kwn的模型製作奮闘記

Freepage List

Category

Comments

模型屋本舗@ アカウントの訂正 Instagramのアカウントは、neu_romantics…
模型屋本舗@ サイト終了のお知らせ ご無沙汰しております。 この度、当方のサ…
kwn@@ Re[1]:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) >120secさん こんにちは。 いろいろやり…
120sec@ Re:製作開始〜カウンタック5000QV(02/12) こんにちは! いつも勉強させていただいて…
kwn@管理人@ Re:はじめまして!(08/07) >120secさん はじめまして。kwnです。 …

Rakuten Card

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

DBR9

2010.01.16
XML
カテゴリ:DBR9
DBR9の写真撮影が終わったのでギャラリーにアップしました。メインのページからお入りください。例によって大量に画像をアップしています。よろしければご覧ください。

とりあえずお気に入りの画像をペタリ。
DBR9_20100116-1.JPG

DBR9_20100116-2.JPG

これにてDBR9製作記、閉幕となります~
最後までお付き合いいただき誠にありがとうございます。

次回作は近日発表!






Last updated  2010.01.16 23:20:05
コメント(4) | コメントを書く
2010.01.15
カテゴリ:DBR9
一気に完成!といいたいところでしたが、ちょっとつまづきました(汗)

DBR9_20100113-1.JPG
 サイドウィンドウ接着後にふちの部分のデカールを貼ったのですが、表面がムラムラになってしまいました。(画像左)お湯はおろかデカール軟化剤とかで拭いても全然きれいになりません。(このしつこさは糊や定着剤のせいではなさそう。)
 仕方ないのでダメもとでコンパウンドを使って研ぎだしてみました。粗目、細目、仕上げ目、ワックスの順にやってみると・・・何とかきれいになりました。(画像右)

横着したばっかりに余計な手間がかかってしまいました。普通に内側から塗装してやればよかった・・・窓枠のデカールを型紙にすればマスキングテープの切り出しも容易だったろうに・・・(あああ・・・後の祭り)

気を取り直して、お次はタイヤマーキングつや消し。実はすっかり忘れてました(苦笑)
DBR9_20100113-2.JPG
 普通のデカールをタイヤに貼り付けて平気なのかなぁー・・・と疑問に思いつつ貼ってみたら意外と平気。仕上げに表面コートの意味も含めてつや消しのクリアを吹いてやりました。タイヤの質感とマッチしていい感じになりました。(ミシュランのこの図柄だと実車の場合、もしかしたら半艶のシルク印刷だったりするかもしれないけどこっちの方がいいかな。)

最終コーナーを回って最後の直線(いろいろ取り付け)
DBR9_20100113-3.JPG
いろいろ取り付ける前に、ボディ全体にワックスをかけてやります。今回はハセガワのコーティングポリマーを使ってみました。使ってみた感想ですが、タミヤのものより拭き取りづらい感じは受けましたが、傷の消え具合はなかなかすごいものがあります。

1.ミラーの取り付け。瞬着でがっちりと。
2.ボディをシャーシと合体(ネジ止め)させ、サイドステップとフロントのアンダートレイの取り付け。エポキシ接着剤で固定。この段階で裏返すのはかなり勇気がいりますw
3.ウィングの取り付け。ステーとウィングを接着してからボディに接着しました。ステーとウィングの位置決め用のピンを仕込んでおいて大正解です。
4.アンテナの取り付け。説明書だと取り付け位置や色がアバウトだったので、資料画像を参考にしました。アンテナと支柱の接合部の円錐形や途中の膨らんだ箇所、先端の形状は瞬着を盛りつけ硬化促進剤を吹き付けて固めて作りました。表面張力のおかげで成型しなくてもそれらしい形になりました。

そして・・・やっと完成です。
DBR9_20100113-4.JPG

後ろはこんな感じ。
DBR9_20100113-5.JPG
 自身初のレジンキットでどうなることかと思いましたが、何とか完成してホッとしています。いろいろと失敗もこきましたが「レジンキットだから・・・」という内容は少なかったと思います。

 現在写真撮影をしているのですが、一箇所塗装漏れを発見してしまったので修正中です。ちょっと足踏み状態ですが近日中にギャラリーにアップする予定です。

 それにしても今回はちょっと時間かかりすぎました。よく飽きもせず6ヶ月間同じキットに向き合えたなぁと変に感心してしまいましたw
 次はちょっと楽なものにして、次々回にレジン第二弾と行く予定です。






