kwn的模型製作奮闘記

Freepage List

Category

Comments

模型屋本舗@ アカウントの訂正 Instagramのアカウントは、neu_romantics…
模型屋本舗@ サイト終了のお知らせ ご無沙汰しております。 この度、当方のサ…
kwn@@ Re[1]:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) >120secさん こんにちは。 いろいろやり…
120sec@ Re:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) こんにちは! いつも勉強させていただいて…
kwn@管理人@ Re:はじめまして!(08/07) >120secさん はじめまして。kwnです。 …

Rakuten Card

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

McLaren F1-GTR

2012.07.28
XML
カテゴリ:McLaren F1-GTR
リアのブレーキランプとウィンカーのレンズ製作しました。

キットに付属のレンズはあまりにもひどいので作り直しです。(下画像4参照)
McLaren_F1_LM_20120718-3.JPG
画像1:使用するのはハイキューパーツの瞳用クリアジェル。左にあるのは同社の丸型サイズバリエーションマスキングテープ。
画像2:紫外線で硬化させるので専用の紫外線発光ダイオードとボタン電池が付属しています。
画像3:マスキングテープのφ5を剥がしてそこにクリアジェルを表面張力で盛り上がる程度に盛り、紫外線を数十秒当てて硬化させます。
画像4:出来上がりがこちら。キット付属のものより明らかに透明。しかしエッジの部分がガタガタになってしまいました。

そこでもう一工夫
McLaren_F1_LM_20120718-4.JPG
画像1:ポンチを使ってハセガワのミラーフィニッシュを打ち抜き
画像2:そこにクリアジェルを盛り付け硬化させます。
画像3:横から見た図。いいかも。ミラーフィニッシュは台紙ごと作業してます。
画像4:台紙から剥がしてから作業すると画像のようにちょっとシワシワになります。

エッジもガタガタにならずにうまくいきました。

こちらは塗装したところ。
McLaren_F1_LM_20120728-1.JPG

今までこの手のレンズはウェーブのH-EYESを使っていたのですが、φ4~5ぐらいばかり消費してしまい非常に無駄が多かったのですが、これからはクリアジェルでことが足ります。

クリアジェルですが賞味期限があるようなのでどっかの時点で大量生産でもしておこうかな~






Last updated  2012.07.28 10:54:40
コメント(4) | コメントを書く
2010.12.17
カテゴリ:McLaren F1-GTR
祭りのギャラリーにアップしました。
こちらからお入りください

こちらにも数枚ペタリ。
McLaren_F1_20101217-1.JPG

ちょっと曲げて撮ったりしてみました。
McLaren_F1_20101217-3.JPG

McLaren_F1_20101217-2.JPG

ギャラリーには調子に乗って20枚も掲載しちゃいました(汗)

これにてマクラーレンF1-GTR(1997)とりあえず終了です。
最後までお付き合いしていただき誠にありがとうございます。

次回作はもう決めていますが、スタートはもうちょっと後の予定です。
(近日発表!)






Last updated  2010.12.17 20:38:55
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.13
カテゴリ:McLaren F1-GTR
さてラストスパートです。
McLaren_F1_20101212-1.JPG
シャーシにタイヤを取り付けました。
シャフトはあらかじめボディにあわせて延長してありましたが、微調整が必要だったので金属ワッシャを入れて調整しました。


ボンネットピンはエッチングで表現するようになっていましたが、全然立体的ではなかったので作り直しました。
McLaren_F1_20101212-2.JPG

画像1:ベースとなる部分はモデラーズのボンネットピンセットから適当なものをチョイス。穴の部分に0.4mmの洋白線を接着してピンとします。
画像2:0.2mm真鍮線を0.5mm真鍮線に巻きつけ一巻きごとに切り出しで輪っかを作り・・・
画像3:先ほどの洋白線に接着します。
画像4:塗装後、ボディに接着します。


ボディのリア周りのパーツを取り付けます。
McLaren_F1_20101212-3.JPG
ウィングは組み立ててからボディに乗せました。(画像は仮に乗せて撮影)翼端板の接着がなかなか難儀でした。

