7842106 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

亮さんの釧路B級グルメ日記。(特に蕎麦)

全414件 (414件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >

趣味、その他

2021年04月12日
XML
カテゴリ:趣味、その他
きょうは(も)つまんないですよ・・

昨日のはなし  今日は天気がいいので、少しまとめ歩きをやってみることに
きょうは塘路からコッタロ湿原まで頑張ってみようか

その前に塘路の丹頂で、ラーメンでも食べて腹ごしらえ




味噌野菜ラーメンにしてみる850円
シャキシャキ感がある玉ネギがけっこう入っている

以前も食べたが、とてもやさしい味わいのスープで、なかなかウマい
玉ネギの甘さもけっこう出ているようだ



ここの麺は、玉を半分に切ってあるのだろうか?
長いもので25センチほど、短いのは5センチほどと、長さはバラバラ

SLや湿原の写真を飾ってある店内も、清潔感があるし
ママさんの接客もとても心地よい店だ



さて、いつものエコミュージアムセンターから出発

市内は8度ほどの気温だったが、こちらは12度ほどに上がっている



釣り人が結構いるようだ

何を狙っているのだろう?   たぶんアメマスだと思うが?



この人、入水しようとしているわけではありません

ほとんどの人が、こうやって湖に入って頑張っているようだ



昨年カヌーに乗ったあたりの奥に、雌阿寒岳がクッキリ浮かんでいる

まだラーメンがそのまま胃に残っているので、最初は走らないで急ぎ足で歩く



途中から走ったり歩いたりで、30分ほどで二本松の丘に到着

釣り人の車が、9台ほど止まっていた



いよいよこの橋の、解体工事がはじまるらしいが?
始まったら向う側へ渡れなくなるのか?   完成まで数年かかると思われるので、仮橋を造ってもらいたいものだが

写真の右側の川縁で、シートを敷いて弁当を広げて楽しんでいる家族らしきグループがいたが、なかなかイイ感じだった



ここからが長く感じる・・

でも、車が通ってないので、表面がサクッと柔らかくなっていて、膝の負担が少なくて助かる



雌阿寒岳が、間近に見える

近くでタンチョウが大きな声を上げているが、頭の部分がちょっとだけしか見えない(写真では見えない)


だいぶ雪解けも進んできたようだ

かなり風が強いので、汗はかいているが、ダラダラにならないので走りやすい



乾いた枯草ばかりに見える湿原だが、大部分はこんな感じで水に浸かっている

それにしても、カエルがうるさいくらいに鳴いている
すでに卵を産み付けられた水たまりも多いようだ



ここもカヌーの乗降所の一つだが、遠くに斜里岳が見えている

ここまでは反対側から車で来られるが、誰もいない



相変わらず鹿が多すぎる・・

さっきから、いきなり飛び出してきたりして、おじさん何回もビックリ



鹿に皮を食べられた木

こんな木や、かなり悲惨な状態の木が延々と続いていた



それにしても、遠い・・

太ももに軽い肉離れの症状が出てきたような



1時間10分ほどで、ようやくコッタロ湿原展望台に到着

トイレはまだ冬季閉鎖中
裏の急階段が、疲れた体にトドメを差す・・


ハァハァゼイゼイ展望台に到着
ここはタンチョウがいる確率が高いのだが、残念ながらきょうはイナイ

写真ではよく分からないが、摩周岳や斜里岳が見える

ここも風がかなり強いので、急速に冷えてくる


来た道を振り返る

ずいぶん遠くまで来たものだこと


帰りの疲れることったら・・
強い風は、まともに向かい風だし

さっきから痛い痛いと思いながら我慢していたが、汗ばんだ玉禁さんがこすれてヒリヒリ
仕方ないので、変な恰好で歩くことに・・


ようやく二本松橋まで戻ってきた

ネコヤナギ?  これって、今時期だったっけ?(もっと早いかと思っていた)



さっきのラーメン屋さんを過ぎて、塘路駅まで行ってみようか

例の伐採された白樺の根元が、なにやら光って見えるが?