Last updated  2010.01.15 12:47:46
コメント(4) | コメントを書く
2010.01.12
カテゴリ:DBR9
今年一発目の製作記です。

いよいよウィンドウの取り付けに取り掛かりました。大変そうだったので避けていたのですが、当然これが無いと完成しないのでやっつけます。
DBR9_20100106-1.JPG
(画像1)パーツはエンビ板のヒートプレスです。すべてのパーツが一枚の板に成型されているので、まずは各パーツを大雑把に切り離します。
(画像2、3)サイドとリアのウィンドウに穴あけ指示があるので開口したのですが、これがまた一筋縄でいかないいかない。塩ビ板はプラスチックにくらべてサクッと削れなくて(粘りがある感じ)穴を開けた後のバリ取がかなり大変でした。
(画像4)さまざまな工具を総動員してなんとか形にしました。

穴あけが終わったら余白の部分を切り取ります。
ヒートプレスした表面にわずかに見える線を頼りに切り出すのですが、これがまた大変。ボディの窓枠に合わせては調整、また合わせて調整・・・を延々と繰り返しました。

お次はフロントウィンドウ。
DBR9_20100106-2.JPG
こちらは半分から上がスモーク塗装の指示になっています。窓のスモーク塗装は昔ホコリとの格闘の末痛い目にあったので、そのときに別の方法として使った実車用のスモークフィルムを使うことにしました。
ウィンドウのカーブに合わせて切り出し貼り付け、余分な部分をカットして出来上がりです。(ちょっと気泡が入っちゃったカナ・・・実車同様石鹸水とか使えばよかった・・・)

そして接着です。
DBR9_20100106-3.JPG
エポキシ接着剤をで固定しますが、サイドウィンドウはふちの部分にデカールが来るので全周に接着剤を塗りましたが、フロントとリアは上の方にしかデカールを貼らないので接着面が丸見えになってしまいます。幸いパーツを置いただけでも浮きがほとんどなかったのでデカールで隠れる部分にのみ接着剤を付け固定しました。

これでなんとか完成間近の山場は越えたかな?






Last updated  2010.01.12 12:46:45
コメント(2) | コメントを書く
2009.12.31
カテゴリ:DBR9
今年最後の更新(ってあと一時間で年明けですが・・・)

DBR9_20091231-1.JPG
ボディの内側をエナメルのセミグロスブラックで塗りつぶしました。太目の平筆でベッチョリやってやります。結構この作業が好きですw

DBR9_20091231-2.JPG
窓枠なんかも筆塗りです。こちらはウィンドウに貼るデカールで隠れる部分なので筆塗りでOKです。

で、結局間に合いませんでした(汗)HPの新年の挨拶ネタに困ってしまいますがまあ、焦ってもしょうがないのでじっくりやっつけたいと思います。

というわけで来年もよろしく~
年明けに見た方は今年もよろしく~






Last updated  2009.12.31 23:12:21
コメント(0) | コメントを書く
2009.12.22
カテゴリ:DBR9
ここ数日、忘年会やら年賀状製作をしている関係もあり、なかなか進みませんがとりあえず更新します。

DBR9_20091222-2.JPG
ブレーキディスクとキャリパーを接着しました。
 ブレーキディスクはクレオスのメタルブラックを吹いてカーボンブレーキチックにしてみました。(ホイールに入れるとわかんねぇ~)
 キャリパーは地金のホワイトメタルを磨いたあと、フィニッシャーズのマルチプライマーを吹いてからクリアイエローを重ねてみました。ちょっと黄色が強いかもしれませんがホイールに入れちゃうとこれぐらい目だったほうが良いかなと。

お次はホイールの接着。ところが・・・・
DBR9_20091222-1.JPG
 仮組みしてみたら見事にトレッドが合いません・・・(汗)(画像1)
かなり初期の工程でシャーシの歪みを強制した時にやってしまった、タイヤハウスの内側への歪みのせいでした。
 仕方ないので金属ワッシャー(画像2)を数枚噛ませてタイヤの飛び出し量を調整しました。(画像3)何とかフェンダーと面一になりました。(画像4)

DBR9_20091222-3.JPG
 シャーシにタイヤがつきました。タイヤは完全に接着固定式です。キャリパーの位置決めは何の目印もないので資料を参考に固定しています。
あとフロント部のラジエターも接着しました。

