kwn的模型製作奮闘記

Freepage List

Category

Comments

模型屋本舗@ アカウントの訂正 Instagramのアカウントは、neu_romantics…
模型屋本舗@ サイト終了のお知らせ ご無沙汰しております。 この度、当方のサ…
kwn@@ Re[1]:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) >120secさん こんにちは。 いろいろやり…
120sec@ Re:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) こんにちは! いつも勉強させていただいて…
kwn@管理人@ Re:はじめまして!(08/07) >120secさん はじめまして。kwnです。 …

Rakuten Card

全5件 (5件中 1-5件目)

1

陸上自衛隊74式戦車

2013.10.14
XML
74式戦車の写真をようやく撮影しました。

例によってメインのホームページで画像をアップしておりますのでよろしければご覧ください~

こちらにも数枚貼り付けます。
type74_20131014-1.jpg
全長がかなり長いため、前から後ろまでピントが合う範囲ギリギリです。
(いや、前側ちょっと合ってないかも・・・(汗))

もういっちょ。
type74_20131014-2.jpg

9月29日までトレッサ横浜にあるタミヤプラモデルファクトリーの第9回モデラーズコンテストに参加していたので、撮影は今月になってからとなりました。
下の画像のように展示台に固定して出品しました。
type74_20131014-4.jpg
で、結果は今回の課題テーマである「自衛隊部門」の部門賞を頂きました。

こちらはそのときの賞品。
type74_20131014-5.jpg
パラディン、結構うれしい(^^)

マインローラーを外した状態も撮影しました。
type74_20131014-3.jpg
車体前部のごちゃごちゃ感がたまりませんw

以上で74式戦車は完了です~
74式戦車公開ページはこちら

次回作は再びカーモデルで、フジミ製のマクラーレンF1です。
引き続きお付き合いいただければ幸いです。






Last updated  2013.10.14 22:40:56
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.28
74式戦車の塗装です。切羽詰まった様子をお伝えするため、〆切までの残り日数を表示してますw

<下地塗装>
type74_20130928-1.jpg
画像1:全てのパーツにタミヤのファインサフを吹きます。
画像2:下地の色となるガイアノーツのオキサイドレッドを吹きます
(〆切まであと9日)
画像3:砲塔のペリスコープにグロスのブラックを吹いて、マスキング
(〆切まであと8日)
画像4:迷彩塗装の1色目のタミヤのXF-73濃緑色(陸自)を全体に吹きます
(〆切まであと5日)

<迷彩塗装>
type74_20130928-2.jpg
2色迷彩の2色目を塗るため、境界線を水彩色鉛筆の茶色で描きます。
(〆切まであと5日)

type74_20130928-3.jpg
タミヤのXF-72茶色(陸自)をエアブラシの細吹きして、描いた線をなぞります。この時、境界線がなるべくボケないようにエアブラシの距離と塗布量を調整します。
(〆切まであと5日)

type74_20130928-4.jpg
なぞった線の中を塗りつぶします。
(〆切まであと4日)

type74_20130928-5.jpg
茶色が乾いたのを見計らって、スコップやツルハシの塗り分けを済ませ、その後半ツヤクリアーでコーティング。
(〆切まであと2日)

このあとの作業は、画像を撮る暇がないくらい切羽詰まった状況に陥ったため、少々箇条書きとなります^^;
・デカールを貼り付け
(〆切まであと2日、9月14日午前中)
・デカール部分だけ再クリアコート
(〆切まであと2日、9月14日午後)
・履帯の塗装
(〆切まであと2日、9月14日午後)
・タミヤの墨入れ塗料ダークブラウンで全体をウォッシング
(〆切まであと2日、9月14日夜)

<履帯の仕上げ>
type74_20130928-6.jpg
履帯は、まずクレオスのブラックサフを吹き、内側のゴムパットの部分をマスキング、その後タミヤのアクリルのダークアイアンを吹き、同じくタミヤの墨入れ塗料ダークブラウンでウォッシングしました。
(〆切まであと1日、9月15日深夜)

<全体の仕上げ>
車体全体(履帯含む)にアトムハウスペイントの水性つや消しクリアーを吹き艶を整えたあと、軽くエナメルのジャーマングレーでドライブラシを施しました。
(〆切まであと1日、9月15日午後~夜、ちなみに台風18号の接近で外は大荒れ。)

