316936 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Wordbook of Kurumimochi               くるみもちの単語帳

September 6, 2004
XML
テーマ:趣味の英語(394)
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日のムササビ、モモンガのつづき。"flying squirrel"の"squirrel"、リスについて。

「暗色の尾の動物」が原義だそうです。リスは敏捷性・知恵などの象徴し、動詞として「貯めこむ、蓄える」という意味で使われることもあります。

"squirrel away money in a secret account"
「秘密の口座に金をためこむ」

リスがどんぐりなどの木の実を頬ぶくろや地中に貯めこむ習性から来ている表現のようですね。子供の好きな絵本に、どんぐりのお話がありました。リスが地中に保管して、春になっても忘れられたままのどんぐりが芽を出すはなし。

他にもリスのお話は多いですね。リスのパナシも、ピーターラビットのシリーズのナトキンもいたずらっ子。そういえば、ディズニーのチップとデ-ルも。いたずらな愛嬌者たちだけど、度が過ぎて、大切な尻尾を失ったナトキンの場合は、かなり悲惨。

リスの語源は、古フランス語の"esquireul"の短縮語経由で、ギリシア語の"skious"(英語の"shade"を意味する)+"oura"(同じく"tail")にまで遡ることができます。つまり、そのふさふさした尻尾がリスの象徴で、尻尾をなくしたナトキンは日常生活にも不自由したでしょうね。







最終更新日  September 9, 2004 04:18:09 AM
コメント(4) | コメントを書く


PR

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.