kwn的模型製作奮闘記

Freepage List

Category

Comments

模型屋本舗@ アカウントの訂正 Instagramのアカウントは、neu_romantics…
模型屋本舗@ サイト終了のお知らせ ご無沙汰しております。 この度、当方のサ…
kwn@@ Re[1]:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) >120secさん こんにちは。 いろいろやり…
120sec@ Re:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) こんにちは! いつも勉強させていただいて…
kwn@管理人@ Re:はじめまして!(08/07) >120secさん はじめまして。kwnです。 …

Rakuten Card

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >

935-78

2007.12.06
XML
カテゴリ:935-78
撮影後

ちゃんと撮影してギャラリーにアップしました。よろしかったらこちらでご覧ください。

調子に乗って16枚も画像をアップしちゃいました。サーバーの容量がぁ・・・。






Last updated  2007.12.07 08:33:58
コメント(2) | コメントを書く
2007.12.04
カテゴリ:935-78
スイッチ類
 引き続きボンネット上のスイッチ類の製作です。画像1のような形状の金属のピンを使用しました。これは電気回路基板のチェック用の端子に使われるピンです。根元の方に段が付いているのがミソです。L字型の方はこのピンを曲げて作り(画像2)、T字型の方はこのピンを段付きに近いところでカットしてそこにプラ棒を接着して整形しました。(画像3)最後に色を付けてボディに接着しました。(画像4)


金網
 続いて金網関係を接着しました。フロントの金網は微妙に入らなかったのでちょっと削ってなんとか突っ込みました(汗)その他は特に苦も無く取り付けられました。


ガラス類
 ヘッドライトも塗装して(画像1)取り付けました(画像2)。ここでちょっとアクシデント2連発。ヘッドライト内の小さなウィンカーレンズは切り離して別パーツにしていたのですが、接着するときにピンセットで掴んだ瞬間、「ピンっ!」といって弾いてしまいました(汗)すぐに大捜索してなんとか発見して(結構遠くに飛んでた)事なきを得ました。それとヘッドライト内に「CIBIE」のデカールを貼るのを忘れてしまい、一度接着したヘッドライトカバーを外す羽目にあいました。あせりは禁物です・・・。

 それからウィンドウのパーツも接着しました(画像3)。運転席のウィンドウはフロント・サイド・リアと一体成型ですが、驚いたことに全く修正無しでピッタリとハマりました。とても20年以上前のキットとは思えなかったです。


935-78完成!
 んでもって最後にボディとシャーシを合体させ、ワイパーとアンテナとリアのでっかいウィングを取り付けてついに完成です~。(あとワックスもかけました)
完成して一言。ストラトスに比べると異様にでかい・・・(笑)

 気が付けばもう12月・・・なんだか予想以上に時間がかかってしまいました。ただでさえ一日あたりの製作時間が少ないのに、別のことに費やしてしまったことが原因なんです。(DSとかDSとかDSとか・・・10月はスカパーで「ガンダム祭り」とかやってて見ちゃったし。)

ってなわけで、後日ギャラリーにアップします。






Last updated  2007.12.05 08:22:28
コメント(3) | コメントを書く
2007.11.29
カテゴリ:935-78
ボンネットピン完成

ボンネットピンを塗装してボディに取り付けました。
ボディ側にはピンの台座となる金具があるのでアルミテープで再現してみました。一応リベットも0.3mmぐらいのドリルで跡をつけて表現してみました。

たぶんオーバースケールでしょうが、模型だとこのぐらい大げさなほうがいいかもしれない・・・って言い聞かせています(苦笑)

まだ小物は続きます。






Last updated  2007.11.29 12:34:35
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.27
カテゴリ:935-78
ボンネットピン

削り飛ばしたボンネットピンの製作を行いました。今回はいつもお世話になっている模型電動士さんから技を勝手に伝授させていただきました(パクリともいう・・・(汗))使用した材料は微妙に違いますが(あと出来具合も(苦笑))手順はほぼ一緒です。

1.まずは0.2mmの真鍮線をφ2mmの真鍮線に巻きつけ、リングを作ります。(画像1)リングの切れている部分は瞬間接着剤でくっつけておきます。

2.0.3mm真鍮線の端を潰し(2mmくらい)、その潰した部分で先ほど作ったリングをしっかり挟みます。(画像2)

