000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

食の匠のお助けまん! 全国奔走中!

2005/10/13
XML
カテゴリ:商品開発のヒント
今日もありがとうございます!
blog


おかげさまで、高順位キープしています!
みなさまのおかげです。ありがとうございます!!
 
ランキングを見てみる



今日は、注目の「中食ビジネス」について、書きたいと思います。



中食ビジネスの先進国と言われるアメリカでは、
食に関わるマーケット全体で、大きな変化が生じているんです!


今までは、
 家で食べる(Food at Home)
 外で食べる(Food away from home)
という2つの分類で、アメリカの食の統計が発表されていました。


ところが、レストランなどで購入された食べ物のうち、
50%はテイクアウトされて他の場所で消費され、そのうち半分は家庭で消費されます。


この分野は年々成長していて、テイクアウトやホームデリバリーは、
ひとつの産業としての位置づけが必要になってきました…。




日本においても、以前日記でご紹介した「ロック・フィールド」などを中心とした
中食ビジネスのモデルや、

デリバリーレストラン、エキナカ惣菜店など、

すでに新しい業態が続々登場しています!!




内閣府が発表した1997年(平成9年)から2001年(平成13年)までの
5年間の「食の市場規模の推移」を見ると、
外食、中食、内食を合わせた食全体の市場規模は、年平均マイナス0.7%と停滞。


食の市場規模は、全体として縮小傾向で推移しているんです!!


つまり、「家庭で調理する」という人たちや、
「外に食べに出かける」という人たちが、少しずつ減少しているということです。

そのなかで、「中食」のみが、着実にそのシェアを伸ばし市場規模を拡大しています。


日本の中食ビジネスは、今後様々な業種からの新規参入なども活発化して、
さらに市場規模が拡大することが考えられます。


また、高齢社会における社会的なインフラとしての
新たな中食のビジネスモデルの登場なども、今後充分に考えられますね。


これからも中食ビジネスに注目して、新しい情報を発信していきたいと思います!


応援クリックよろしくお願いします!
blog


↑クリックありがとうございます!
 出張で九州に来ています。
 九州にも、志の高い食品メーカーさんがたくさんあります。
 新しい出会いも楽しみです!
  
ランキング見てみる







Last updated  2006/02/16 10:46:44 AM
コメント(10) | コメントを書く


PR

X

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.