kwn的模型製作奮闘記

Freepage List

Category

Comments

模型屋本舗@ アカウントの訂正 Instagramのアカウントは、neu_romantics…
模型屋本舗@ サイト終了のお知らせ ご無沙汰しております。 この度、当方のサ…
kwn@@ Re[1]:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) >120secさん こんにちは。 いろいろやり…
120sec@ Re:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) こんにちは! いつも勉強させていただいて…
kwn@管理人@ Re:はじめまして!(08/07) >120secさん はじめまして。kwnです。 …

Rakuten Card

全10件 (10件中 1-10件目)

1

カウンタック

2017.02.12
XML
カテゴリ:カウンタック
ウルフ・カウンタックVer2完成が完成しました。
アオシマ製カウンタックシリーズはこれで4台となりました。
008.JPG

003.JPG


013.JPG


017.JPG

ドアの開閉にネオジムマグネットを駆使して開閉の固定はもちろん、開けるときの
きっかけにマグネットの反発力と吸着を利用しています。
もうちょっとで自動化できそうだけどそれについては次回(?)チャレンジしてみたいなぁ・・・・
023.JPG
Ver1とのツーショットは萌えますw
ギャラリーはこちら。






Last updated  2017.02.12 00:42:58
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.13
カテゴリ:カウンタック
やっと5000QVの完成写真を撮ったので、アップします。
(気がついたら半年も放置してました^^;)










こちらのギャラリーもよろしくです。






Last updated  2016.08.13 11:26:52
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.23
カテゴリ:カウンタック
アオシマ、カウンタック5000QV。
最終回です。

rblog-20160423114606-00.jpg
ボディを被せてからも、オーバーフェンダー、サイドシル、フロントバンパー、ウィングの接着と結構いろいろやることが多く、なんだか時間がかかってしまいました。
(ベタベタ素手で触るので汚れが付き、その汚れを落とすのにセラミックコンパウンドで磨きながらだったし)

最後はハセガワのコーティングポリマーで磨いて完成です。
rblog-20160423114606-01.jpg
rblog-20160423114606-02.jpg
rblog-20160423114606-03.jpg
rblog-20160423114606-04.jpg

ちゃんとした撮影は静岡HSのもう一台のお題のBMW i8が完成してからだなぁ〜






Last updated  2016.04.23 11:46:13
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.09
カテゴリ:カウンタック
rblog-20160409214035-00.jpg
シャーシを一気に組み立てました。

rblog-20160409214035-01.jpg
ボディはクリアー→中研ぎを何回か繰り返し、最終クリアーを吹いたところで、乾燥中。


rblog-20160409214035-02.jpg
ボディの研ぎ出しが終了したので仮組してみました。ドアやエンジンフードがすっぽり収まったので一安心。

rblog-20160409214035-03.jpg
窓枠は再度マスキングしてつや消しクリアを吹いて仕上げてあります。

rblog-20160409214035-04.jpg
rblog-20160409214035-05.jpg
ボディの小物パーツをどんどん取り付けました。透明パーツの合いが良いので助かります(^^)

rblog-20160409214035-06.jpg
やっとシャーシとボディが合体しました。
ライト開閉の改造箇所がシャーシに当たり多少修正が必要でしたが、何とか乗っかりました。
サイドシルが後付けのおかげでボディの着脱が楽チンで、確認しやすく助かります。

サイドシルやオーバーフェンダーが無いとえらく腰高です(^^)






Last updated  2016.04.09 21:40:43
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.26
カテゴリ:カウンタック
アオシマ、カウンタック5000QV。
エンジンに引き続き、内装も完成しました。
rblog-20160326093009-00.jpg

rblog-20160326093009-01.jpg
手を加えたのは以下の通り。
シートベルトの追加
フロアマットを400番の耐水ペーパーを着色して使用
メーターの透明パーツをプラ板に置き換え
スピーカーのメッシュを掘り直し

rblog-20160326093009-02.jpg
ハンドルのエンブレムはエッチングにUVクリアジェルでコーティング

こんな感じです。






Last updated  2016.03.26 09:30:11
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.24
カテゴリ:カウンタック
アオシマ、カウンタック5000QV。
画像1
rblog-20160324075524-00.jpg
窓枠塗装やら、メッキ落とし、マフラーの薄々攻撃

画像2
rblog-20160324075524-01.jpg
小物類を一気に塗装。
ホイールはゴールド、内装はベージュということでタミヤアクリルのバフで塗装しました。

