口先HOUSE

スピリチュアルな税の相談

 スピリチュアルな税務相談

 ここ最近ですが、岡山を中心として発行している地域雑誌「ぷらん・ねっと」にて、地域通貨なる試みが展開されています。
 それぞれが、世の為に自分なりに貢献できる部分を紹介して、それを現在流通している貨幣以外の地域通貨で交換をしようとしています。内容の説明はなかなか難しいのですが、面白そうなので好奇心旺盛な口先父さんは二つ返事で参加する事にしました。

 提供できるサービスは ???
 参加を決めたのは良いのですが、さて自分に出来るサービスはと考えたとき。ほとんど無い事に気が付きます。
 周りの仲間達は「書類の整理」「年寄りの世話」「美味しい食事が作れる。」「ワープロ打ち代行」「心に響く歌が唄える」「懐かしい民族楽器演奏」「子守り」「紙芝居」「占い」「呼びこみ」「イモゴリラ踊り」「若い女性限定のマッサージ」等々の独特なサービスが集まっているのですが。

 さて、「自分が出来るサービスねぇ。」
 と、考えて見るとなかなか思い浮かびません。他の仲間が持っている一芸が有る訳でもなく、手に職もなく、これと言ったヒーリングも出来ず、直観力も乏しく、子守りも下手糞だしなぁ、、、。
 と考えていたら、「そうそう、時々訳のわからん税務相談をする事があった。」と思い出し、これを地域通貨に載せる事にしました。 

 題して「スビリチュアルな税務相談」
 長い前置きでしたが、そんな税務相談事例から少し。
 平成初期のバブル景気が岡山でも絶好調で、まだまだ土地は上がり、何をしても金儲けになっていた頃の話です。

 岡山市郊外の住宅地に大きな田圃を持っていた人から相続対策についての相談が寄せられます。
 内容は「現在の評価額で約5億円以上の田圃があって、もし相続が始まると半分近い税金を納めなければならない。有効な相続対策は ???」と言うものでした。そして当時、沢山の住宅メーカーの営業員が相続対策の為に田圃を造成してアパート建築を進め、その営業員が紹介する税理士が試算した相続評価額を元に、多大な相続税額を試算し、そのお百姓さんを多いに不安がらせ、思い悩ませていました。

 私の所に持ってきた、そのハウスメーカーからの資料も「山の様」にありました。適当にその資料に目を通し、そのお百姓さんの今後の希望を聞きながら、話しを進めます。
 彼は予想以上の相続税額の試算と、多額の借金を背負ってのアパート建築に不安を感じ、客観的な判断を求めていました。
 一通りの話しを聞き、結局そのお百姓さんの自宅に行って家族全員に相続の説明をする事になりました。

 「この相続税額の試算は、間違いない。」
 と冷静に説明をした後、「でも、いつ起きるか分からない相続の為に、納得の行かない借金を背負っての相続対策はしない方がいいでしょう。」と話し。「このバブル期の異常な土地の上昇は長くは続かない、いずれ下がり始め元の土地価格に戻るだろう。」と具体的なデーターを元に説明をし、最後に「最も有効な相続対策は、実は「健康な長生き」なのです。」と伝えます。

 相続対策について不安がらず、「今まで通りに健康で家族円満に長生きをすれば、いずれ地価は下がり相続税も安くなる。」の言葉に、家族は半信半疑でした。(相手の営業員は山の様な資料を元にした説明に対し、私は3枚程度のコピーでの説明で、しかも「長生き」が相続対策と言うもので。)
 多額の借金をしたくなく、農地を埋め立てるのも嫌だったお百姓は、ひとまず様子を見る事にしました。
 そんな判断をハウスメーカーの営業にすると、その営業員は烈火のごとく興奮し「そんな無責任な税理士は信用出来ないから、当社の税理士の話しを信用してアパートを建てましょう。」と何度も詰め寄ったのですが、結局のところ「長生き」を彼は選びました。

 途中で、先代の未登記の相続財産を見つけて、それをダイレクトに次ぎの世代に登記換えをした事も功を奏し、平成10年頃には相続評価額は、平成2年頃に比べて1/4から1/5程度に下がり、相続税の心配もなくなりました。
 お百姓さんは、私が帳面の仕事に行くといつも「あんたのお陰で土地の価格が下がって助かった。」とニコニコ笑顔で話しを始め、お酒を振舞ってくれます。(私はお酒はあまり飲めませんが、いつも美味しいお酒を飲みました。)そして帰りにはいつも、農地で採れたばかりの野菜を自動車一杯になるほどくれます。

 そんなお百姓さんが11年に病に倒れました。
 血圧が原因で倒れ、高齢と言う事もあって一時期は親族を呼び、それなりの覚悟をしなければならない状態を何度か迎えます。
 そんな危機的な状況を何度となく潜り抜け、昨年秋には意識が戻り、普通に話しが出来る様になります。さすがに自分の意思で立って歩く事までは出来ませんでしたが、意識はしっかりとしています。

 彼は「立てないけど、まだまだ長生きせんといけんからなっ。」と岡山弁で笑顔で話します。家族の人達も「そう、長生きせんとなっ。」って話します。
 その話しを聞きながら、「この家族はきっと、心の中からそう思っている。いつのまにか相続とは関係無く、長生きを願っている。」と
思えたのです。何となく税理士として人として、とっても、とっても嬉しい瞬間でした。

 アパート建築の紹介手数料ももらえず、毎年の高額な相続管理料ももらえなかったけど、きっと相続の申告書も作成する必要もなくなったけど、大きな物を頂いた瞬間でした。
 
 「スピリチュアルな税務相談」とは
 この話しは成功談ですが、効果が無かった事例も多数ありました。そうですね、相談者の必要としている部分とか性格、相性もありまして、全てが全て上手くは行かないのが、この税務相談ですかね。
 単に地域通貨に掲示板で「スビリチュアルな税務相談」と提示しているだけでは分からないと思いまして。まずは、説明まで。

 で、この相談は地域通貨のプランのみで受けておりますので、あしからず。えっ、地域通貨が何処で扱われているかって ???
 実は、私も良く分からないのです。交付受けつけ場所が分かりましたら、口先父さんまで教えて下さい。
 長文でしたが、まずは案内まで。  


© Rakuten Group, Inc.