3.外形0.6mm内径0.2mmのアルミパイプに側面から0.3mmの穴を開けます。(すべるのでこれがまた大変だった!)(画像3)

4.アルミパイプに開けた穴にリングを挟んだ0.3mm真鍮線を通し、リングをパイプ側に倒せば完成です。(画像4)最後に各部を瞬間接着剤で固定します。

 製作開始当初の予定ではエッチングパーツを使おうと思っていましたが、とりあえずチャレンジしてみようと思いやってみました。かなり細かくて大変でしたが何とか形にはなったかなと。(でも、ちょっと大きかったかな?)
 でも電動士さんのところでこの技を見ていなかったら、今回の工作は思いつきもしなかったと思います。やっぱりあのお方はすごいです。






Last updated  2007.11.27 12:44:53
コメント(2) | コメントを書く
2007.11.22
カテゴリ:935-78
再び出張やら外出やらが重なってなかなか更新できませんでした。やっと落ち着いたので更新します。

ドライバー完成
 ドライバーの首を接着してシートに座らせました。この時一緒にハンドルも接着します。(ほんの少し手を握った格好に加工したため後から入らなかったので。)
座らせた後シートベルトをディティールアップパーツについている布製の粘着シートを貼って再現しました。肩だけに貼ればいいかな?と思ったのですが、おなかの辺りもよく見えそうなのでベルトのモールドの上から貼り付けてやりました。

フェールキャップ等
 ボンネット上にあるフェールキャップ類は削り飛ばしてあったので作り直しました。真ん中に摘む部分があるキャップは切り取って残しておいたのでそのまま使用しています。他の2箇所はアルミ棒から切り出します。切り口を仕上げるにはリューターで掴んでペーパーを当てれば楽勝と思っていたら、材料となる4mmと5mmのアルミ棒は私の持っているリューター(プロクソン製)では掴めませんでした(汗)
 そのため切り口を平滑にして磨きあげるのに大変苦労しました。ダイヤモンド・ヤスリ(画像1)→600番→800番→1500番→2000番→コンパウンド(粗目)(画像2)といった感じです。磨き上げた断面を棒から切り離すのにも一苦労。

 ボンネットへの固定はキャップ類を適当なプラ板に接着後、ボンネットの裏から接着しました。結構大変でしたが何とか形になりました。(画像4)






Last updated  2007.11.23 01:34:48
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.13
カテゴリ:935-78
ヘルメットデカール
ヘルメットのデカールを貼りました。見栄え重視でヨッヘン・マスさんです。頭頂部の曲線のデカールがやけに大変でした。乾燥後にクリアコートしました(画像)

シャーシ組
それからシャーシに足回りを取り付けました。心配されたホイール分割によるガタつきとかオフセットの狂いなども無く、とりあえず一安心です。

完成が見えてきたような気がしますが、小物が結構残ってるのでまだまだです。






Last updated  2007.11.14 00:14:32
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.08
カテゴリ:935-78
ドライバー加工2
 ドライバーに少し小細工をしました。上の画像を見るとどう見てもハンドルが操作できるようには見えません(苦笑)ということでドライバーの手を切込みを入れて曲げ、なんとなく握ってるように加工しました。完全に握らせてしまうとハンドルと一体化させなければいけないのであくまでもなんとなく・・・。(ハンドルを切断して上下に分割するという方法もありますが今回は見送りました。)


ドライバー塗装
 で、いよいよドライバーの塗装を開始しました。
体はホワイトをベースにしてベルト・ブーツ・グローブを塗り分けます。(すべてラッカー系)その後墨入れ&汚しをするため希釈したエナメルのジャーマングレイを塗ったくってから(画像左)適度に拭き取り、陰影をつける意味でスカイグレイをしわの部分を中心に塗って再び拭き取って仕上げています。(画像右)ちょっと汚しすぎた部分もあるので手直しする予定です。あとはベルトの金具を塗れば体は完了です。
 そうそう、肩のベルトはディテールアップパーツで置き換えるので削り飛ばしてあります。(きよみさんに習いました)