まだ根が生きているのだろうか?  水を吸い上げているらしく、かなりの水分であふれていた

この後、駅まで行ってから出発地点に戻る

約2時間半ほどのランと歩きが終了
すでに脚は痛いし、腰にも電気が走るし・・




帰ってシャワーを浴びてから、体重を計ってみる
水分が減った分とはいえ、85.9キロだった     86キロを切るのは何年ぶりだろう

成績が良かったので、とりあえず昼ビーをやってみた

最初の一杯はまぁまぁウマかったけど、あとはなんだか苦いだけに感じるような

すっかり疲れたおじさん、この後は晩飯まで寝たきり状態



それにしても、もう4月の半ばだ・・
この速さは、どうなってるんだろう? かなりヤバイ状態です(飲んでる場合じゃないな・・)






Last updated  2021年04月12日 12時56分38秒
コメント(14) | コメントを書く


2021年03月29日
カテゴリ:趣味、その他
これは土曜日   久しぶりに、釧路庵へ行ってみた
ここもえび天が立派なので、天ぷら蕎麦にしようか迷ったが、今回は五目そばにしてみる1200円

大きなえび天に、かしわやシイタケ、かまぼこなど具たくさんで贅沢な蕎麦だ



江戸東よりもデカいかもしれないえび天は、先っぽまで正味エビ
そばは写真より色が濃くて、かなりウマイです

最近は大盛りにはしない分、ツユをほとんど飲み干してしまう傾向があるが・・
ここのツユ、出汁がたっぷり効いてウマいが、かなり甘さも強く感じる




これは昨日  昼頃から少しポツポツきたので、本降りの前に慌てて少し走ってみた
今回は春採湖を、いつもとは逆回りでイってみる

一部の氷は解けていたが、大部分はザクザク氷で、今回の雨でかなり解けると思われる




少し前までは、ドロドロだったコースも、ほとんど乾いてきたようだ




右上が出発地点の博物館

アチコチに蕗の薹がでているが、それ以外はまだ枯草のまま




そのまま一周ではつまらないので、沼尻から軌道跡を通って、千代ノ浦方面へむかう

軌道跡を、遊歩道か何かに活用できないものだろうか



千代ノ浦漁港から、米町方面へ向かう

流れ着いたコンブを拾っている人がいる
この辺りから米町方面は、打ち上げられたコンブの匂いがものすごい



弁天ケ浜に復活した信号機
とうとうこの辺りで、雨が本格的に降ってきた・・

線路跡を知人まで行こうと思ったが、ここで諦める



途中、小降りになってきたので、米町公園に登ってみた

左は、石川啄木の歌碑



どこからでも見える日本製紙の煙突は、釧路のランドマークみたいなものだが、8月の閉鎖以降は廃墟のランドマークになってしまうのか・・

一週間ぶりなのですでに脚が痛いが、急いで戻る
出発地点についた頃、いよいよ本降りになってきた

何だか、一週間ごとに天気が悪いのは何故? 来週も雨らしいが・・



これはちょっと前
丸亀製麺で、キツネうどんと、タケノコ、キス、チクワ天でいってみた850円
相変わらずタケノコ天は、衣が分厚いので剥がして食べる

かなり大きなアゲだが、やたらと甘すぎる・・
なんだか砂糖水にでもつけたような感じで、まわりの出汁まで甘くなってしまった・・



土曜日の晩酌
和商市場に紅ズワイガニが出始めたようなので、さっそくヤッテみた これで2000円くらい
味噌はダメだが、身はなかなかウマかった

花でこれの甲羅焼きをヤリながら、日本酒をイッパイやってみたい

この日もこの後は、菊水や二階堂をダラダラ止まらない・・



なんだか今日も雨模様だし、だるい月曜だ

天気が良くて風のない日にでも、どこかへ繰り出してみたいものだが






Last updated  2021年03月29日 12時31分36秒
コメント(10) | コメントを書く
2021年03月22日
カテゴリ:趣味、その他
これは土曜日
きょうは仕事だったが、天気もいいし、しばらく走ってないので、抜け出して細岡駅から少し走ってみることに

雪はほとんどないが、ベチャベチャ状態



雪解けで水量がかなり多いのかと思ったが、それほどではないようだ
でも、近くで見ると思ったより流れは速くて恐ろしいくらい

きょうもたくさんの釣り人がいたが、釣れている気配は見られなかった



きょうは富士山がクッキリ浮かんでいる

てっぺんの雪も、だいぶ少なくなってきたようだ



ヤッチーはまだ氷に包まれていたが、氷の下をチョロチョロ水が流れているのが聞こえる




すぐそばの土手に、福寿草が咲いていた

ちなみに、地面はまだ完全に凍っている



24分ほどで、展望台に到着

写真には誰も写っていないが、きょうはそこそこ観光客がいるようだった



景色は冬とそれほど変わらないが、日差しがかなり強くなってきた感じがする




雌阿寒岳のアップ

今年は、左の阿寒富士にも登ってみようか



湿原の反対側の丘に、釧路湿原展望台が小さく見える

汗が冷たくなってきたので、そろそろ帰ろうか



細岡駅手前で、列車の音が聞こえてきた
網走からやってきた列車らしい

細岡駅は素通りで、釧路方面へ向かっていった



さっきから、いたるところに鹿がいたが、駅にも数頭のシカがいた

オスはどこかで戦っているのか、きょうはメスばかりの群れだった



時間は前後して、湿原の前に食べた昼

きょうはお彼岸なので、目当ての蕎麦屋さんはすでにビッシリ
かなり久しぶりに、六華園へ行ってみる



ランチセントがお得のようなので、カツ丼セットにしてみた1000円

両方とも、若干少なめに造られているので、大丈夫だろう?




