
帰り道、鐘楼に寄って、鐘を衝きました。
近江八景「三井の晩鐘」で知られる立派な鐘です。
一人一突き、300円だそうです。高いなぁと思ったのですが、この鐘と先代の弁慶引摺鐘の由来を書いた小冊子をくれたので、薀蓄好きの私は得心しました。

今日のお勉強
鐘について調べていると、お寺の鐘と教会の鐘では表現が異なるので面白いと思いました。
鐘はどちらも"bell"なのですが、
「鐘の音」は
"the sound of a temple bell"
"the chiming of the church bells"

確かにお寺の鐘は一つだし、続けて打っても音は一つずつ別個の音に聞こえる。だから単数形。一方、
chiming < chime
chimeは「チャイム」のこと。さまざまな音(階)がでるので、"bells"と複数形。
でも定冠詞の有無の理由はわからないなぁ。
慣用的なものかしら?
ご存知の方いらっしゃったら教えてください。

あと「鐘を鳴らす」のも
"ring a bell"が慣用表現ですが、"strike a bell"「鐘を衝く」の方がお寺の鐘にはしっくりくるように思います。






最終更新日  August 14, 2004 10:08:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
[西国札所] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.