000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

今日はコレ見よっ!オススメのレンタル映画  (ビデオ・DVD)のあらすじと感想

PR

プロフィール

よっしー (^-^)

よっしー (^-^)

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

★★★★

(16)

★★★

(46)

★★

(49)

(47)

(5)

お気に入りブログ

ワクワク×ドキドキ研… ぶんぶん55さん
Vertigo 医療・健康… Benzo?さん
がちゃのダンジョン … gacha-danjhonさん
2006.02.13
XML
カテゴリ:
両親の愛の下、幸せに暮らしていたポードレール三兄弟を襲った世にも不幸な悲劇のお話し。
長女ヴァイオレット(エミリー・ブラウニング)と長男クラウス(リアム・エイケン)、末っ子サニー(カラ&シェルビー・ホフマン*2人1役)は愛する両親を火事で失ってしまう。
身寄りの無い彼らを預かることになったのは、遠い遠い親戚のオラフ伯爵(ジム・キャリー)。
遺産管理人のミスター・ポー(ティモシー・スポール)の前では普通に接していたオラフ伯爵であったが、ミスター・ポーがいなくなると子供達に冷たい対応を取り始める。そうオラフ伯爵の目的は莫大な遺産だったのだ・・・。

次第にエスカレートする伯爵の嫌がらせにも力を合わせて乗り越えていく3人。
ヴァイオレットは14歳にして発明の天才。長い髪を後ろに束ねれば集中力も向上する。
長女である彼女はその才能を活かし数々のピンチを脱していく。彼女は兄弟の精神的な支えとなっていた。
長男のクラウスは読書が大好きで、読んだ物は全て記憶していた。彼は持ち前のポジティブな性格を活かしヴァイオレットをサポートする。
末っ子のサニーはまだ赤ちゃん。しかし一旦噛み付いたら決して話さないパワーを持つ。
3人は困難に接するたびに、協力し合い、絆を深め合い、そして成長していく。

一方のオラフ伯爵も莫大な遺産を前に、どこまでもしぶとく3人を追い続ける。
果たしてポードレール三兄弟は不幸せな日々を脱する事ができるのか?


世界的に有名な児童文学を映画化した作品。勿論私はこの本を見た事ないのですが・・・。>_<
不幸せな物語というだけあってオープニングはインパクトがありました。^-^;

ストーリー的には想像通り次々と困難を克服していく明るい話しなのですが、内容的には結構残酷な所もあって、どういう人に観てもらいたいのだろう?と考えてしまいました +_+
ファミリー向けとは必ずしも言い切れないですよね?^-^;

本作品はジム・キャリーの個性を活かした演技とメリル・ストリープといった大物女優の起用など見所は満載です。
しかし、それ以上に、全編を通じた『独特の暗さ』と『子供達の明るさ』との対比が織り成す世界観が他にない個性を発していますね。

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 スペシャル・エディション

★☆☆☆☆
総合評価
続編もありそうですね♪期待したいトコロです!^-^








最終更新日  2006.02.13 00:19:45
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.