結構厚めのカツが、サックリとなかなかイイ感じ

一気に掻きこみたい衝動をガマン


中華屋さんのラーメンも、おじさん結構好きです
優しい中華スープ風味のラーメンって感じで、スープも全部飲み干してしまいたいくらいだ

少なめの麺の量も、ちょうどいい感じ
一応ご飯の方は、1/3以上残してみた



さっきの湿原ランの後、少し仕事をしてる振りだけ・・

すでに4時を過ぎているが、予定より仕事が早く終わったし、あしたは嵐らしいので、明日の分も走っておこうか

とりあえず春採湖を一周してみることに
それにしても、ずいぶん日が長くなったものだ



コースの雪はすっかり解けたようだ    湖の氷も、ザクザク状態に近い感じだ

でも、気温が2度ほどだし、風が強くなってきたので寒い



それでも、軌道跡の南側斜面には、フキノトウが一面に顔をだしていた

そろそろ居酒屋に行けば、フキノトウの天ぷらを食べられるかな



一部コースがドロドロのところは、軌道跡を走ってみたが、足をくじきそうだし走りにくい
きょうは2回走ったし、どれだけ体重が減ったか期待して計ってみたのだが

何と、前回計った時より、逆にけっこう増えているではないか・・
やはり運動不足と、前回の街が原因か(晩酌のやり過ぎも)


なんだか毎週日曜日は天気が悪いようだ
運動どころか昨日も、一歩も家から出なかったし、久しぶりのランで筋肉痛が激しいし・・

そろそろ、会社帰りのランを復活してみようかな(でも面倒くさいしな)






Last updated  2021年03月22日 12時30分56秒
コメント(11) | コメントを書く
2021年03月08日
カテゴリ:趣味、その他
これは土曜日
桜ケ丘にある、ラーメン三栄軒に行ってみた(目当ての蕎麦屋はきょうも一杯だったし)

ここに移転してから初めてだが、ここはもともと何の建物だったっけ?



カウンター前に、懐かしい新栄町時代の写真が飾ってあった

冬はかなり寒かったと思われるが



ピリ辛みそラーメンにしてみる750円
以前の値段は忘れたが、全体的にリーズナブルなのは変わっていないようだ

相変わらず気さくで小柄な、年配のお母さんが頑張っているので一安心
それにしても、店の中が冷え切って寒いのだが・・(ストーブあったっけ?)


ここの醤油や塩もそうだが、やさしい感じのスープがイイ感じ
でもこれ、けっこうピリ辛が効いてくる

途中から鼻水がでてきたが、食べ終わるころには体が、すっかり冷え切ってしまったような



これは昨日
脂肪燃焼の前に、とんこつラーメンのふくちゃんへ行ってみた

店にはいると、体温を計られた


本当は、角煮丼か揚げもつラーメンがウマそうだったが、これを見てしまったらどうしようもないか

ノーマルのとんこつラーメンに、麺をロカボに変更してもらうことに



とんこつラーメン ロカボ麺730円+110円(ロカボ高いなぁ)
アレッ! 全体的に量が少ないような気がするが   麺自体の量も少ないようだ

でも、スープはさすがにウマいです



若干扁平のこの麺、悪くはないが少し変わった食感のようだ
何となくカップヌードルの麺みたいにも感じるような?

高菜漬けを入れてみたが、いいアクセントだ
全部食べても、お腹が空いた状態に近い・・    仕方ないので、スープをほとんど飲み干してみる



きょうは天気が良いが、風が強くてけっこう寒い  気温は-1度くらいか

お腹が空いている状態だが、いつもの北斗遺跡展示館から軌道跡を攻めてみることに
カンジキを手に、イザ出発


ここにくるまで、硬い雪の轍が深くて、車の腹をガリガリこすってしまった・・
やはりアウトドアには、ジムニーがほしいところだ


それでも南側の斜面などは、けっこう雪が解けているようだ
道路は竪穴復元住居の管理のためのもので、一般車両は入れない

左に、木製の展望台が見える


軌道へ向かう木道は、やはり雪に埋もれている

かなり以前に誰かがスノーシューで歩いたらしく、微かに跡が残っている
時々ズボッとハマるが、足跡の上はけっこう硬いので何とか長靴でも大丈夫


いつもの軌道跡

工事車両のタイヤの跡が見えないが、工事はすでに終わったのだろうか?