シャーシ側は以上で終了・・・あ、タイヤのデカール貼らなきゃ。

年内間に合うか微妙になってきたー






Last updated  2009.12.22 12:53:23
コメント(2) | コメントを書く
2009.12.10
カテゴリ:DBR9
最近すっかり月一更新です(汗)

研ぎ出し完了しました~
DBR9_20091210-1.JPG
手順はいつものとおり。

2000番(タミヤ)
メラミンフォーム
研ぎ出しクロス3000番(クレオス)
コンパウンド粗目(タミヤ)
コンパウンド細目(タミヤ)
コンパウンド仕上げ目(タミヤ)

ちょっと前に買ったクレオスの研磨布ラプロスは今回は使用しませんでした。
ボディはあと墨入れのみです。

ボディはほぼ仕上がったので内装にも取り掛かります。
DBR9_20091210-2.JPG
こちらはロールケージですがちょっとトラブルが発生しました。
 塗装後に放置していたらなにやら怪しい黒い斑点が・・・まるで変な病気のようにどんどん広がっていきました(汗)
 発生箇所をよくよく調べると、どうも半田付け箇所に集中していました。おそらく半田付けのときに塗ったフラックスがちゃんと落としきれていなくてラッカー系の塗料で染み出してきたことが原因だったようです。(確定ではないですが)

とりあえずしみの発生が止まったところを見計らってエナメルのチタンシルバーを筆塗りしてやりました。しばらく様子を見ましたがその後は発生していないようです。

いよいよ内装を組んでいきます。
DBR9_20091210-3.JPG
一通り接着してみましたがはっきり言って殺風景です(苦笑)
こりゃいくらなんでも・・・ってことでパイピングを施します。

その前にシートベルトを装着。
DBR9_20091210-6.JPG
 キットに付属しているエッチングとカットされたベルト(粘着テープ付き)をいつものように組んでシートに固定します。ベルトのパーツは常用しているスタジオ27のものでした。ロゴのシールも印刷は同じでしたが、印刷面が布のような織り目が付いていてなかなかの質感。(現物はココまで凸凹していないと思いますが)


で、こちらがパイピング施工後。
DBR9_20091210-4.JPG
資料があまりにも少なくほとんどでっち上げですw
それでもスイッチボックスの横のパイプはとあるモデラーさんのサイトに画像がアップされていたので参考にさせていただきました。

ハンドル周辺
DBR9_20091210-5.JPG
ハンドルのところにはコイル状に巻いたコードを付けてみました。こちらも前述のモデラーさんのサイトを参考にさせていただきました。

ロールケージとドアの内張りを取り付けたところ。
DBR9_20091210-7.JPGsu
パイピングを施すことでなかなかの密集感が出たかなと。でも、ボディを被せちゃうと見えなくなるんだろうなぁ・・・(涙)

なんとか年内完成が見えてきました。






Last updated  2009.12.11 12:34:26
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.08
カテゴリ:DBR9
先月中旬から先週あたりまでいろいろバタバタしてて更新をまたサボってました。
いろいろおもちゃも増えちゃったし・・・(後日報告予定)

それでも、一応手は動かしてました。
DBR9_20091108-1.JPG
こちらはヘッドライトのレンズ。半球面のパーツが付属していて平らな面はミラー処理されています。(なかなか気が利いてます。)指定のクリアイエローを吹くだけでキレイなレンズが出来上がります。

DBR9_20091108-2.JPG
あと、ほかにも小物を塗装しました。アルミホイールはフィニッシャーズのマルチプライマーを吹いてからベースにガイアノーツのEXブラックを吹き、その上にクレオスのスーパーステンレスにブラックちょっと混ぜて吹いて仕上げにクリアーでコートしました。

フロントのダッシュボードはニュートラルグレーを吹いてからマスキングしてメタルブラック(前者共にクレオス)を吹いてやりました。メタルブラックはカーボンの代わりです。完成後はあんまり見えないかなということで・・・(汗)

対してリアのダッシュボードはリアウィンドウから丸見えなのでカーボン仕上げと思われる部分にカーボンデカールを貼ってやりました。ベースはスーパーメタリックのファインシルバー(クレオス)です。

