kwn的模型製作奮闘記

Freepage List

Category

Comments

模型屋本舗@ アカウントの訂正 Instagramのアカウントは、neu_romantics…
模型屋本舗@ サイト終了のお知らせ ご無沙汰しております。 この度、当方のサ…
kwn@@ Re[1]:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) >120secさん こんにちは。 いろいろやり…
120sec@ Re:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) こんにちは! いつも勉強させていただいて…
kwn@管理人@ Re:はじめまして!(08/07) >120secさん はじめまして。kwnです。 …

Rakuten Card

2014.08.07
XML
    お次のネタはこちら。
    タミヤ1/24カルソニックGT-R Gr.Aです。
  • Calsonic_GTR_R32_20140807-1.jpg
  • 1990年発売ということで、すでに24年も前のキットです。ボディはそれなりにヒケやモールドの甘さが目立ちますが、キットの内容についてはエンジンや足回りなどがしっかり再現されていて、なかなか作りごたえがありそうです。

    では、早速。
    <穴開け加工>
  • Calsonic_GTR_R32_20140807-2.jpg
  • ボディはノーマルR32と共通のため、フロントバンパーとトランク部分に説明書の指示通り穴あけ加工を行います。

    <エンブレム枠>
  • Calsonic_GTR_R32_20140807-3.jpg
  • フロントフェンダー後方にあるエンブレムは凸モールドになっていますが、研ぎ出しの邪魔になるので切り飛ばしてしまうのですが、その前に周囲を掘り込んでバッジが貼られているっぽく見えるようにしてみました。デカールを貼って仕上げてみないと分かりませんが・・・(汗)

    <下地仕上げ>
  • Calsonic_GTR_R32_20140807-4.jpg
  • 窓枠の形状や周辺のモールドがかなり甘かったので、整形・彫り直しました。
    あとは全体のヒケやパーティングラインを消して、サフ吹き→ファンデーションブルーで仕上げ。

    <忘れ物>
    下地を仕上げたのに加工忘れを発見。
  • Calsonic_GTR_R32_20140807-5.jpg
  • 画像1,2:フロントの牽引フックが何気に省略されていたので、取り付け用のスリットを追加。
    画像3,4:リアのウィンカーがモールドで再現され塗装の指示でしたが、あまりにも残念なので開口してハイキューパーツのジェルクリアを充填。
    リアの牽引フックはパーツが付いていましたが、スリットではなく表面にパーツをくっつけるだけだったので、フロント同様スリット加工。

    <ボディ本塗装>
  • Calsonic_GTR_R32_20140807-6.jpg
  • ボディカラーを吹きました。
    使用したのはタミヤスプレー缶のブリリアントブルー。こちらを缶から取り出し、エアブラシで吹き付けました。
    ちなみにブリリアントブルーはキットの発売時にはなかったカラーで、説明書ではブルーとスカイブルーの混色指示です。

    とりあえず今日の製作記はここまで。






Last updated  2014.08.08 00:16:34
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


はじめまして!   120sec さん
はじめまして、最近、プラモデルを作り始めた120secと申します。
いろいろ諸先輩方のディテールアップを参考に精進しております。
R32のリアのウインカー部分について質問があります。
くり抜いた後にジェルクリアを充填するとありましたが、具体的な方法を教えていただけないでしょうか?
くり抜いた後にテープか何かでふたをしたあとにクリアを充填して、固まった後に取り出し、クリアオレンジで塗装して、ボディ塗装後に再接着されているのでしょうか?
自分もここはクリアパーツで何とかディテールアップしたいと思っておりますのでよろしければ教えて下さい! (2016.07.01 15:58:12)

Re:はじめまして!(08/07)   kwn@管理人 さん
>120secさん

はじめまして。kwnです。
説明不足で申し訳ないです。

お察しの通り、くり貫いてからマスキングテープで塞いで、ハイキューパーツというメーカーのUVクリアジェル(紫外線硬化タイプのクリア樹脂)を流し込んでから、UVクリアジェル付属の紫外線発光ダイオードで硬化させます。

硬化後、そのままの状態でボディーと一緒に成型し、ボディ塗装前にクリア樹脂部分だけマスキングし、ボディを塗装。

その後、マスキングを剥がしクリアオレンジを塗装して、あとはボディと一緒にクリア塗料でコートしています。

こんな感じでよろしいでしょうか?

-----
(2016.07.04 00:14:04)

PR

Calendar

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Favorite Blog

まだ登録されていません

Shopping List

Wishlist


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.