アチコチにタンチョウの足跡が

何処かから声が聞こえたが、きょうは遭遇しなかった



定点観測の小川

サラサラと春の小川のような、心地よい音が聞こえる



それにしても、相変わらずイルイル・・

きょうは4ヵ所くらいで遭遇したが、時々おじさんを警戒したかん高い声が聞こえる



工事車両がないので、工事は終わったらしい

見る影もなかった木道が、立派によみがえっている


・・と思ったら、僅か50mほどで工事は終了・・

予算の関係もあるのだろうが、最低あと50mはやってほしかった



ここもカンジキは履かないでイケそうだが、やはり時々ズッポリハマってしまう

足跡がたくさんあるようだが、全て動物のものだ
かなり以前のカンジキらしき跡がかすかに見える(もしかして先日のおじさんの?)


先日の雨で、雪の表面がガラスの様にカチカチになっていて、時々ツルンと滑る

ズボッとはまると、ガラスの破片みたいになってアブナイ
手袋は必需品だ



上の方は一段と風が強くて、汗をかいた体が冷える

サテライト展望台には、もちろん誰もいない



何となく春が近い感じに見えなくもないが、やはり春はまだだいぶ先のようだ

ホントは写真のもう少し左に、斜里岳や摩周岳がクッキリ見えていたが、コンデジではイマイチだった


ぐるりと廻って、竪穴住居近くまで戻ってきた

ここからも日本製紙の煙が見える



今回は約1時間半ほどで、出発点に到着
腹減った・・

晩御飯を食べる前に体重を計ったら、一年ぶりくらいに86.4キロまで下がっていた
目標の80キロまでは、まだ長い道のりだ



それにしても、釧路はどうなってしまったのか?
連日20人近くも出ては、ますます街に出にくくなってしまうな・・






Last updated  2021年03月08日 12時50分38秒
コメント(15) | コメントを書く
2021年03月03日
カテゴリ:趣味、その他
今朝のおじさんの車
昨日は大雪にならなくて助かったが、霙が凍って道路も車もテランテラン状態だ

ドアが凍ってなかなか開かないと思ったら、見事に氷でコーティングされていた



ネタがないので、きょうの昼
丸亀製麺に、辛アサリうどんがあったのでたのんでみた 天ぷらはゴボウ、大エビ、半熟玉子 全部で1180円 

けっこう辛いが、それほど後を引かない辛さだ
ワカメがいいアクセントで、けっこうウマい

と思ったら、だんだん効いてきたような・・


大エビ天は衣が厚いので、申し訳ないけど剥がして食べた   これは290円もするので、もったいないか・・

かなり気を付けて食べたつもりだが、シャツに赤いしみがアチコチに・・



これは先日の最終日
春採湖の後に、釧路川鉄橋で帰りのSLを撮ってみることに

帰りの列車は右からやってくるので、対岸にもカメラマンがスタンバイしているようだ



現在潮が満ちてきているようで、川下から右の上流へ水が流れているが
ンッ?  なにやら毛ガニの脚が流れてきたようだが?

茹でたカニではないようだが?



少しして、胴体が引きちぎられたような感じの脚も流れてきた

何とも痛々しい姿だが、魚の仕業だろうか?    それとも獰猛な動物でも潜んでいるのだろうか?



しばらくして、いよいよ今季最終の列車がやってきた




熱心なマニアがけっこういるようだ

折り返しの標茶には、転車台がないので、帰りのSLはバック運転



心なしか、少し寂しそうに見えるような気がするような




行ってしまった・・

これで来年までお預け 
明日から、何を追いかけようか



おまけ
先日食べた、くしろにしんそばの、ネギワカメそば750円

ネギとワカメと出汁のバランスがいいようで、なかなかウマい



細めの手打ち麺も、喉越しと蕎麦の風味が豊かでとてもイイ感じ

ここ、蕎麦はウマいのだが、もう少し出てくるのがスムーズだとアリガタイのだが
先客がいると、少し待つ覚悟が必要か



だいぶコロナも収まってきたと思ったら、なにやらクラスターが発生したとか・・

今週はどうしようかな・・






Last updated  2021年03月03日 17時17分30秒
コメント(8) | コメントを書く
2021年03月01日
カテゴリ:趣味、その他
これは土曜日
細岡駅を過ぎて、釧路神社近くの丘から撮ってみた
晴れていると、雌阿寒岳がクッキリ浮かんで奇麗なのだが、きょうは残念

