だだもれ堂筆記

フリーページ

2012.08.02
XML
カテゴリ:がらくた箱
静岡東部に行った時にも同じような店を見たので関東南部の地域限定ではなく、おそらくあちこちにあるのだろうが、ここ数年「台湾料理」を標榜している赤地に金文字などやたら目立つ看板の中国料理店が増えていることに気付いている方はいらっしゃるだろうか。

店の特徴は以下の通り。

1)上にも書いたとおり、赤地に黄色とか金文字、もしくは黄色地に真っ赤な字など明らかに日本人とはちょいと違う色彩感覚の看板にでかでかと「台湾料理」と銘打っている。店名はいろいろ。2文字または3文字で、「〇〇飯店」といった名前はあまり見かけない。

2)看板の他にメニューも外壁にでかでかと書いてあることも多い。「台湾ラーメン」「醤油ラーメン」「日替わりランチ」「ラーメンセット」など。

3)定食メニューは安くて量が異常に多い。特に麺飯系。うちから一番近いこの手の店の「ラーメンセット」680円は、台湾ラーメン・とんこつラーメンなどのラーメン類と炒飯・天津飯などご飯もののセットでこの値段だが、ラーメンもご飯ものもハーフではなく普通に1人前ずつが登場するので恐ろしい量になる(笑
他の麻婆豆腐定食やから揚げ定食なども値段は7~800円が中心だが、よほどの大食漢で無い限り完食が難しい量が登場する。もちろんご飯の量もごっつい丼飯。から揚げ(1つ1つが巨大なのよこれが)などを持ち帰る客が毎度多数発生している。定食のみならず、炒め物などもかなり量が多い。油断は禁物。オーダーは控えめに、様子を見て追加が吉。

4)台湾料理を標榜していながら、台湾らしいメニューは台湾ラーメンぐらい、しかも「坦仔麺」とか「魯肉飯」とかシジミのしょうゆ漬けなどのそれらしい台湾メニューは全く無い。しかも焼きそばなどの味付けは、うちの近くの店に関して言えば完璧に中国北部の味(爆
また「こま焼き」という摩訶不思議なメニューが存在する確率が高い。豚細切れ肉をウスターソースと甜麺醤などで味付けしたこってり塩辛い肉料理で、刻みキャベツが添えてあるという不思議な料理なのだが、これが押しも押されぬチープな料理なのに何だか後を引く。

5)店員は全員が中国人。彼らの話している中国語を聞く限り、あの中国語はどう考えても台湾人ではなくかなり高い確率で全員が中国東北人だと思われる(笑

6)店は幹線道路沿いの潰れたコンビニなどの跡地にあることが多い。町の中心部ではなく、どちらかというと郊外にある確率が高い。

どんな感じかというとこんな感じ

こういう店がうちの近くのみならず他にもあると最初に知ったのは、息子の塾時代の戦友と話していた時だった。彼女が家族で時々中華を食べに行く店の話になった時、その店の特徴があまりにもうちの近くの店に酷似していた。店員が中国人、看板が巨大で目立つ、定食が安くて量が恐ろしく多い、台湾ラーメンやこま焼きがある等々。それって店名こそ違うけどうちの近くのと同じだよ、え~、あんな店他にもあるんだ。
その後ちょっと遠出するとあちこちに似たような体裁の店があることに気付き、これはもしかして全て同系統なのか?と思ったのだった。

しかし、似たような体裁でありながら特に巨大チェーンという訳でもなさそうで店の名前もそれぞれ違うし、チェーンであることを謳っていても同名の店は数店舗しかなかったりする。ということは、どこかで始まった店がたまたま当たってので、似たような店を真似して開く中国人が続出したのだろうか。それとも、中国東北出身者(残留孤児の親族など)のネットワークで次々出店しているのだろうか。中国人の間でフランチャイズ募集でもしているのか。

もしかして日本人には窺い知れない中国人の何らかの組織が、資金調達のために日本の中華料理店を全て彼らの経営する怪しい台湾料理店に塗り替えようと画策しているのかもしれない。もしそうだとしたら、こんなことを根掘り葉掘り追求していると青幇のメンバーに狙われるかもしれなかったりして。

・・・おや?こんな時間だってのに誰か来






最終更新日  2013.04.04 22:18:39
コメント(24) | コメントを書く
[がらくた箱] カテゴリの最新記事

PR

カテゴリ

プロフィール


風任

カレンダー

お気に入りブログ

アフ アカハンガ New! トイモイさん

このズレがたまんな… New! ぼちぼち7203さん

宇宙葬 放浪の達人さん

達人実家訪問 VeryBerryさん

バカな思い込み ★紺桔梗さん

りゅうLONG5000… りゅうLONGさん
Yiteng's BEIJING LI… Yiteng@Beijingさん
眉毛イヌ子の上海つ… いしま3430さん
錆びた釘の日常 RastyNailさん
そうだ、西安いこう… fucunさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.