572765 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

食の匠のお助けまん! 全国奔走中!

2005/12/01
XML
カテゴリ:商品開発のヒント
食に関する私の考えは、こちらで紹介しています。

blog

応援クリック よろしくお願いします!

おかげさまで、ランキング上位です。ありがとうございます!




今年も残り、ひと月となりました。


今日は、「商品のT.P.O.開発」についてお話したいと思います。

T.P.O.とは、Time Place Occasion の略。
「T.P.O.開発」とは、商品を使う「時」「場所」「機会」に応じた商品を開発することです。



例えば「米」。

高齢者世帯では、5キロ入りは多すぎます。
なかなか減りません。


2、3合入りなどの小さな容量でいろいろな銘柄が楽しめれば、
買ってみようという人は多いのです。

実際、以前この売り方で反響を呼びました。


「おいしいものをちょっとだけ」というニーズにピッタリだったのです!!




このように、商品開発を考えるとき、
商品そのものを取り巻く、「商品のT.P.O.」を考えることで、
新たなマーケットが広がる場合があります。



考えるときの基本は、顧客の事情(使用状況)を明確にイメージすること。


そう、この「明確にイメージすること」が本当に大切なのです!!

ものづくりの時点で、この部分が欠如している場合が非常に多いのです。




モノの良し悪しはもちろんのこと、
忘れがちで、重要な要因が、T.P.O.に応じた「商品の使いやすさ」です。

これは、アンケートや顧客データベースからは導き出せません。



すべては、つくり手の「豊かな想像力」の勝負です!!



さあ、お客様の身になって、
全身全霊を使い、想像力を「パワー全開」にしてイメージしましょう!!



ほら、何かが見えてきませんか!?

お客様の喜ぶ笑顔が見えてきたら大丈夫。



それが、本当の「MD」と言う仕事なんです。



素敵な商品とは、商品自体の素晴らしさと使いやすさが合体したものなんですね!!




応援クリックよろしくお願いします!
blog


↑クリックありがとうございます!
 出張で、二日ほどお休みしていました。
 その間、たくさんのメッセージありがとうございました!

ランキング見てみる






Last updated  2005/12/22 10:15:41 AM
コメント(4) | コメントを書く


PR

X

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.