どちらかというと、帰りのSLの方が人気があるらしく、きょうは誰もいなかった



この後、何と今年初めての北大通東家へ寄ってみた    アレッ!仕事仲間の知り合いがいるぞ
知り合いがたのんだ、三色せいろがウマそうだったので、おじさんもたのんでみる 950円

左から芥子、柚子、通常の貴美せいろ  いろいろな風味を楽しめて、とてもイイ
これと、かしわ抜きでイッパイやりたいくらいだ



常連の知り合いは、大盛りにしてもらったようだ

こんもりと盛られた山が3つ   かなりの量だ
おじさん、この知り合いに奢ってもらいました(ごちそうさまでした)



これは昨日
いよいよきょうはSLの最終日・・

例の跨線橋は、きょうも人がイッパイ



まもなく出発だったので、あわてて近くから撮ってみる

正面がさっきの跨線橋だが、つまらない写真になってしまったか



きょうは阿寒の山がクッキリ浮かんでいたので、昨日と同じ釧路神社の丘に登ってみた
きょうは札幌ナンバーが2人と、釧路ナンバーが1人の先客がいたので、ギリギリ右側から撮影

何か昨日と様子が変だと思ったら、直径5~6センチの邪魔だった木が切り倒されている
おそらく昨日の午後に切られたものと思うが、これはイケません(右下手前の枝も折られているのが分かるだろうか)



どうも風向きがイマイチのようだ

やはり機関車がこちらを向いている、帰りの方が絵になるかな



この後、とりあえず塘路駅まで行ってみた

駐車場が満杯で、車を止められないくらいだ
でも、以前の様に観光バスは一台も止まっていなかった



例の白樺並木と一緒に伐採されたと思われる、巨木の切株

夏は緑が映えて、イイ感じだったのだが



出発直後のSL    女性や子供の鉄っちゃんも、けっこういるようだ

そういえばさっき、ホームのすぐ目の前で(向こう側)鹿がウロチョロしていた



あぁ~行っちゃった     列車のなかからみんな手を振ってくれている

このまま追いかけようかと思ったが、少し運動をしないとならないので諦める


問題は昼をどこで食べるかだ
塘路の2軒は一杯だし、市内まで戻るが、目当ての店はどこも一杯

1時を過ぎてしまったが、くつざわも駐車場が一杯・・



久しぶりに益浦にある、愛楽亭にいってみた
ワンタン麺の塩にしてみる 830円

カウンターに、小振りのイナリとチャーシューおにぎりが置いてあるが、ガマンする



ここはアッサリした塩ラーメンが有名だが、上品な味でとてもウマい
透明感のあるスープは、アッサリしているが奥が深い感じだ

卸しショウガは、味の変化が大きいので、好みで少しずつ入れたほうがいいだろう



本当は湿原を走りたかったのだが、時刻は2時を過ぎてしまったし、とりあえず春採湖一周に変更

風が少し強いが、気温は何とかプラス
コースはザクザクドロドロで走りにくい


いつもカラスがうるさいが、このあたりはいつもビッシリ群れていて気持ち悪い(鳴き声もかなりウルサイ)

かなり近寄っても逃げないし、襲われそうなので急いで歩く・・



臨港鉄道の機関車が、相変わらずそのまま放置されている




雪の上には、けっこう小動物の足跡が一杯

実はこの後、釧路川鉄橋まで今期のSL最後の姿を追いかけてきたのだが

長すぎるので次回に



相変わらず晩酌は続く・・

そういえば珍しい酒をもらっていたのを思い出す
これ、上川大雪酒造と、帯広畜産大学が提携して造られた日本酒 碧雲蔵

昨年が初めての出荷なので、初しぼり
少々甘めに感じるが、米のふくよかな味わいを感じて、かなりいいお酒です



醸造所はなんと、畜産大学の構内にあるらしい

そういえばここは、nkucchanの一回目の母校だったと思うが?



なにやら今晩から明日いっぱいは、大雪になるらしいが?

