317757 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Wordbook of Kurumimochi               くるみもちの単語帳

February 9, 2006
XML
テーマ:趣味の英語(394)
カテゴリ:スリランカ
 初めにお詫びです。先の日記ではTamilを馴染みのある「タミール語」と表記しましたが、原音の発音からしても「タミル語」とする方が適切なようなのでこの日記から「タミル語」と改めさせていただきます。

 グーグルで検索をかけると「タミール語」で12万件、「タミル語」は32万件とすでに「タミル語」の方が優位になっていますが、ウィキペディア(※)でもあえて『「タミール語」と呼称・表記されることもあるが、』と注意を促しているので、「タミール語」が広く流通してきた事実は否めません。本当は現地の発音を聞いてからと思ったのですが、Tamilを取り上げる機会はこれからもあるので混乱を避けるため「タミル語」と表記させていただきます。

 前の日記を読まれて違和感も持たれた方もいらっしゃるでしょうが、私の表記のままコメントを返してくださったみなさまの寛容に感謝します。

 さてさて、ポンチョさんからリクエストいただきましたタミル語版「ぐりとぐら」ですが、手に入る段取りとなりましたので今月末にはこのブログで紹介できると思います。どうぞお楽しみに♪

 スリランカ国内では使用人口から言って劣勢の「タミル語」ですが、スリランカ、インドの他にシンガポールでも公用語となっており、全世約界で7400万人が使っているそうです。一方「シンハラ語」はスリランカ(人口約1,946万人)のシンハラ人(約70%)が主な話者ですので1400万人と、世界的に見ると少なく、日本における知名度は低いものです。

 タミル語がよく知られているのは話者の人口が多いだけでなく、ポンチョさんも触れられていたように、大野晋先生が日本語起源論で日本語とタミル語の関係に注目されているからです。日本語の起源をタミル語に求める説は賛否両論で、私にはまだまだ言及できないことですが、今後の研究成果にはとても関心があります。

 シンハラ語はタミル語よりさらに資料や情報が少ないのですが、やはり日本語との類似性が指摘されており、ウィキペディアでも日本語の起源説の一つとして「タミル語」とともに紹介されています。

 シンハラ語はインド・ヨーロッパ語族、タミル語はドラヴィダ語族と起源が違うのですが、遠く離れたこの島国の二つの言語に共に日本語との類似性が認められることにロマンを感じます。

※ウィキペディア:インターネット上で作成、公開されている多言語百科事典







最終更新日  February 9, 2006 05:57:38 AM
コメント(9) | コメントを書く


PR

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.