kwn的模型製作奮闘記

Freepage List

Category

Comments

模型屋本舗@ アカウントの訂正 Instagramのアカウントは、neu_romantics…
模型屋本舗@ サイト終了のお知らせ ご無沙汰しております。 この度、当方のサ…
kwn@@ Re[1]:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) >120secさん こんにちは。 いろいろやり…
120sec@ Re:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) こんにちは! いつも勉強させていただいて…
kwn@管理人@ Re:はじめまして!(08/07) >120secさん はじめまして。kwnです。 …

Rakuten Card

全9件 (9件中 1-9件目)

1

LP500R

2015.04.29
XML
カテゴリ:LP500R
LP500R完成です。写真も撮り終えたので掲載します。
  • 001.JPG
  • Wolfとはまた違った雰囲気をかもし出しています。
    ブラックに白いストライプがスパルタンです(^^)

    後姿。
  • 003.JPG
  • Wolfに比べれば少々控えめなウィングですが、迫力は十分。
    ちなみに取り付けにはエポキシ接着剤を使用。位置出しピンはないので一発勝負。

    オープン。
  • 014.JPG


  • Wolfと夢の競演。萌えますw
  • 020.JPG

ってなわけで、アオシマLP500R、完了です~

メインページにもアップしてありますので、お立ち寄りください。

<追伸>
静岡ホビーショー2015の合同展示会「静岡オートモデラーの集い」ブースにて、
Wolfとともに展示いたしますので、お近くにお越しの際は見てやってください~






Last updated  2015.04.29 18:33:55
コメント(2) | コメントを書く
2015.04.25
カテゴリ:LP500R
ボディのクリアコートからの研ぎ出しです。
  • IMG_1854.JPG
  • 左上:クリアコート状態
    右上:バフレックス3000番
    左下:ラプロス8000番
    右下:システムコンパウンド3種

  • IMG_1849.JPG
  • セラミックコンパウンドがけまで終わったもの。
    磨くのはなにかと大変な黒ボディですが、前回から投入したバフレックス(ペーパー)のおかげか、ペーパー傷は全くと言っていいほど出ませんでした。
    ただ、やっぱり黒ボディ。ちょっとした曇りは許してもらえません^^;

  • IMG_1861.JPG
  • ボディの小物類を接着していきます。
    左上:ライトと補助灯
    右上:リアのコンビネーションランプ。ヒケの処理と多少の塗り分け・研ぎ出しは必要ですが、成型色を活かせるのでガシガシ磨いてやりました。
    左下:エンジンフードの支柱は0.4mm洋白線に置き換えました。
    右下:ただのつっかえ棒では芸が無いので、淵の部分に穴を開けて洋白線の先をチョットだけ曲げて差し込んで収納できるようにしました。

  • IMG_1869.JPG
  • 左上:バンパーとチンスポイラーの取り付け。チンスポはダボとかありませんが、ピッタリフィットです。
    右上:フロントガラスもぱちピタ。スモーク部分はクリアブラックの塗装。今回もピラーは無事でした(^^)
    左下:リアフェンダー周辺のパーツ取り付け
    右下:ドアもパーツを取り付け。ウィンドウの合いはいいのですが、接着剤を塗布する量に気を使いました。

  • IMG_1878.JPG
  • エンブレム類はちょっとだけがんばりました(^^)
    フロントのバッジは、
    クリアーイエロー→エナメルブラック→拭き取り→UVクリアジェル
    サイドとリアは、
    ブラック→エナメルシルバー→拭き取り→サイドのみUVクリアジェル

    次回は完成です。






Last updated  2015.04.26 23:17:08
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:LP500R
エンジンのディティールアップです。
  • IMG_1820.JPG
  • お決まりのプラグコード追加と、オプションのエッチングパーツのスロットルリンケージ、あとは燃料パイプ追加といった感じです。

    エンジンの塗装はほぼ取説の指示通りシルバー一色ですが、実車の写真とかを見ると、もうちょっといろんな色が使われているので、とりあえずわかる範囲で塗り分けました。

  • IMG_1821.JPG
  • シャーシと合体。

  • IMG_1784.JPG
  • こちらは足回りのサスペンション。ラッカー系をベースに、エナメル吹き付けの拭き取りによる塗りわけです。

  • IMG_1870.JPG
  • 上:ウィングの組み立てとタイヤ組み付け
    下:ホイールはメッシュが別ピースなのはいいのですが、接着剤の付けすぎに気を使いつつ、接着の強度を出すのが大変でした。ケチったらすぐポロリ(´Д` )
    メッシュ部分の周囲のナットは、ルーペ片手にがんばって塗りわけ。ルーペで覗いて筆塗りってやってみると意外といけます。