先週は、雨って言ってなかったっけ?   たのむから大雪にならないで欲しい・・






Last updated  2021年03月01日 12時43分16秒
コメント(10) | コメントを書く
2021年02月24日
カテゴリ:趣味、その他
これは月曜だが、輸送艦くにさきが停泊していた

夜見るとかなり不気味だが、何か訓練でもあるのだろうか



これは昨日  自宅の雪かきで疲れたが、きょうもとりあえず追いかけてみることに

湿原駅すぐの、例の踏切にいってみたが、また雪が降ってきた

それでもたくさんのカメラマンがいるようだ



湿った雪がますます激しくなってきた・・   みなさん立派なカメラを濡らさないように、大変なようだ

何度も雪を払うが、頭もジャンバーもすぐにベチャベチャ




まもなくSLがやってきたが、おじさんが一番遅く来たので、電柱が入る場所しか空いてなかった・・

おじさんが先日撮影した場所は、このすぐ奥



湿原駅を出発してすぐなので、列車はまだ勢いがついていないらしく、登り勾配を必死に登ってくる




止まりそうなくらいの勢いだ




SLが通過すると、みんな客車に手を振っている

客車の中からも、一生懸命に手を振ってくれるのが見える
何とも微笑ましい一体感だ


少し小降りになってきたので、細岡駅まで戻って展望台まで歩こうと思ったら、また激しく降ってきた
しばらく待ったが、収まる気配がないので、街まで戻ることに


昼は、芦野にある、「とんかつのかんだ」にいってみた
きょうはトンカツ定食にしてみる1210円  すごいボリュームがあるカツ

特製ソースか、中濃ソースで食べるが、半分くらいで、お腹がいっぱいになってきたような
一部生っぽい部分があったのと、カラシが少し乾燥気味だったのがちょっとかな

ドンブリ飯くらいのご飯は、一応半分近く残してみた



この後、街中を少し走ろうかと昼寝していたら、再び雪が激しく降ってきた

けっきょく今日の運動は中止することに・・
ちなみに、今朝はこの輸送艦はいなかった



どうでもいいおまけ   これはちょっと前、かまくらで食べた、親子せいろ800円
麺は石臼挽き、かしわは若鳥にしてみた

ふわとろの玉子と柔らかい肉がイイ感じ   これはウマいです
最近は、蕎麦の単品でも我慢できるようになってきたかな

でも、晩酌が増えているので、体重は変わらずだ・・



そういえば早いもので、SL湿原号の運行は、27日と28日のたった二日を残すだけになってしまいました・・

おじさん土曜日は、仕事休もうかなぁ~






Last updated  2021年02月24日 12時42分04秒
コメント(11) | コメントを書く
2021年02月22日
カテゴリ:趣味、その他
これは先週の帰り道(18日)
少し遠回りして、街の様子を見にいってみた

途中、新聞にも載っていたが、ホテルの照明がハート型に点灯されていた
医療従事者への感謝の気持ちだったっけ?




これは土曜日
おじさん、相変わらずやってます

出発直前の様子だが、ずいぶん煙まみれになっているようだが



出発の汽笛のあと、何故か出発しない湿原号??

