000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Wordbook of Kurumimochi               くるみもちの単語帳

March 22, 2010
XML
テーマ:趣味の英語(393)
カテゴリ:カテゴリ未分類

 この春のNHK英語番組でチャロが復活!
リトル・チャロ2が3月29日(月)から始まります。
脚本は今回もわかぎえふさん。きっと感動をよぶストーリーで再び英語に興味のない人まで魅了することでしょう。そして今回この脚本を生きた英語にしてくれるのが、パックンことパトリック・ハーランさん。「英語でしゃべらナイト」ですっかりお馴染みのタレントで、アメリカ、ハーバード大学出身。

 このチャロ2のブロガー・イベントがパックンをゲストに開催されると言うことで、参加しました。まず、担当プロデューサーによる、チャロ2の見どころを紹介する映像の試写。NHKの語学のテレビ番組は通常週一回なのですが、今回は週4回放送がありアニメのみの放送を加えると毎日チャロを反復しながら楽しめるようになっていて、チャロにかける心意気が伝わってきます。

 今回のチャロは現世と「死の国」の間にある「間(あい)の国」が舞台です。街の中心に広場や噴水があり、放射線状に延びる道や三角屋根の街並が中世のヨーロッパのよう。一昨年のチャロが、摩天楼そびえるニューヨークやシカゴと言ったアメリカの近代都市だったのと対照的です。チャロの声は今回も純名里沙さん。ひたむきなチャロにぴったり。チャロと翔太、お父さん以外は新しいキャラクターばかりですが、前回のキャラクターも誰とは言えないけれど、登場する可能性があるそうです。「死の国」からドレッドが「まだ早い、来るんじゃない」って言ってくれるのかしら。ドレッドも大好きだけど、個人的にはいつも元気なマルゲリータの声や歌も聞きたいな。
 
 試写のあとは、音声録音用のスタジオに移りました。スタジオをイベント会場に選んだのは、ここがチャロ2の収録スタジオだからと言うことだそうで、粋なはからいに感謝です。そして統括プロデューサー長野さんから説明がありました。長野さんは昨年のトラッド・ジャパンのブロガー・イベントでもお会いしましたが、私の好きな面白い英語番組を次々担当する凄い方なのに、気さくでお話からこの番組に対する熱意が伝わってきます。
  

 そしていよいよパックン登場!
長身で颯爽と出てきたパックンは全身から明るいオーラと好奇心がみなぎっていて予想通りの好青年でした。長野さんとの対話は掛け合い漫才のように楽しく進んでいきました。

 日本語を英語に訳していくのは、ネイティヴのパックンにもやさしいことではないようです。まず新たな言葉の創作。現世と「死の国」の間にある国と書いて「間(あい)の国」と読ませるのは言葉の響きもよくこう言うと表現ができる日本語がうらやましいとまでパックンは言ってくれましたが、いざ英語にするのはかなり苦労されたそうです。候補として、the Lost World、the Second World、そしてthe Middle Worldなどを考えたそうです。まずロストワールドは想像力をかきたてる言葉ですが、恐竜のいる世界を連想させていまうので、この「間の国」には使えません。セカンドワールドだと第三、第四の世界もあるのかと思ってしまいます。それでミドルワールドと言う表現で落ち着いたそうです。

 言葉や表現の選び方についのご苦労(と言ってもパックンの場合はそれを楽しんでいるようなのですが)を色々聞いたのですが、それはおいおいご紹介するとして、パックンといえばなんと言っても、パックン英検です!

 解説のあとはマル秘企画と言うことで、傍らには景品がおかれていました。正直なところ、景品より、参加者全員に配られたパックンのサイン入りテキストや非売品のメモなどの方が嬉しかったのですが、でも景品の素となるゲームには興味津々でした。まずは二択問題。五問続けて正解すると景品がもらえます。はっきり言って運だけを試す問題が多く、私は3問目くらいで着席するばかりでした。パックン英検はないのかなと思いきや、景品が半分くらいになったところでついにパックン英検になりました。ヤッター!「英語でしゃべらナイト」に出演している気分。でもパックン英検を知っていたのは私ともう一人の男性だけで、パックンはちょっとガッカリしましたが、内容を説明すると大方の人は思い出したようでした。つまりパックンが英英辞書のある単語の項目を読み、説明している単語を言い当てゲームです。

 まず、パックンが、Animal. Four legs. One tail ….  と言い出したところ、すばやくある男性が手をあげて、Dog! と答えましたが、パックンは「残念! Catです」とはぐらかします。でもパックンは優しいのでちゃんと景品をあげていました。チャレンジ精神を誉めてくれたのでしょう。私も生パックン英検に何とか答えようと思いつつ、耳を澄ますのですが、落ち着いて考えることができません。意外と難しいものです。何問めかで、An unusual, exciting, and daring experience.と聞こえてきました。ある単語が浮かんで、もしかしたらと思ったのですが、手をあげる勇気がなくて戸惑っていたら、もう一度読み上げようとしたパックンが私に気付いて「はい、どうぞ」と指してくれました。それで、一か八かでAdventureと言ったら「正解!」でした。まさにadventure、思い切って言って良かった。

 お蔭でチャロの小さなぬいぐるみをゲットしました。ぬいぐるみがあふれる我が家ですが、有名キャラクターには普段手を出しません。でもこのチャロは記念すべきパックン英検正解のご褒美だから、とっておきの宝物になります。チャロってぬいぐるみにすると下半身が小さすぎて安定が悪いそうです。それで随分工夫して商品化したそうですが、いただいたチャロもちゃんと一人立ちと言うか、厳密には一人座りできるのですよ。写真でパックンと写っているチャロはこの世にひとつのオリジナルチャロぬいぐるみです。パックンと記念撮影をするときにこのオリジナルチャロを抱っこさせてもらったので満悦しました。スタッフのみなさん、充実した楽しいイベントをありがとうございました。さぁ、チャロ2、頑張るぞ!



【今日の単語】
adventure:名詞:冒険、危険に出会うこと、予期せぬ出来事、はらはらする〔珍しい〕できごと
    :動詞:あえてする〔言う〕
    :語源:古フランス語経由のラテン語adventurus(=about to happen)から。







最終更新日  March 22, 2010 09:05:15 PM
コメント(13) | コメントを書く


PR

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.