シートは全体にセミグロスブラックを吹いた後RECAROのデカールを貼り、座面とヘッドレスト部分にスーパークリアつや消し(クレオス)を吹いてます。

画像はありませんがボディは現在、4回目のクリアを吹き終わりデカール段差がほぼなくなり、研ぎ出しの段階に突入しました。

まだまだやることはたくさんありますなぁ~






Last updated  2009.11.08 21:51:19
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.19
カテゴリ:DBR9
ボディは2回目の研ぎ出しが終わり3回目のクリアを吹いて乾燥中です。2回目の研ぎで重ね貼りをしていない一枚デカールの段差をやっつけました。
(画像は1回目のと大差ないので省略)

その間にウィングの取り付けに小細工を施しました。
最初は瞬着で一発勝負で接着しちゃおうかなとも思いましたが、ウィング本体がホワイトメタル製のため、自重でポロッと取れてしまいそうだったので止めました。そこで強度を増すため虫ピンを使って固定することにしました。

DBR9_20091019-2.JPG
(画像1)まずは支柱部分のウィングとの接合面に穴を開けます。
(画像2)次に虫ピンをリューターにセットして頭の部分を平らに整形します。
(画像3)支柱の穴に虫ピンを通して・・・
(画像4)長すぎるので余計な部分を切り飛ばします。

DBR9_20091019-1.JPG
支柱に開けた穴位置に合わせてウィング本体にも穴を開けます。(貫通注意!)
支柱の虫ピンの長さと本体側の穴の深さを調整しながらすり合わせを行います。

DBR9_20091019-3.JPG
で、こんな感じに取り付きました。(ちょっとピンの頭がでかいけど気にしない気にしない・・・)






Last updated  2009.10.20 00:35:57
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.02
カテゴリ:DBR9
ボディのカーボンが終了しましたがミラーが残っていたので進めました。

DBR9_20091003-4.JPG
サイドミラーは角ばった形をしているので、面ごとにカーボンデカールを切り出して一枚一枚貼り付けていきました。目の向きは全然考えていませんが支柱だけは柱と水平にならないように気をつけました。

まだ内装とか貼り付けを予定している部分がいくらかありますが、先にボディのクリアコートを始めます。
DBR9_20091003-1.JPG
まずは薄っすら吹いてデカールなどが浮かないことを確認したあと、ブシュブシュと景気よく吹き付けていきます。使用クリアはフィニッシャーズのオートクリア。希釈は約3~4倍です。1日1回で3回ほど吹き付けたところで乾燥させます。

で、研ぎ出し1回目。
DBR9_20091003-2.JPG
デカール部分を中心に一皮剥いていきます。ペーパーはタミヤの1500番。少なくともデカールの部分は梨地が無くなるぐらいまで削ります。

こちらはフロントのアンダーパネル。
DBR9_20091003-3.JPG
こっちはカーボンデカールだけなので梨地が無くなるまで一気に削ります。

研ぎ出しが始まるとしばらくつまらない写真ばかりになるかも・・・






Last updated  2009.10.06 12:32:01
コメント(0) | コメントを書く
2009.09.17
カテゴリ:DBR9
デカール進めてます。マーキングは貼り終えたのでお次はカーボン・デカールです。

DBR9_20090916-1.JPG
まずは実車の写真を参考にしてカーボンの繊維の方向を確認し、マーキングの図面に書き込んでいきます。分からない部分は適当にw

 使用するカーボンデカールはモデラーズのパターン1番と2番です。1番の方がグレーっぽく、2番の方はブラックが強めな感じです。実車の写真ではみんな同じみたいなのですが、キットでは下側にの部分は明るめの1番を、上側の目立つ部分は2番と言う感じで使い分けることにします。

DBR9_20090916-2.JPG
こちらはフロントのアンダーパネル。パーツより少し大きめのデカールを切り出して貼り付け、ある程度乾燥して密着させてからはみ出した部分に切込みを入れて貼り付けていきます。もちろんマークセッターとソフターをベッチョリ塗りつけてます。

DBR9_20090916-3.JPG
ボディの各場所にも貼り付けていきます。ボディサイドのマフラー周辺は一枚貼りでは不可能そうだったので最初からパッチワークで仕上げました。(パネルの前後とマフラーの上下ってな具合)その他の箇所も無理せずパッチワークしてます。

それでもライトの部分はかなり面倒でした。

欠けた部分はあとでタッチアップします。(横着して下塗りを省略したため・・・汗)

ボディは大体終了しましたが、ウィングやサイドミラーなどが残っているのでまだまだ続きます。






Last updated  2009.09.17 12:38:30
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Calendar

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

Favorite Blog

まだ登録されていません

Shopping List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.