000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

今日はコレ見よっ!オススメのレンタル映画  (ビデオ・DVD)のあらすじと感想

PR

プロフィール

よっしー (^-^)

よっしー (^-^)

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

★★★★

(16)

★★★

(46)

★★

(49)

(47)

(5)

お気に入りブログ

ワクワク×ドキドキ研… ぶんぶん55さん
Vertigo 医療・健康… Benzo?さん
がちゃのダンジョン … gacha-danjhonさん
2005.07.29
XML
カテゴリ:
ワシントン・ポスト社のエリート記者ジョン・クライン(リチャード・ギア)は、クリスマス・イブを妻メアリー(デブラ・メッシング)と一緒に過ごす為に会社のパーティを欠席して帰路に付く。
ジョンとメアリーは念願のマイホームの下見に出掛け、気に入った物件に巡り合うとすぐに購入する決意をした。
まさに幸せの絶頂にいる2人であったが、突然の不幸が2人に襲い掛かる。
2人は帰りの運転中に交通事故をおこしメアリーが重体の身となってしまったのだ。

意識を取り戻したメアリーは奇妙な言動をとるようになる。
彼女には得体の知れない何かが見えるというのだ。
医者は事故とは関係なく脳に出来た非常に稀なタイプの腫瘍のせいで幻覚が見えるのだという。やがてメアリーは静かに息を引き取った。
ジョンはメアリーが残したスケッチを見て驚嘆する。そこには見た事もない奇妙な生物が描かれていた。

それから2年後、ジョンは車でリッチモンドへ向かっていた。
道中で導かれるようにポイント・プレザントという街を走っていると車が突然動かなくなった。時間は深夜2時半。近くにはホテルも見当たらない。
困ったジョンは家の明かりを見つけノックする。

出てきたゴードン(ウィル・パットン)という男は、いきなりジョンに銃を突きつける。
ジョンが3日も続けて深夜2時半に訪れたというのだ。
あらぬ誤解を受けたジョンであったが、居合わせた女性警官コニー(ローラ・リネイ)に助けられる。
コニーにゴードンの事を聞くと彼は非常に信頼できる市民で、決して頭のおかしい人物ではないという。
・・・コニーいわく最近この街では奇妙な事がたくさん起こっているそうだ・・・。

不審に感じたジョンは最近街で起きているという奇妙な現象についてコニーに教えてもらうことにした。住民らの話では彼らは不思議な現象、得体の知れない生物を目撃したというのだ。

そして彼らが描いた一枚のスケッチを見て愕然とする。
そこには妻メアリーが描いた奇妙な生物と全く同じものが描かれていたのだったのだ。

ジョンはそれが『モスマン(蛾男)』と呼ばれるものと知った。
やがてモスマンはゴードンの前に現れた。
そして『99人が死ぬ』と予告したという。
そして翌日のニュースを見てゴードンとジョンは言葉を失う・・・。

モスマン・・・果たしてその正体は何者なのか?


この映画は全米で実際に起きた超常現象事件を元にして作成されたそうです。
一体どこまでが実際に起きた事なのかは分かりませんが不思議なストーリーです。-_-

観た事が無い方のために詳しくは描きませんが、リチャード・ギア扮するジョンの行動を観ている中で、とある一つの推理が成り立ったので、展開の予想がつきました。
・・・でもそれは全くの勘違いでしたっ!>_< 

この映画独特の世界観を楽しめる人には向いているのでしょうけど、私のような結論を求めるタイプには不向きかも知れませんね。^-^;
まぁ事実を元にしているのだから不向きといっても仕方無いのでしょうけど・・・。

リチャード・ギアは本作では一切フェロモンなしで(笑)、新鮮でした。^-^;
また『タイタンズを忘れない』、『アルマゲドン』等にも出演しているウィル・パットンの存在感も不気味で光っていましたよ!^-^

プロフェシー(期間限定) ◆20%OFF!

★☆☆☆☆
総合評価
監督は『隣人は静かに笑う』のマーク・ペリントン。






最終更新日  2005.07.29 01:18:17
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.