<マインローラーの組み立て>
マインローラーも車体と同時に、2色迷彩塗装を行い、墨入れ→ドライブラシの工程を経て、その後組み立てとなります。
type74_20130928-7.jpg
指定の長さに切断したチェーンを車体塗装時に一緒に塗装し、これを使ってアームとローラーをつないでいきます。

type74_20130928-8.jpg
つなぎ終わったところ。
(締め切り当日、9月16日午前中、早朝に台風上陸・・・(汗))

<完成>
type74_20130928-9.jpg
そして、締め切り当日の昼頃についに完成しました。
あらかじめ用意した展示台にビスで固定して、展示台ごとダンボールに固定します。
展示台はトールペイント用に加工・市販されている白木材で、これに水性ニスのマホガニー色を塗って仕上げてあります。

<搬入>
〆切〆切と散々書きましたが、実はトレッサ横浜にあるタミヤプラモデルファクトリーのコンテストに出品するためでした。この〆切が9月16日で、14-16の3連休で、今までに経験したことが無いペースで作業をこなしました。

台風の上陸で、一時はショップへの搬入も危ぶまれましたが、なんとか通り過ぎてくれて助かりました。天気が悪くお出かけできなかったおかげで間に合ったとも取れます。

結果についてはすでに出ておりますが、そちらに関しては後ほどアップしたいと思います。

それにしても、あまりにもゆとりが無さ過ぎて完成品の画像は、あのダンボール内の一枚のみ・・・






Last updated  2013.09.28 23:12:20
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.23
放置状態の74式戦車の製作記更新・・・って言ってる間に製作記を更新している暇も無いくらい締め切りに追われてしまい、そのまま完成してしまいました・・・(滝汗)

で、事後処理ですが画像は取っていたのでアップしたいと思います。

<砲塔>
type74_20130923-4.jpg
こちらも車体同様フック類を切り飛ばして洋白線に置き換え、その他フード類や道具箱などをエッチングに置き換えています。

<砲塔小物>
type74_20130923-5.jpg
画像1:ハッチの内側のレバーなどもエッチング。(白い丸は押し出しピンの痕のパテ埋め痕)
画像2:投光器の配線を接着して、留め金を洋白線で再現。
画像3:真鍮線を曲げ、半田付けしてアンテナガードを再現。(オーバースケールで一回作り直し…)アンテナ基部はアドラーズネスト製の真鍮削り出し。
画像4:アンテナは同じくアドラーズネスト製の陸上自衛隊新式アンテナセット。アンテナ本体は真鍮削り出しでテーパーがついています。

<砲塔装備品>
type74_20130923-6.jpg
画像左:12.7mm重機関銃。見ての通りエッチングまみれw
画像右:投光器。ベースは全てエッチング。本体は一部モールドを削り飛ばしてエッチングとプラ棒で置き換え。

<マインローラ>
エッチングや社外パーツを投入しまくりで既にオーバーフロー気味ですが、何かインパクトに欠ける気がしたので、思い切って90式戦車マインローラーのキットに入っている92式地雷処理ローラーを取り付けることにしまいした。
(この判断が締め切りまでの時間を圧迫することに…^^;)
type74_20130923-1.jpg
画像左:90式戦車マインローラー装備のキット
画像右:アームと取付基部

アームと基部はそのまま使えるのですが、ローラー部は改造が必要でした。
90式に装備する場合は、ローラーが片側5枚ですが、74式は4枚で、ローラーを取付けるブラケットの幅を切り詰めなくてはいけません。
type74_20130923-2.jpg
画像1:ローラー4枚と5枚幅のホルダー。
画像2:軸やブラケットをローラー一枚分を寸詰
画像3:再接着。プラ板で中央の仕切り板を作成
画像4:組み立て。右は加工前。

type74_20130923-3.jpg
本体にアームの取り付け基部を接着して、アームを仮組。アームを吊るすワイヤーの長さを調整。

えらくあっさり書いちゃいましたが、ローラーの貼り合わせ部分の表面処理(ギア状の部分全部!)や、ブラケットの寸詰(8本)が、結構骨が折れました。

<可動履帯>
また、骨の折れる作業です^^;
type74_20130923-8.jpg
画像1:専用治具を使ってコツコツ…片側78コマの長い道のり
画像2:2帯完成
画像3:ロールケーキ?
画像4:車体に組み付けて、馴染ませるため手押しで走らせてしばし遊びますw

type74_20130923-9.jpg
横から見た図。自然に垂れ下がってます。効果絶大です。
ちなみに、説明書では78コマとなっていましたが、今回は76コマでちょうど良い感じでした。

次回は塗装編です〜






Last updated  2013.09.23 13:16:07
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.10
一ヶ月ほど更新が滞りましたが、引き続き74式戦車を進めてます。
ライオンロアのエッチングパーツで各所をディティールアップしていきます。