ボディとシャーシを合体してウィングやその他の小物を接着して、ついに完成です~
McLaren_F1_20101212-4.JPG

 5月末にスタートでもう12月中旬・・・6ヵ月半・・・一日平均作業時間1時間だと仕方ないですが、何とか年内に完成させることができてホッとしました。
McLaren_F1_20101212-5.JPG
 
今週中にはギャラリーにアップしたいと思います。
(やっと祭りに参加できる~(苦笑))






Last updated  2010.12.15 00:57:16
コメント(3) | コメントを書く
2010.12.05
カテゴリ:McLaren F1-GTR
いよいよ最終段階です。ヤバイもう12月だぁ・・・

ホイールの仕上げです。
センターのナットを塗り分けていきます。
McLaren_F1_20101205-1.JPG
1:ホイール本体をマスキングしてナットの部分だけ残しシルバーを吹きます。
2:次にクリアーレッドを吹きます。(前後1本ずつ。もう片方はクリアブルー)
3:根元の部分をマスキングして、ガンメタルを吹いて
4:先端の部分をマスキングして最後にセミグロスブラックを吹いて終了

出来上がりはこんな感じ(墨入れしてあります。)
McLaren_F1_20101205-6.JPG

次にタイヤです。
McLaren_F1_20101205-2.JPG
付属しているタイヤ(画像左のホイールが無い方)ですが、どうもサイドウォールの形がやけに平らで気に入らない。
そこでフロントはタミヤのアルファ155TI、リアは同じくタミヤのR35GT-R(SuperGT仕様)から拝借して置き換えました。

画像右:サイドのデカールを貼ったところ。円弧がきつくなったためちょっと貼りにくくなりましたが、こちらの方が全然タイヤらしいです。
ああああ・・・でもまたパーツ請求しないと・・・

ボディの仕上げ行きます。
McLaren_F1_20101205-3.JPG
画像1:ボディ内側をセミグロスブラックで塗りつぶします。穴の部分も表にはみ出す位に塗ったくり後で拭き取ります。
画像2:ヘッドライトはまずハセガワのミラーフィニッシュを貼り付け、センター部分に透明伸ばしランナーで作ったバルブを接着し、最後にレンズを接着します。レンズはWAVEのオプションシステムH-EYES1クリアのφ5mmを使用。
画像3:ドアの開ボタンをWAVEのO-ボルト1φ3mmを少し加工して取り付け。
画像4:ボディのモールドに墨入れし、フェンダー上の「えら」は希釈しないエナメルのセミグロスブラックで塗装してはみ出した部分を拭き取って仕上げます。

お次はウィンドウ。
McLaren_F1_20101205-4.JPG
ヒートプレスしたパーツを接着し、デカールを貼り付けます。

しかし、ここで問題発生。
McLaren_F1_20101205-5.JPG
サイドの窓のフチに貼り付けたデカールが少々寸足らずで、外周に隙間ができてしまいました。(画像左)
仕方ないので内側からエナメルのセミグロスブラックを筆塗りして隙間を塞ぎました。表から見るとほとんど分からないのでOKです。

11月中を目標にしていたけど気が付けば12月・・・師走です。
もうちょっとしたら年賀状製作を始めなくてはいけないので何とかその前に完成させねば・・・






Last updated  2010.12.05 15:52:04
コメント(6) | コメントを書く
2010.11.23
カテゴリ:McLaren F1-GTR
内装をチマチマ進めていました。

こちらはインパネ周り。
McLaren_F1_20101123-1.JPG
カーボンを貼ったメーター部や周辺にはあらかじめ穴を開けておいたので、そこにインセクトピンの頭を接着してスイッチ類を表現しました。

McLaren_F1_20101123-2.JPG
画像左:サイドのコンソールにも同じようにインセクトピンを接着します。このときインセクトピンのサイズをいろいろ用意して、資料を参考にしながらスイッチの大小を表現します。四角いスイッチはプラ板などを切り出して接着しています。
画像右:インセクトピンの頭やプラ板を着色します。