Last updated  2015.04.25 11:38:12
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.21
カテゴリ:LP500R
内装の工作です。
  • IMG_1768.JPG
  • 画像1:実車の資料を見ると、白いシートの淵に赤いラインが入っていて、塗り分けもちょっと大変そうだったので…
    画像2&3:赤いプラグコード(0.4mm)を瞬着で接着して表現してみました。(いつも拝見しているモデラーさんのHPで紹介されていたのを見た記憶があったので)
    画像4:ちょっとオーバースケールですが、私的にはOKです。

    因みにシートや内装は無塗装の成型色のままなので、多少の接着剤のはみ出しは気にしない気にしない。後でペーパーやナイフでそぎ落としてから半艶クリアーを吹いちゃいます^^;
    半艶で質感は出て来ますが、 透け防止の裏塗りはは必要そうです。

  • IMG_1798.JPG
  • センターコンソールのスイッチは汎用の丸ボルトに置き換え。
    両サイドののエアコン噴き出し口はプラパイプとエッチング。
    フロアマットは400番の耐水ペーパーを使って再現しました。

  • IMG_1797.JPG
  • メーターパネルの加工です。
    左上:一番上がキットのパーツ。二番目がエッチングのパネル。下が同じ大きさに切り出した透明プラ板。
    右上:エッチングにラッカー系のブラックを吹いてからエナメルシルバーを吹いて、メーターの枠の部分を拭き取って仕上げ。透明プラ板にはメーターのデカールを貼り付け。
    左下:パネルとメーターを重ねてみたところ。
    右下:ダッシュボードに接着。

    キットの透明パーツは塗り分けが非常に面倒なのですが、オプションのエッチングを使うと比較的楽に再現出来ます。

  • IMG_1803.JPG
  • ハンドルをダッシュボードに接着して、フロアのパーツに接着。
    ハンドルのセンターのエンブレムは、エッチングを塗り分けてから紫外線硬化クリアジェルを盛ってそれらしく表現。

  • IMG_1814.JPG
  • 左上:ベルトはオプションのエッチングパーツに付属していたのですが、切り出すとあちこち毛羽立ちが…
    右上:ダメダメなので、KAモデルのシートベルトに交換しました。
    左下:KAモデルの物は初めて使いましたが、非常にしなやかで扱いやすいです。
    右下:網目も細かくてスケールに合っています。

    裏面は平滑なので接着剤が染み込まなくて良いです。
    布ではなくシボ加工されたシートなのかな?他の色も出して欲しいです。(赤、青、おまけで緑)

  • IMG_1813.JPG
  • とりあえず、内装が完成〜






Last updated  2015.04.21 22:31:32
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.07
カテゴリ:LP500R
    ドアの内張を少々いじりました。
  • IMG_1737.JPG
  • 左:先ず、ウィンドウの開閉ハンドルを切り離しました。
    右上:内張りのパーツはドアの一部と一緒になっていて、塗り分けが必要です。しかもそのままドアに接着するとNASAダクト周辺には豪快に隙間が…そこで内張とドア側の部分に分割し…
    右下:ドアのパーツに分割した部分を接着して、隙間を埋めて完了
    NASAダクトのパーツは後から嵌めることができるので問題なしです。
    以上の加工でドア後端の隙間も無くなり、塗り分けも不要となります。

  • IMG_1746.JPG
  • 本塗装を開始しました。
    先ずはボディのブラック塗装。使用したのはクレオスのスーパーブラック。

  • IMG_1745.JPG
  • ドアなど、ボディのパーツも塗装。その他、エンジンやホイールなどのパーツもブラックの下地を吹いたあとにシルバーを吹きました。
    ホイールはリムのエッジが少々傷んでいたので、メッキを落として整形後クレオスのメッキシルバーで再塗装。
    ブラックのパーツは、この後、半艶や艶消しクリアーで仕上げる予定です。

  • IMG_1755.JPG
  • デカールを貼りました。黒に白いラインが映えまくってます(^^)
    帯状のデカールよりも一本ラインを真っ直ぐ貼るのが結構難しかったです。
    あと、ボディが黒いとシルバリングが目立つので、それをやっつけるのに結構時間がかかってしまいました。

  • IMG_1756.JPG
  • 後ろから。
    パネルを跨ぐラインの繋がりがキモなので、仮組み状態で作業しました。






Last updated  2015.03.07 11:52:04
コメント(2) | コメントを書く
2015.02.07
カテゴリ:LP500R
引き続きボディをいじってます。
  • image.jpg
  • リアのルーバーの工作です。今回は別売りのエッチングパーツに置き換えました。
    左上:ルーバーがハマる部分は塞がっていて…
    右上:曲げ加工をしたエッチングパーツを取り敢えずはめてみたところ。
    これでもいいんですが…
    左下:リューターでガリガリ削って開口。エッチングが落っこちないように穴の淵を少しだけ残します。
    右下:向こう側が見えるようになりました。
    シャーシ側にはラジエターの部品が再現されているので、完成後にたぶん見えるはずです^^;