しばらくして、再び汽笛を鳴らして出発
何だか、見てるだけでゲホゲホしそう



きょうもこの人道橋には、たくさんのカメラマンがいたが、この橋は人が歩いただけでものすごく上下に揺れて恐ろしい・・

ちょどこの辺りで、撮影に関係ない人が通ったので、大きく上下に揺れて撮影がうまくいかないくらいだ
三脚+望遠レンズで撮ってる人は、きっと焦っていると思われる



この後、久しぶりにエスニックのチャンティカへいってみた
ベトナムフォーにしようか迷ったが、刺激的なトムヤムフォーにしてみる920円

かなり酸っぱ辛くて、本格的な味だ   そういえばパクチーの追加を忘れた



たのめば、この唐辛子を発酵させたような辛みを持ってきてくれる
これが、とびきり辛いけど、奥が深くて料理の味を引き立ててくれるスグレモノだ

これ、いろんな料理に応用できるかもしれない



真っ白で清楚なフォー
ツルン プチッって感じの食感で、とてもイイ感じ

それにしても、さっきの辛みを入れすぎたか
汗と鼻水が出てきて困った     でも、ウマいのでスープは全部飲み干す
でも、夕方まで胃がヒリヒリ・・



これは昨日
釧路湿原駅から出発してすぐを、撮ってみた

ちょっとこの場所はイマイチだったか



木が邪魔だし、ごくありふれた写真になってしまった

写真には写ってないが、線路際にへばり付いて撮影しているカメラマンがいたが、迫力ある写真が撮れたことだろう

この先の急勾配のカーブが、人気の撮影ポイントだ
たくさんの人がいたが、やはりそちらの方がよかったかな



帰り道
ここはおじさんがいつも走るコースだが、狭い道路にカメラマンの車がビッシリ!
これじゃ、すれ違うのがやっとだ・・

右側の山の中腹から撮影するようだが、こんなにいたら、場所取りも大変だと思うが



この後、街まで戻って昼にしよう
手打ちそばの宮嶋は込んでいそうなので、以前一人焼肉をやった長久園隣の、らーめん貴久屋へいってみた

ここも小さな昭和的なお店だが、地元の常連さんでけっこう込んでいた



アッサリと野菜塩ラーメンにしてみる750円
なんとなく懐かしい感じの優しい塩ラーメンって感じだ

たっぷりの野菜がウレシイ   とくに白菜が甘くてイイ感じ



釧路ラーメンよりわずかに太い、中細麺もなかなかイイ感じ
特別個性があるわけではないが、安心して食べられるラーメンだ

ここ、普通の醤油や塩が1ラー(600円)なのも、今時アリガタイ店だ

そういえば、年配のオッサンが食べていたカツ定食がウマそうだった



少し昼寝をしてから、久しぶりに春採湖を一周してみた
気温は3度ほどあったので、大汗をかかないようにウインドブレーカーで出発

最近の暖気で、コースはザクザクで歩きにくい



湖の氷もかなり緩んでいるようだ

歩きばかりでは埒が明かないので、走れるところはなるべく走ってみたが、長靴で走るのはかなり疲れる



一周するのに50分近くかかってしまった

かなり汗ばんでいたが、博物館で臨港鉄道の写真展をやっているので、ちょっと寄ってみることに



エントランスのマンモスホールでやっているので、入場料は無料だ




廃止直前の様子や、線路の撤去作業など懐かしい写真がいっぱい




見慣れたはずのこの景色は、今はもう見ることはできない・・

そういえばこの頃、おじさんもかなりたくさんの写真を撮ったのだが、全く整理してないし・・



しばらく焼肉をやってないので、仕方なしに自宅焼肉
おじさんは、ホルモンと懐かしいラムロール肉をメインにイってみる

ホットプレートは、少々じれったいが、やはりたまには肉だ



なんだか一見健全そうだが、ダラダラ宅飲みは続いているし・・

今週はどうしようかな






Last updated  2021年02月22日 12時28分16秒
コメント(10) | コメントを書く
2021年02月18日
カテゴリ:趣味、その他
こちらは雪が降らなくて助かったが、強烈な風が吹いていた   16日の様子

岸壁のゴムと漁船がこすれて、恐竜のような雄叫びを上げていて、不気味だ



飛沫が凄いので、すぐに退散することに

この後、近くの道路が海水で冠水して、通行止めになっていた




コロナの影響で、おじさんも極端なネタ切れ
ブログ存続も危ぶまれるかも


これは先日食べた、丸亀製麺のかけうどん、チクワ天、タケノコ天、イカ天 全部で690円
タケノコがなかなか良かったが、衣が厚すぎるので剥がして食べる

おじさんここの麺と出汁は好きだが、どうもネギが薬臭いような気がして苦手だ
おじさんだけかなぁ~? 結局皿に戻す



これは昨日 COCO壱のフライドチキン+やさい 低糖質 3辛 1151円

フライドチキンが、なかなかウマい



例のカリフラワーライスだが、慣れてくると普通に食べられる
最近は以前より小食なので、胃が小さくなってきたのか、夕方になってもそれほどお腹が減らなかった

それにしても、注文を厨房に通すときに、大声で低糖質カレーと叫ばれるのは恥ずかしい
せめて、ロカボくらいにしてほしいものだが・・



これはだいぶ前   2回目の中標津富貴庵
お客さんが奢ってくれた、あいのり蕎麦

なかなかウマいが、モロに糖質だし量も多いので、もり蕎麦を半分残す


これは先週の金曜
ちょうど近くを通りかかったので、運輸車両所から釧路駅に向かうSLをパチリ

さすがに平日なので、追いかけるわけにはいかないし



例の釧路ガス横の、跨線橋
平日なのに、カメラマンがビッシリ


何だかあまり街にでないと、出るのが億劫になってきたような


当分は健康ブログでイってみるしかないか・・






Last updated  2021年02月18日 12時32分58秒
コメント(12) | コメントを書く
2021年02月15日
カテゴリ:趣味、その他
これは土曜日
一応仕事中なので、鉄橋を渡ったSLをちょっとだけ

ここで写真を撮った後、次の撮影現場に向かう人も多いようで、道路はちょっとした渋滞状態だ


この後、久しぶりにジャマイカタウンにある、ユアーズダイニングへ行ってみた

左に屋台村があるのだが、おじさんまだ行ったことありません(年軒くらい入っているのだろうか?)