McLaren_F1_20101123-3.JPG
画像左:ハンドルは塗装後、丸く切ったカーボンデカールを貼り、ケガキ針等でボルトを表現します。
画像右:細切したプラ板(エバーグリーン)にインセクトピンの頭を接着してハンドル周辺に接着しスイッチを作りました。

で、すべての部品を接着します。
McLaren_F1_20101123-4.JPG
内装のボックス類とインパネ周辺をつなぐコードを追加しています。接続部にはコネクタ部品(TopStudio製)を使ってみました。

左側から。
McLaren_F1_20101123-5.JPG
ハンドルとインパネをつなぐコイル状のコードを追加しました。
(コイルは本当はもっと密に巻かれているんですけどね(汗))

シートベルトは金具だけがエッチングパーツで付属していたので、ベルトは手持ちのものを使ってます。(ベルトぐらい付属させてほしいような・・・皆が皆持っているとは限らないのに・・・)

どうにかこうにか内装が完成しました。
やっと出口が見えてきたかなー・・・(11月中になんとかしたい。)






Last updated  2010.11.23 14:34:53
コメント(2) | コメントを書く
2010.11.15
カテゴリ:McLaren F1-GTR
ついに「祭」第一号作品を掲載しました~

n-hirobe氏製作、マクラーレンF1-GTR 1996「Marlboro」です。
f1-gtr_malboro001s.jpg
※画像をクリックすると別ウィンドウでギャラリーが表示されます。

マルボロカラーがたまりまへん~

こちらからもギャラリーに入れます。
n-hirobeさんの作品をご堪能ください。

え?主催者はどーしたって?
もうちょっとなんです(汗)
あとはあれとあれとあれとあれと・・・・・くっ付ければ完成なんです(滝汗)






Last updated  2010.11.15 23:39:30
コメント(4) | コメントを書く
2010.11.07
カテゴリ:McLaren F1-GTR
もうちょっとで一ヶ月過ぎてしまうところでした。やばいやばい。
先月中旬から業務多忙&出張&子供が熱出したりetc・・・やらでバタバタでして、なんだか製作記更新まで手が回りませんでした。

そんな中、なんとかボディが仕上りました。
McLaren_F1_20101107-1.JPG
 最後のクリア吹きから、2000番ペーパー→研ぎ出しクロス3000番→メラミンフォーム→ラプロス6000番→同8000番→コンパウンド・ファイン→コンパウンド・ミクロといった順番に磨いていきます。
 コンパウンドはファイン&ミクロともにフィニッシャーズ製です。ファインは前回のポルシェから使いましたが、ミクロは今回初めてです。タミヤの仕上げ目よりも少々研磨力がありそうな感じで、ファイン使用後の細かい傷がいい具合に消えました。

各パーツの塗装もすっかり終わってます。
(ホイールのナットの塗り分けを残すぐらいかな?)
McLaren_F1_20101107-2.JPG

内装で余計なことを始めちゃったので、完成までにはまだもうちょっとだけ時間がかかりそうです。






Last updated  2010.11.08 00:05:54
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.10
カテゴリ:McLaren F1-GTR
相変わらず製作が佳境に入ると更新さぼり気味です(汗)
ボディは2回目の中研ぎが終わって3回目のクリアを吹いたところです。

その間に内装に着手しました。
まずはカーボン貼り。
McLaren_F1_20101010-1.JPG
1:まずはカーボンパターンの当たりをつけるために、資料を参考に鉛筆(シャーペン)でパターンを書き込んでいきます。この時一体整形と思われる部分はなるべくパターンがつながることを考慮しながら書き込んでいきます。
2:今回使用したカーボンデカール。スタジオ27製の「綾織り(メタリックグレイ)」サイズは(S)と(M)です。
3:内装の各面に合わせて型紙を起こします。結構な枚数になりましたが角ばっているので意外と楽でした。型紙にはパターンの向きを書いておきます。(左右対称の部分は裏表に)パターンを書いておくとカーボンデカールを切り出すときに目の方向を確認しやすくなります。
4:型紙を元に各面のデカールを切り出したところ。(全部で24枚)