エンジンパーツの塗り分けが大体済んだので、仮組みしてみました。
rblog-20160324075524-02.jpg
他のシリーズ同様、上底仕様ですが、上物が折り重なるので全く気にならなくなります。

で、プラグコードとインジェクション用の配線を追加して仕上げました。
rblog-20160324075524-05.jpg
rblog-20160324075524-06.jpg

密度感がアップしました。






Last updated  2016.03.24 07:55:32
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.21
カテゴリ:カウンタック
アオシマ、カウンタック5000QV
ボディの下ごしらえが完了したので塗装の下地を開始しました。
rblog-20160321141846-00.jpg

まずはボディのパーツ類にサフを吹いて仕上げた後、フィニッシャーズのファンデーションブルーを塗装。

この色も悪く無いけど、あくまでも下地です(^^)

で、ボディの本塗装。
しかし、いきなり失敗こきました^^;

フィニッシャーズのブラバムブルーで濃紺に仕上げようと思ったのですが、テストピースに吹いてみるとやけに青い。
まあ、これでもいいかなぁっと塗り進めると、重ねれば重ねるほど濃くなっていって、いつまで経ってもムラが無くならない…非常に隠蔽力が弱いカラーでした。
rblog-20160321141846-01.jpg
どんだけ厚塗りすりゃぁいいのよ?ってな具合でなんか無限ループに入りそうな予感がしたので、当初のもくろみ通り濃紺とするため、ブラバムブルーとガイアノーツのEXブラックを1:1くらいで混ぜたものを塗装しました。
rblog-20160321141846-02.jpg
この色だったらファンデーションブルーは不要だった…







Last updated  2016.03.21 14:20:28
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:カウンタック
アオシマ、カウンタック5000QV
前回、ドアのヒンジの部分にマグネットを取り付けていましたが、画像1の上の位置だと、前輪に当たってしまうことが判明。
急遽、画像1の下のように、ヒンジの棒の部分に埋め込むことにしました。
こうすれば干渉を避けることができる上に、ボディ側のマグネットと直接吸着するので、ちょっとした衝撃でドアがしまってしまうことも防げるようになりました。
rblog-20160321113240-01.jpg

画像2
rblog-20160321113240-02.jpg
ドア部分のパッキンをプラ棒で追加。
ドアを開けたときのディテールアップ効果はもちろん、閉めたときの収まりが良くなります。

画像3
rblog-20160321113240-03.jpg
リアゲートのダンパーを追加。
キットはつっかえ棒ですが、ちょっとあれなので、真鍮パイプと洋白線で作りました。
先端の固定部分は洋白線をペンチで潰して穴を開けてます。






Last updated  2016.03.21 11:34:03
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.12
カテゴリ:カウンタック
アオシマ カウンタック5000QV。
シザーズドアの開閉可動の加工をやってます。

画像1
image.jpg
先ずはドアの内張をドア側とキャビン側分離。
ドアのヒンジの部分にハイキューパーツのマグネットキャッチプレートを接着(左側)
ボディ側のパーツはヒンジが移動する部分を大きく切り欠いて、形状も修正(右側)
切り欠きの根元に4x1mmのネオジム磁石を仕込みました。

画像2
image.jpg
ドアのヒンジはプレートでは吸着が弱かったので、マグネットを追加。ダンパー用のシャフトも0.6mm洋白線で追加してありますが、ダンパーとして機能はしません^^;
ヒンジとダンパーをボディ側の溝に差し込んで、0.4mmの金属線で固定する方法にしました。

画像3
image.jpg
何とか形になりました。






Last updated  2016.02.13 08:40:41
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カウンタック
お次のネタ、アオシマ、カウンタック5000QVを始めてます。
image.jpg

先ずはお決まりのライトの開閉化加工。
キットは開閉選択式ですが、ちょっと手を加えるだけで開閉可能になります。

image.jpg
左右のパーツを繋ぐため、1mmプラ棒を接着。
そのプラ棒を押さえるための軸受けをプラ板から切り出して接着。
開けた時の固定はネオジム磁石を使ってます。

image.jpg

image.jpg
ライトの連動軸にプラ棒を使いましたが、捻れてしまいうまく連動してくれませんでした。
補強のプラ棒を接着してみましたが、ねじれは解消せず。結局、1mm真鍮線に置き換えて、しっかり連動して開閉可能になりました。

image.jpg
後端ルーバーはボディ側を開口して、純正エッチングパーツに置き換えました。






Last updated  2016.02.13 08:37:33
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全10件 (10件中 1-10件目)

1

PR

Calendar

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Favorite Blog

まだ登録されていません

Shopping List

Wishlist


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.