 で、問題の顔(画像中央)・・・・・ラッカー系で肌色(調色)を塗って(白目のホワイト部分を残す)からエナメルのブラウンで眉毛・目玉を書きました。あと希釈した同色で陰影もつけてみました。う~ん・・・眉毛はまあまあ合格点なのですが目玉がイマイチ決まりません。数十センチ離れればOKなんですけどねー(苦笑)






Last updated  2007.11.08 12:44:27
コメント(2) | コメントを書く
2007.11.05
カテゴリ:935-78
窓枠つや消し
 ボディの最後の仕上げ、窓枠のつや消し塗装を行いました。
窓枠はしっかりクリアがけされていてテッカテカになっているので、これにスーパークリア(つや消し、クレオス製)を吹いて艶をなくします。
 前にも書きましたが研ぎ出し後にブラックを吹くよりマスキングにそれほど神経を使わなくて良いので断然気楽です。また、光沢のクリアで平面が出ているので仕上がりも美しいです。


タイヤロゴ塗装
 ホイールをリム部とセンター部を接着し、タイヤを組み付けました。リムとセンターの接着の位置だしが少々大変でした。ホイールはノーマルに比べたら雲泥の差なのでやってよかったです。

 あと、接着が硬化してからタイヤのロゴを塗装しました。エナメルのイエロー(タミヤ)を筆塗りです。本当は削り取ってステンシルでもあればよかったんですけどね。まあ、これはこれでいい感じなので良しとします。ちなみにこのポルシェは裏表で違うメーカーのロゴが造形されています。(裏はグッドイヤー)タイヤ用のスライドマークが無かった頃、他のキットとの共通化のためのなかなかうまい戦法です。






Last updated  2007.11.07 08:36:09
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.29
カテゴリ:935-78
コンパウンド比較
 コンパウンドがけを行う前に研ぎ出しクロス3000番(クレオス製)→メラミンフォームで磨きました。コンパウンドは粗目(画像2)→細目(画像3)→仕上げ目(画像4)とひたすら磨いていきます。コンパウンドはいずれもタミヤ製です。

 あと、コンパウンドがけには今までティッシュを使っていましたが、前回のストラトスからクレオスのコンパウンドがけ用クロス(磨き用・仕上げ磨き用)を使ってます。ティッシュのように破れることが無くてなかなかよいです。しっかり磨けます。ただ、磨き用は古着のTシャツでも代用がききそうなのでわざわざ金出して買う必要は無いかもです。とりあえず仕上げ磨き用は買う価値ありかなー。


研ぎ出し終了
 なんとか角も出ずに研ぎ出しが終了しました。ここ最近では一番いい感じの艶にしあがったような気がします。(2000番でしっかり磨けたからかな?これもEXクリアの研ぎやすさの賜物?)






Last updated  2007.11.07 08:36:38
コメント(2) | コメントを書く
2007.10.25
カテゴリ:935-78
内装組み立て
 ドライバーの腕の位置出しをするため、内装を組み立てました。ダッシュボードにハンドルを接着してから内装に組み付けたのですが、その後からドライバーを座らせることが出来ないことが判明。急遽ハンドルを取り去りました。硬化する前でよかった~(ちょっと考えれば気が付きそうなことですが・・・(汗))

ドライバー加工
 で、ドライバーを座らせたのですが、まっすぐ座れません・・・(画像1)
よく見ると右足のつま先がタイヤハウスに干渉してました。(画像2)
何とかせねばいけないと思い足を削っていったのですが、半分以上削る必要があったので思い切って足首から先を切り飛ばしました。なんだか申し訳ない気分でしたが・・・罰が当たりませんように・・・(苦笑)画像はありませんがこのあとハンドルに合わせて腕を接着しました。(ちょっと小細工を予定してます)

研ぎ出し開始
 とりあえずドライバーはちょっと放っておいて、ボディの研ぎ出しを開始しました。今回からガイアノーツのEXクリアーに変更したので、試しに2000番から開始してみました。フィニッシャーズのオートクリアより切削性は良好な感じです。(少し柔らかいのかな?)吹きっぱなしでもそこそこ艶があったのも一役かっているかも。結構楽に均一にすることができました。

この後3000番かけてからコンパウンドです。






Last updated  2007.10.25 12:55:55
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

Calendar

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

Favorite Blog

まだ登録されていません

Shopping List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.