327924 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やさしい暮らし~ねことお昼寝~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ロンルキママくるん

ランキング市場

フリーページ

バックナンバー

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

お気に入りブログ

なぜ日本人観光客を… New! monmoegyさん

近くにソーイング教… 広海163さん

応援してくださって… 中之島タキシードさん

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:キラ坊で遊ぶ(09/24) cialis samplscialis lage bloeddrukciali…
 http://buycialisky.com/@ Re:YAYAも一緒に「鬼怒川温泉旅行プラン」(07/29) effet du cialis forumcomprar cialis gen…
 http://buycialisky.com/@ Re:ルキと私、ルキとパパしゃん(07/12) cialis en viagra ervaringenrecreational…
 http://buycialisky.com/@ Re:ロンの気力(05/23) cialis viagra at the same timemas poten…
 http://cialisvbuy.com/@ Re:キラ坊で遊ぶ(09/24) grande librairie sp cialis e tunisieis …
2004.11.08
XML
カテゴリ:ねこばなし

10歳を超え、ようやく普通の猫らしく(?)なったロンである。
「あお~ん!」と雄叫びをあげるのも一日1回くらいになったし、
ダダダッ!っと訳もわからず部屋中を駈け回るのも一日2回くらいになった。
母を飛び蹴りするのも、油断すると背中に飛び乗ってくるのも
月に一度くらいまで減った。


今でこそ猫道を突き進むくるんであるが、
小さい頃から猫が特別好きだったわけではない。
ロンを迎えた経緯にしてもロンには大きな声では言えないが、
とても不純な理由であった。


平成5年4月、愛猫タロを亡くし、ちょっとした鬱&パニック状態に
陥っていた私はとにかく「猫」が必要だった。
里親募集の掲示板にすぐに飛びつき、翌日には対面した。


仕事帰り、車で30分かけて指定された空き地に向かった。
(なぜそんな所だったのか今では不明。)

「この仔です」

ん?確か掲示板には茶トラオス2匹…と書いてあったはず…?
キャリーバックから出てきた仔猫は一匹しかいない。

「あの~、2匹いるはずでは…?」

聞いてみる。

「お渡ししたいのはこの仔です!」

連れてきた母娘はきっぱり言い放った。
やり取りの間も「キィー!キィー!」と仔猫は威嚇しまくっていた。

「抱っこしてもいいですか?」

抱き上げようと手を伸ばすと同時に

「気をつけて下さい!危ないですから!!」

時既に遅し、喉元から胸にかけて見事な引っかき傷を頂いた。

「・・・」(母娘は顔が引きつっていた)

その週は以前より外泊の予定があったので
1週間後の引取りで良いかとたずねると、
「今日連れていかれるのじゃないんですか…?」
おいおい、そんなあっさりでいいのか!?
とにかく、1週間後に必ず引取ると約束をしてその場を去った。
「ほんとですね!」
何度も念を押された。


約束の1週間後、その時は母娘と息子さんらしき青年も一緒だった。
ロンは息子さんが面倒をみていたらしく、
その青年が一番別れを惜しんでいるようだった。
なんだかほっとした。



こうして晴れてくるんの養子になったロンであるが、
その日からくるんの生活はえらいことになった。
トイレのしつけもきちんとできていたし、
頂いてきたカリカリもばくばく食べ、元気一杯!
しかし、ノミはいるは耳ダニはいるはで連日の医者通いが始まった。

それよりもっと大変だったのはひじょーに暴れん坊だった!
タロが大きくなってやっと登れるようになった高いところにも、
初日からダダダダッ!ダンッ!タッタッター!ジャーンプ!

おまけに人間によじ登ってくる!
高いところが大好きなので、頭のてっぺんまで一気に駆け上がる。
手を添えなくてもうまくバランスをとってちょこんと乗ってた。
きっと生家でもあの青年の頭の上に乗っていたのだろう。
しばらくは頭にロンを乗せて料理したり化粧したりしていた。


とにかく悲鳴を上げたくなるようなやんちゃぶりだったので、
猫とのまったり時間…などというのには程遠い生活がしばらく続いた。


そんな時間が2ヶ月ほど過ぎた初夏の日。
体重も増え、力も付いてきたので
仔猫としては普通にじゃれているつもりでも
人間の皮膚には相当堪えるようになってきた。

ガジガジと噛むようにもなったのでこれはまずいと思い、
ダメだということを教え込もうとした。
ガブッときたら「ダメッ!」といいながらぐっと噛まれた手を押しこむ。
そうすると嫌がって次第に加減がわかるようになる。
母猫に教えられなかった仔は加減がわからないので
人間が教えなければならない。
タロもこうして教えた。

しかし、ロンは「う~~…」と威嚇してきた。
毛を逆立てて今にも飛びかかってきそうな勢いだった。
「怖い!」
仔猫相手に本気で危険を感じた。
目があった!やられる!
そう思った瞬間、ロンの目が怯えているのを感じた。
「あぁ、この仔も寂しいんだ」

その時まで私にとってロンはまだ「猫」だった事に気付いた。
「タロと違う!タロはこんな事しない!タロは…!」
…ごめんね。ほんとにごめんね。
「ウゥ~」と小さく唸っていたロンの背中を撫でた。
瞬間、ロンの目が穏やかになった。



そして超母ちゃんっこになった怪獣が出来あがった。
しかしなぜか過去一度も母以外の人間に危害を加えたことはない。


ロン041107
マザコンニャン♪






最終更新日  2004.11.08 20:31:58
コメント(14) | コメントを書く
[ねこばなし] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.