317189 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Wordbook of Kurumimochi               くるみもちの単語帳

March 4, 2010
XML
テーマ:趣味の英語(394)
カテゴリ:カテゴリ未分類
英会話の先生がイギリスから帰ってきたので、冬眠中だった英語の勉強を再開します。

先生には昨秋ロンドンで一年半ぶりに再会しました。今また日本でレッスンを受けられることをありがたく思っています。

昨秋の旅は娘と列車でイギリスを周遊しました。イングランドとスコットランドを結ぶ寝台列車カレドニアン・スリーパー、初めて乗る蒸気機関車ジャコバイト号、保存鉄道・ブルーベル鉄道、オリエント・エクスプレス社のブリティッシュ・プルマン、そしてブリットレイルパスを使っていろんな在来線に乗りました。ブリットレイル・パスは外国人旅行者向けの乗り放題乗車券なので、割安だし、何よりいちいち切符を買う手間が省けます。ロンドン市内はオイスター・カードを使って地下鉄やバスに乗りました。

鉄道にちなんで今日取り上げるのはターミナル。
子供の頃は、「(商業施設の入った)大きな駅ビル」だと思っていました。
英語を習うようになって「終着駅」と言う訳語を知っても、ピンときませんでした。私の知っているターミナルはすべての列車がそこで終点になるわけではありませんでしたから。東京駅だって、山手線や京浜東北線は注意しないと乗り越しちゃいますよね。

terminal:名詞「終点(始点)、終着駅・港(始発駅・港)、ターミナルビル、発着ロビー」
形容詞「終点(始点)の、終着(始発)駅の、末期の」
語源はラテン語のterminalisで、end, boundaryの意味。

ターミナルケアであれば終焉を感じますが、ターミナルには感じることがありませんでした。ロンドンの駅を訪ねるまでは。キング・クロス、セントパンクラス、ユーストン、パディントン、ヴィクトリア、チャリングクロス、これらのターミナルはロンドン中心部を楕円形に囲むように建っていますが、相互の乗り入れはありません。地図を見るとそれぞれがロンドンへの終着駅であるのがよくわかります。

でもイギリスのターミナルがすべて同じとは限りません。私の旅はいつも失敗で始まるのですが、エジンバラでも大失敗をしていまいました。スコットランドの北・インヴァネスからエジンバラのターミナル、エジンバラ・ウェイヴァリー駅に入ってきたときは、ロンドンのターミナルと同じ行き止まりだと思っていました。通り抜けのホームがあるのを知ったのは、次の目的地リバプールに行くために再び訪れ、駅の案内板で表示された一番奥のホームに辿り着いた時でした。そのホームには目的地が違う二本の列車が入ってくる予定でしたが、どちらも遅れており、次の列車の表示がコロコロ変わりました。イギリスの鉄道は10分20分遅れはざら、運休にならなければ御の字です。私たちはマンチェスター行きに乗ってプレストンでリヴァプール行きに乗り換える予定でした。ようやくアナウンスがあり、マンチェスター行きの列車が表示され、駅員に何号車に乗ればいいかを確かめると列車が入ってきました。指示通りの客車に乗ったものの、それは間違った列車でした。

エジンバラを離れ、車掌が検札に来た時、「インヴァネスに行くのか」と尋ねられて仰天したことは言うまでもありません。折り返すにも、次の駅パースまで1時間停まらないというではありませんか!車掌にエジンバラに帰る列車を尋ねたところ、日曜日で折り返しがなく、遠回りするので、エジンバラに着くのは深夜になると言うことでした。駅構内にホテルの案内所があったけど、その時間まで開いているかどうか?

それでスコットランドのもう一つの大都市グラスゴー行きはないかと、時刻表を繰りました。グラスゴーのほうがエジンバラより、イングランドへの便が良いのです。そしたらありました。この列車が着く直前にパース駅を出てグラスゴーに行く列車が。日本の正確な運行ダイヤなら無理だけど、ここはイギリス。1・2分の差なら接続しているのではと考え、車掌に相談したら「それはいい案だ。きっと上手く行くよ」と励まされました。これも日本ではありえません。パースに着くなり、スーツケースを転がし走りましたが、案の定先発のはずの列車はまだ影も形もありませんでした。お蔭で宵の口にグラスゴーに着けました。でも今日中にリヴァプールに着く列車はもうありません。

途中までなら行けますが、宿泊施設のことを考えるとグラスゴーで宿を求めるべきだと思いました。グラスゴーはスコットランド向けのターミナルとイングランド向けのターミナルが違うのでロンドンのように安心です。両ターミナルは歩いて行ける距離で、ホテルを探しながら歩き出したらすぐに空室のあるビジネスホテルが見つかりました。値段は手頃、ツインだったので、それ以上は望みませんでしたが、スーツケース二つを広げたままにできる十分なスペースがあり、バスタブも付いていたので、すっかり安堵しました。フロントの女性は親切で翌日のダイヤを調べてくれ、ホテル近くのラーメン屋を教えてくれました。ラーメンはなんとも言えずまずかったけれど、グラスゴーは良い街だと思いました。







最終更新日  March 5, 2010 07:27:13 AM
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:ターミナル(03/04)   クーン43 さん
いよいよイギリス旅行記が読めるのかしら?
楽しみです。

邦題が’終着駅’のあのイタリア映画
ローマの駅は行ってみたら’テルミニ駅’という駅でした。

(March 4, 2010 08:32:12 PM)

クーン43さん   くるみ もち さん
テルミニ駅。そういえば聞いたことがあります。
この映画から「終着駅」と言う日本語が生まれたそうですね。哀愁を感じさせる名前だわ。

イギリスは、いつもながらの娘とのドタバタ旅行でした。少しずつアップしますので、クーンさんの旅の思い出と重ね合わせて読んでいただけたら嬉しいです。

(March 5, 2010 07:25:53 AM)

PR

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.