テイクアウトのお客さんが出てきたが、時間が早いのかまだ誰もいない



けっこう時間がかかったが、タンドリーチキンセットがやってきた1485円

さすが人気店だけあって、おじさんの後に6組ほどやってきた
しかもほとんど女性客ばかり



タンドリーチキンが沈んで見えないが、なかなかスパイシーでウマい
焼き立てのプレーンナンも、フックラモッチリとてもいい

けっこう辛いと思いながらも、まだ余裕で食べていたが、底の方には黒いドロドロのスパイスが沈んでいた!

最後はスパイスだけを飲むような感じになってしまって、夕方まで胃がヒリヒリして参った・・




かなりしつこいおじさん、夕方に帰りのSLを撮りに東釧路駅まで行ってみた

白い蒸気は、いま汽笛が鳴っているところだが、ビックリして心臓が止まりそうなくらいに大きな音だ



さっき観察していたら、やはり石炭投入でのモクモクではないような気がする
ジュ―ッって感じの音とともに、黒煙が上がってくるように見えるのだが?

写真では見えないが、石炭はほぼ空っぽになっていた
2tくらいも積み込むのだろうか?  標茶では石炭は積み込まないので、以外に燃費がいいような気がしないでもないような?




これは昨日
おじさん家近くの、釧路ガス横の跨線橋  イルイル

日曜日だけあって、カメラマンであふれている
早い人は、一時間以上前から場所を確保しているようだ



きょうはどこから撮影しようか迷ったが、とりあえず遠矢駅に行ってみた

今回は、跨線橋ではなく、下のホームから撮ってみる



この運転士(助手)は、さっきからずっと手を振っていた

かなりなスピードが出ているようで、すれ違う時はかなり恐ろしいくらいだ
熱中すると、つい線路に近くなってしまうが、キケンなので気を付けて欲しい(汽笛を何度も鳴らされることも)



次は茅沼駅かとも思ったが、シラルトロ湖の向こう側を走る列車を撮ってみようか

国道脇の丘を、途中まで登ってみる



列車がやってきたが、遠くの列車を撮るのは難しい

倍率を上げて列車をアップにしたら、どこの景色か分からないし



景色をメインに撮ると、列車が小さすぎてよく分からないし





この後、久々にすぐ近くのログキャビンへ行ってみた  写真は帰るときのもの

しばらくやっていなかったようだが、また最近やっているようだ



現在はマスターが一人でやっているらしい
メニューも大幅に少なくしたし、自慢のケーキ類もやっていないようだ

おじさんの後、次々お客さんがやってくるし、マスター大忙し



ソーセージカレー880円  以前は自家製ソーセージだったが、現在はわかりません

でも、相変わらずイイ感じのカレーでした




きょうはほとんどエネルギーを消費してないので、少し歩いてみることに

エコミュージアムセンター裏の遊歩道は、ザクザクだがスノーシューの踏み跡があって、長靴でもなんとか歩けるようだ



とりあえず、二本松橋まで行ってみよう
右の山の木が無い当たりが、以前SLを撮影したサルルン展望台

この道も釣り人達が歩いているのか、何とか歩けるようだ



分かりにくいが、鹿が木の皮を食べた跡

アチコチに雪を掘り返して、食べ物を探した跡がある



二本松の丘に到着
きょうは気温が高いので(4~5度くらい)暑い   ジャンバーを脱いで歩く

右にスコップで除雪した後が!
どうやら、SLの撮影スポットの丘に向かうための除雪のようだ

ずいぶんと熱心なマニアがいるものだこと!



出発してから40分ほどで、通行止めの二本松橋に到着

向う岸に釣り人が見える



コッタロ湿原に向かう道は、わずかに踏み跡があるが、カンジキが無ければ無理だろう

とりあえず、ここで折り返す



さっきの釣り人が、諦めて帰っていく
釣れましたか?と聞いてみたが、「きょうはサッパリだぁ」との答え

この人、歩くのが以外と速い、どこまでもおじさんの前を歩いていく

二本松の丘に登ろうかとも思ったが、雪だらけになりそうだしアキラメル



ようやく踏切まで戻ってきた   
少し風も出てきたようで冷えてくる

全部で2時間20分ほどの行程だったが、これで今晩も少し日本酒を飲んでも大丈夫かな


なんだか最近は、夜ネタがないので、すっかりアウトドアブログになってしまったような・・

何やら今晩は、大雨の予報だが
大雨も大雪もいらないな・・






Last updated  2021年02月15日 12時35分28秒
コメント(9) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全414件 (414件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.