<リア周辺>
type74_20130810-2.jpg
あちこち切り飛ばしてエッチングに置き換えていきますが、手すり類は洋白線や真鍮線を使ってます。
メッシュはキットにそのまま接着するだけなので楽チン。

<装備品の取り付け>
type74_20130810-3.jpg
装備品(スコップやツルハシ、斧、等)はキットのパーツを使いますが、こちらも止め金具類をすべて削り落として、エッチングパーツに置き換えます。
画像1:キットから切り出したパーツ
画像2:装備品などを止める金具の工作前
画像3:工作後。
画像4:作った金具を装備品と一緒に接着

止め金具の工作ですが、エッチングパーツの取説の書き方がかなりアバウトで、ちゃんとした形状を作るのにかなり試行錯誤しました。

<手すり、予備タンク>
type74_20130810-4.jpg
画像左:手すりを接着するときは、0.5mmプラ板を挟み込んでやると、飛び出し具合が揃ってキレイに仕上がる
画像右:74式は、燃料のドラム缶をそのまま予備用としてリアに搭載可能なので、それを再現してみた。

<ワイヤー>
type74_20130810-5.jpg
画像左:近所のホームセンターで、いろんな太さのワイヤー(細め)を購入
画像右:0.95mmと言う絶妙な太さのワイヤーで、牽引ワイヤーを置き換え
止め具の部分はやはりエッチング。

<その他>
type74_20130810-1.jpg
モデルカステンの稼動履帯の切り出しをやりました。ものすごい量です。
この作業は、時間があるときにテレビでも見ながらのんびりやるのが吉ですw

エッチングパーツはまだまだ続きます。
キットをいじってるよりエッチングを曲げてる方が時間かかってるかもしれない・・・(汗)






Last updated  2013.08.10 15:34:31
コメント(2) | コメントを書く
2013.07.13
次ネタはこちら。
type74_20130713-4.jpg
タミヤ1/35陸上自衛隊74式戦車です。
もうすぐ10式が発売になると言うことで、先に手を付けてしまおうかなと単に思ったわけで・・・

数年間寝かしている間にこんな状態になってしまいました(^^;
type74_20130713-3.jpg
74式キット2個、モデルカステン:稼動履帯、ライオンロア:エッチングセット、アドラーズネスト:新式アンテナ、ブレイブモデル:74式改パーツ、紙創り:偽装網セット、タスカ:陸自デカール・・・
我ながら壊れてます...

最近自衛隊車両が、にわかに活気付いているので、各社からいろんなオプションがリリースされるとも限らないので、早くしないともっと大変なことになると思われ、やっつけてしまうことにしました。

では、早速。

<中身>
type74_20130713-1.jpg
使用するキットは現行品の冬季装備が追加されたものですが、その仕様ですら20年、本体に至っては30年以上経っているキットです。ですので、細かな部分に関してはそれなりに下処理が必要ですが、放置している89式装甲戦闘車に比べたら、全く問題ないです。

<車体と砲塔>
type74_20130713-2.jpg
ヒケのパテ埋めと、フック類を線材に置き換えるため切り飛ばしました。
砲塔は鋳造痕が再現されているので、ペーパーを当てすぎないように気をつけます。

<足回り>
説明書に記載されているのですが、サスペンションアームの車体に結合する部分のつめを切り飛ばすことで、74式の最大の特徴でもある姿勢変更を再現することが可能です。
そこでこの部分を少々細工して、完全に固定してしまわずに、差し替えによる調整ができるようにしてみます。
type74_20130703-1.jpg
車体側、画像の赤丸部分に0.5mmの穴を3箇所開け、アーム側には0.4mmの線材を差し込みます。
このアームを差し替えることで3段階に変更できるようになります。
この作業を4角の転輪に施すことで姿勢制御が可能となります。

type74_20130713-5.jpg
転輪には結構豪快なパーティングラインがありますが、荒目のヤスリスティックでガリゴリ削ってやります。
転輪の処理が済んだら、履帯と合わせて仮組してみました。
後傾、シャコタン、前傾、と変更可能となりました。が、差し替えが以外と大変。完成後の細かなパーツがてんこ盛りの状態で果たして差し替えができるかどうか、ちょっと不安です。再考の余地があります。

まあ、こんな感じで試行錯誤しながら進めて行きます〜






Last updated  2013.07.13 17:20:45
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

Calendar

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

Favorite Blog

まだ登録されていません

Shopping List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.