  • IMG_1721.JPG
  • キットでは省略されているドアのパッキンを再現してみました。
    使用したのはエバーグリーンの0.75mm丸棒。
    これをフロントのピラーからルーフリア側のピラー、ステップと縁をぐるっと一周。
    そのまま接着してしまうとドアと干渉してしまうので、エッジの部分に接着するようにしてみました。
    接着後はドアとの干渉を確認するのはもちろん、シャーシと内装・サイドシルも借り組みして確認します。

  • IMG_1733.JPG
  • リア・フェンダーの整形です。
    塗装前にあらかじめボディに接着することにしました。合いは良いようです。
    しかし、いろいろと画像を漁っていると、合わせ目が無いように見えたので、瞬着パテで埋めました。

  • IMG_1727.JPG
  • ボディの下処理が済んだので、サフを吹きました。
    使用したのはクレオスのブラック・サーフェーサー。
    いつもならグレーサフを吹くところですが、せっかくの黒い成型色をグレーにしてしまうのも何なので、いきなりブラックです。ヒケの処理にもわざわざ透明瞬着パテを使ったことですし。(研ぎ出しの時に、角が出ても多少なら目立たない…いうのは内緒w)

    それにしてもマットブラックもいいなぁ(^^)
  • IMG_1730.JPG
  • 小物もサーフェイサーを吹きました。
    乾燥後、表面を整えつつ傷やヒケ処理もれをチェックします。






Last updated  2015.02.08 19:39:36
コメント(2) | コメントを書く
2015.01.25
カテゴリ:LP500R
エンジンフードにひと手間かけます。
rblog-20150125175119-01.jpg
フードの凹みは半ツヤブラックのデカールを貼ることで色分けされるのですが、クリアコート前に貼ってコートするか、コート後に貼るかで悩むところです。

前作はコート前に貼って研ぎ出し後に半ツヤを吹きました。今回はデカールは使わずに半ツヤコートだけですが、やっぱりマスキングが面倒なのと、クリアコートで凹みのエッジがダルくなってしまうのが気になるところです。

ってことで今回は開口してプラ板で蓋をする方法にしました。
開口は意外と大変でしたが、裏側のモールドの厚みも気になっていたので、一石二鳥でした。

あと、フードの上部の左右に橋渡ししているパーツは、あらかじめ接着し合わせ目を消しておきます。また、非常に弱いので薄いプラ板で補強しました。
この辺りも前作で得た教訓です。(実は前回折ました^^;)






Last updated  2015.01.25 17:54:21
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.19
カテゴリ:LP500R
前作のウルフ同様、ライトの開閉可動化工作を施しました。
  • image.jpg
  • 左上:ライトのパーツの方が少々低くかったので瞬着パテを盛ってなるべく面一になるように整形
    右上:ボディとの隙間が均等になるようにマスキングテープを挟んで調整して仮止め
    左下:裏側。軸となるプラ棒をライトのパーツに接着
    右下:軸受けをプラ板から切り出して、ライトのパーツに接着した軸を挟むようにしてボディに接着。
    軸受けの根元には補強のため角棒を接着。今回も開いた状態の固定には磁石を使用。
  • image.jpg
  • 基本的には前作のウルフと同様の工作ですが、慣れた分軸受けなどの加工精度が上がったため、
    ウルフに比べて動きがスムースになりました。






    Last updated  2015.01.19 20:15:23
    コメント(0) | コメントを書く
    2015.01.16
    カテゴリ:LP500R
    ウルフ・カウンタック完成から間もないですが、LP500R製作開始です。
    こちらは子供の頃にタミヤのRCカーの競技用スペシャルでの印象が強烈に残っています(^^)
    • image.jpg
    • image.jpg
    • ボディに一通りペーパーを当てつつ、ドアの合わせを行いました。(画像左上)
      今回も磁石を仕込んで閉じた時にピッタリ合うようにしますが、前回はプラの内側に磁石を仕込んでしまったため磁力が弱かったので固定がイマイチでした。
      で、今回はプラを削ってそこに磁石(ハイキューパーツ)を仕込みました。(画像右上)
      ドア側は専用のキャッチプレートを接着してあります。(画像左下)






    Last updated  2015.01.16 20:25:02
    コメント(0) | コメントを書く
    このブログでよく読まれている記事

    全9件 (9件中 1-9件目)

    1

    PR

    Calendar

    Archives

    2019.08
    2019.07
    2019.06
    2019.05
    2019.04

    Favorite Blog

    まだ登録されていません

    Shopping List

    Wishlist


    Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.