056498 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

メタボ1号の問わず語り

PR

X

カテゴリ

プロフィール


メタボ1号

バックナンバー

カレンダー

お気に入りブログ

2021 MotoGP … New! K,R,P.さん

2019.12.14
XML
カテゴリ:退屈な老後
​​​​​​​​​​​ 暫く前のこのブログに「70歳は迎えたくない」ブーイングと書きました。
ず~っと前から、そう思って来た私です。
然しながら、その時がグッと近づいて来た時計今は、更に切実に感じる様になって来ました。わからん
古臭い昔型の侍的男の私ですから、無様な姿の自身を見たくないのですNG
やはり思った通りの変な奴だと感じるでしょう。

 さて、今回のクラブ移籍の理由(原因)の大きなひとつに、「クラブ高齢メンバーの数多い無礼な振る舞い」があります。
私が察するに、仕事の現役を終えた男は一気に自分中心になって仕舞い、更には周りの誰や彼やよりも優位に立ちたいと強く思うのではないかと。ウィンク
特に際立つのが、元公僕の人達。
彼らに関しては、仕事の現役時代に於いても、自分たちの収入の源泉としての存在である市民を「お客様」と捉えてはおらず、仕事をしてやって居ると言った様な思いがある。
ですから、現役引退後も目上から目線を続けて仕舞います。
前所属クラブはサイズが大きかったことから、メンバーの数も多く、日中は特にリタイヤ男達が沢山居て仕舞う。
まあ、そんなこんな人達の様にはなりたくないとの思いが積もり積もって、ある日、爆弾爆発したのだと感じます。

 そして只今所属のクラブ。
規模が小さい事で、瞬間瞬間においてクラブ内に居る絶対人数が少ないうっしっし
また、スタジオレッスンについては、高齢男性の参加は極めて少ない。
ですから、スタジオ内でのストレスは格段に少ない。
やはり、今回の移籍は正解だったと思います。(...かな?)
ただし、ロッカールームでのストレスは前所属クラブとの差は余りありません。雫
ガラガラに空いているロッカーなのに、突然隣のロッカーを選択するジジー(訂正:高齢男性)。
前所属クラブでは「ガラガラに空いて居ますよ、何故、隣のロッカーにするの!?」いなずまと言う事もありました。
昨日金曜もそんなシーンが!失恋
私は口を噤んで、私が離れたロッカーに移動足跡
って、この方が確実に効くパンチでしょう。

 まあ、そんなこんな(?)の年寄りキラーどくろの私ですから、自身がボケジジーと化して、周りを不愉快にさせる事をしたくないのです。
タイムリーな神様仏様の思し召しを希望しますハート(手書き)
やはり、桁違いの変なジジーです!
では。​​​​​​​​​​バイバイ

<< オ・マ・ケ! >>←クリック






最終更新日  2019.12.14 10:08:30
コメント(0) | コメントを書く
[退屈な老後] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.