切り出したデカールを片っ端から貼っていきます。
McLaren_F1_20101010-2.JPG
各面ごとに切り出したため枚数は多かったですが、折り返す部分などがなかったのでそれほど苦労することもなく貼り終えました。

ちなみに床面やファイヤーウォールなどにはMサイズのデカールを、その他の部分にはSサイズを使用して変化をつけてみました。

その他の部分はこんな感じ。
McLaren_F1_20101010-3.JPG
メーターパネルやリアのグリルなどにも同様に貼り付けました。

内装はもう少しこねくり回す予定です。






Last updated  2010.10.10 23:32:51
コメント(2) | コメントを書く
2010.09.19
カテゴリ:McLaren F1-GTR
ボディは第一段階のクリアを吹いて乾燥中です。
その間に小物を進めてます。

小物は基本的にひたすら表面処理ですが、気に入らない部分はちょこっと手を加えます。

こちらはシフトレバー
McLaren_F1_20100920-2.JPG
見ての通り加工前はホワイトメタルで一体整形です。シフトリンケージまで一体整形です・・・当然グニャグニャに曲がってました(汗)
 あまりにもいただけないのでリンケージを切飛ばして真鍮線に交換しました。ついでに資料に合わせて取り付け位置も変更し、シフトレバーに溝を作ってそこに真鍮線の先端を潰してはめ込むようにしてみました。

できあがりはこんな感じ。
McLaren_F1_20100920-3.JPG
接続部は虫ピンを刺して片側を潰してあるので何気に稼動します。
(実際は接着しちゃいますけどw。)

その他、チマチマ加工した部分もありますが画像を残すほどのものでもなかったので(忘れたとも言う)スルーして塗装工程に入ります。

というわけで小物の塗装を開始しました。
とっても地味な画像ですw
McLaren_F1_20100920-1.JPG
 まずはフィニッシャーズのマルチプライマーを片っ端から吹いて、エッチングパーツはファインサフ(タミヤ)、ホワイトメタルやレジンなどの表面がちょっと荒れ気味なパーツはスーパーサフ(タミヤ)を吹き付けました。

 その後、表面が荒れ気味なパーツの表面を整えて再びプライマー→ファインサフを吹き、光沢ブラック及びメタリックで塗装するパーツはEXブラック(ガイアノーツ)、半艶ブラックのパーツやシャーシなどはセミグロスブラック(クレオス)を吹きました。

 この後もどんどん塗っていきます~






Last updated  2010.09.21 00:32:03
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.12
カテゴリ:McLaren F1-GTR
すっかり製作後半の更新さぼり癖が再発しています(苦笑)
なんだかここ2週間ほどバタバタしていて、製作はなんとかやっていたのですが更新まで手が回りませんでした。

で、いきなりですがデカール完了しちゃいました(汗)
McLaren_F1_20100912-1.JPG
サイドの赤いラインもデカールです。エッジがボカシになっているので塗装にはしませんでした。予想通りドア周辺のデカールが難しかったですが、それ以外は楽なもんです。

サイドの「ダビドフ」のデカールはフィンに合わせて分割もされていなければフィンの分の余白もありません。そのまま貼ってしまうと思いっきり歪んでしまいます。仕方ないのでフィンの形状に合わせて切り込みを入れ、回り込んで見えない部分は省略して貼ってやりました。(n-hirobeさんの「マルボロ」ロゴの貼り付け方法に習いました)

McLaren_F1_20100912-2.JPG
フロントのGULFマークは実は実車と位置が違っています。でもこの辺りに貼らないと上部に来るパーツに貼るマークの一部との位置関係がおかしくなるので仕方なくこの位置にしました。GULFマークが一回りほど小さいようです。

あとデカールのサイズが合っていない箇所がいくつかあり、貼る位置が実車と違ってしまっています。(ちょっとトホホ)

まあ、なんとかデカールが終わったので乾燥させる間に他の部分に取り掛かります。






Last updated  2010.09.12 00:58:48
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

Calendar

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Favorite Blog

まだ登録されていません

Shopping List

Wishlist


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.