317289 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Wordbook of Kurumimochi               くるみもちの単語帳

July 20, 2007
XML
テーマ:趣味の英語(394)
カテゴリ:カテゴリ未分類
 NHKラジオのものしり英語塾の水・木は3か月毎に講師が入れ替わりこの7月からはイギリス文学を専攻されている小林章夫先生。

 昨年も同じ時季に担当されて、イギリスの詩を紹介して下さいました。解説も朗読も素晴らしく3ヶ月で終わって残念に思っていたら、今年は『くまのプーさん』を取り上げてくださったので、忙しい毎日の中でもこの番組だけはかかさずに聞いています。くまのプーさんの魅力は何と言っても、文章が詩のようにリズミカルなところ。今回も素晴らしい朗読ありで、楽しめます。みなさんにもお勧めです。

 さて「ヤワらか」英作文から。今回もモデル例紹介は1週遅れです。

 【週刊ST(ジャパンタイムズ)の英作文コラム「ヤワらかアタマの英作文教室」(霜村和久先生)を教材に勉強し、投稿後このブログで答案(投稿文)を公開しています。《1週目》課題紹介→《2週目》答案(投稿文)公開→《5週目》モデル例紹介】 

 6月15日号の課題
 「これはきっとうまくいかないだろうと彼は思った」。
 
 私の投稿文は
 

 私の答案(投稿文)(6月22日の日記)は

 手書きハートHe was convinced that this wouldn’t go well.

 7月20日号に掲載されたモデル例は
 He dicided that it probably would't work.

 今回は「きっと」の表現が難しかったようで、動詞での工夫が必要だったようです。私の convince は何とかネイティヴ・スピーカーのスタッフに通じたようです。モデル例はなんと decide を使っています。「decide=決める」だと思っていたので意表を突かれました。本当に勉強になります。詳しくは週刊ST7月20日号(7月17日発売)本紙をご覧下さ~い。

 
 さて今日のお勉強。
 
 7月13日号の課題
 「1週間話し合っても結論は出ませんでした」。
 
 私の投稿文は
 We couldn’t arrive at a conclusion after discussing it for a week.

 これも時間がなく、結論=conclusionで他の単語は検討しませんでした。conclusionを使える動詞を探したところ、get ではなくarrive が出てきたのでちょっぴり驚きましたが、使用例(arrive at the conclusion=結論に達する)があるarrive at 選びました。the を a にしたけど、ちゃんとつたわるかしら? 話し合うも単純に discuss にしました。他動詞なので目的語に it を付けました。coluldを使うところがジャパニーズ・イングリッシュかな。でも他の表現が思いつかないし。モデル例が楽しみです。

 『くまのプーさん』にちなんでプーコーナーの写真を載せてみました。
  
     ハートフィールドのプーコーナー

 ロンドンの南に『くまのプーさん』の舞台となった小さな町Hartfieldがあります。作者のA.A.ミルンはここに別荘を持っていました。息子のクリストファーロビンがお菓子を買いに通ったのがこの店で、今では『くまのプーさん』の専門店になっています。次回はこのお店で買ったお土産を紹介しましょう。

 さて次回7月20日号の課題は

 「ピンクの洋服が似合いますね」。これを英語で表現してください。

 一緒に投稿してみようと思われる方はこちらからどうぞ。→「ヤワらかアタマの英作文教室」






最終更新日  July 22, 2007 06:17:53 AM
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:ものしり英語塾「英語で楽しむ『くまのプーさん』」&英作文(ST7月13日号の課題)(07/20)   クーン43 さん
おはようございます。
今朝はラジオでプーさん聞きました。
ご紹介ありがとうございました。
(July 25, 2007 08:51:02 AM)

クーン43さん   くるみ もち さん
 早速聞いてくださってありがとうございます。
 英詩を読むのって難しそうだけど、朗読があるし、小林先生の解説も魅力ですよね。9月まで楽しませてもらいましょう。
(July 30, 2007 05:00:23 AM)

PR

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.